放射線部

特色・特徴

放射線部では、一般X線撮影、乳房撮影、消化管造影、CT、MRI、核医学検査といった各種画像検査の実施を担当しています。安全に質の高い検査を行って電子情報としてコンピュータシステムに保管し、放射線診断科での診断や各診療科・センターでの診療のために提供しています。

北里大学東病院放射線部は北里大学病院放射線部と一体的に運営しています。
北里大学病院放射線部ホームページもご参照ください。

主な担当検査

  • 線撮影線撮影
    一般X線撮影
    X線を使って、胸部、腹部、頭部、骨格など、全身の様々な部位を撮影します。
  • 乳房撮影乳房撮影
    乳房撮影
    乳房のX線撮影です。乳癌検診に活躍しています。
  • 消化管造影消化管造影
    消化管造影
    造影剤を使って胃、食道、大腸を調べる検査です。
    造影剤としては、通常バリウムを使います。
  • CTCT
    CT
    X線を使って全身の断層像を撮影し、体内を詳しく調べる検査です。
    造影剤を注射して検査することもあります。
    肺癌検診のCTは特に放射線の量を減らして行います。肺癌の早期発見には毎年の受診をお勧めします。
  • MRIMRIMRI
    MRI
    強力な磁石を使って全身の様々な部位を調べる検査です。
    造影剤を注射して検査することもあります。
    特に脳の検査に活躍し、脳動脈瘤(くも膜下出血の主な原因)や脳梗塞を検出します。
  • 核医学検査核医学検査
    核医学検査
    放射性医薬品(放射線を出す薬)を使って、脳、心臓、腫瘍などを調べる検査です。

ページの先頭へ