検査サービス利用のご案内

この検査サービスは、下記要領によりあらかじめ検査日時を指定して実施いたします。

ご依頼いただく窓口

検査の依頼や問い合わせは、『地域連携室』へご連絡ください。担当者が直接承ります。

電話番号 042-748-7605
FAX 042-748-7872(FAXの送信のみは24時間受付)
休診日 日曜・祝日・年末年始・第2/第4土曜日
受付時間 9時~(平日)16時30分、(土曜日)11時

検査項目

神経・筋機能検査

運動神経伝導速度、知覚神経伝導速度、反復刺激法、BLINK REFLEX、H波潜時、F波潜時

脳波検査

脳波(睡眠賦活・音刺激・光刺激、過呼吸賦活)

※可能な限り睡眠賦活を試みます。70歳以上の患者さまには過呼吸賦活は施行いたしません。必要な場合はご指示下さい。

昼間睡眠ポリグラフ

超音波検査

腹部超音波、表在臓器超音波、腹部カラードプラ、血管超音波(カラードプラ)

※(社)日本超音波医学会認定「超音波検査士」が検査いたします。
血管超音波は深部静脈血栓症の発見に有用です。
また、頚動脈血管超音波は、動脈硬化の定量的指標として注目されており、動脈硬化の早期発見に有用です。

呼吸機能検査

呼吸機能一般(呼吸抵抗、努力性呼出試験、肺気量分画、機能的残気量)、肺拡散能力試験、簡易型睡眠時呼吸モニター

※簡易型睡眠時呼吸モニターは睡眠時無呼吸の検出に有用です。

循環機能検査

心電図12誘導、エルゴメータ、トレッドミル、ホルター心電図、心臓超音波、ABI(足関節・上腕血圧比)

※女性技師が対応いたします。(エルゴメータと心臓超音波は男性の場合もあります。)
ABIは、動脈硬化の評価や下肢閉塞性動脈硬化症等の検出に有用です。
ホルター心電図は自施設で解析するため、迅速な結果返送が可能です。

聴覚・平衡機能検査

標準純音聴力、耳小骨筋反射、Tympanogram、閾値上聴力(SISI)、自記オージオメトリー、語音弁別、精密聴覚機能検査(標準純音聴力、耳小骨筋反射、Tympanogram、閾値上聴力(SISI)、自記オージオメトリー、語音弁別)
精密総合平衡機能(眼振電図による注視・自発・頭位眼振、指標追跡、振子様回転、視運動性眼振、および遮眼書字、重心動揺)

※聴覚検査は内耳性難聴と後迷路性難聴にも対応できます。
多項目を総合した精密総合平衡機能検査は、めまい、平衡障害の原因推定に有用です。(直立不可の患者さまでは重心動揺検査は施行いたしません。)

誘発反応検査

体性感覚誘発電位(SEP)、短潜時体性感覚誘発電位(SSEP)、聴性脳幹反応(ABR)

各検査は検査毎の専任医師および技師が検査いたします。

検査料の取扱い

検査費用については、健康保険でお取扱いいたします。

申し込み手順と検査・結果報告

検査来院患者の流れ
検査来院患者の流れ

  • 所定の「検査申込書」と「保険証の写し」をFAXにてご送付ください。
  • 当方で依頼の内容を確認し、担当医師の指示に基き予約日時を決定いたします。
  • 検査予約日時を、ご依頼元の先生に電話にてご連絡いたします。
  • 患者さまへは、ご依頼元の先生より、当院への受診日時、検査内容、諸注意事項、交通の便についてご説明をお願いいたします。
  • 患者さまには指定された日時に保険証を持参の上ご来院いただきます。当院に着きましたら、〝初診受付〟へ名前を申し出るようにご説明ください。
  • 患者さまの来院後は、〝地域連携室担当者〟が案内を担当いたします。
  • 検査終了後は、会計を済ませて帰宅となります。
  • 検査報告書については、後日ご依頼元の先生へ送付いたします。
  • 検査結果の患者さまへのご説明は、ご依頼元の先生よりお願いいたします。

※通常の外来診察とは異なり、検査日の前後に、患者さまが東病院の外来診察を受ける必要はありません。
検査日のみのご来院となります。

ページの先頭へ