総合診療・在宅支援センター

総合診療・在宅支援センターのご案内

日本中の各地域と同様に、北里大学の周辺地域においても、今後ますますご高齢の方々が増加します。ご高齢の方々は、慢性的な病気を複数抱えられることも珍しくない上に、一人暮らしの方なども増えており、今後は、医療のみではなく、介護や福祉との密接な連携(地域包括ケア)がますます必要です。
北里大学東病院 総合診療・在宅支援センターでは、これらをふまえた上で「北里大学病院へ入院中の患者さんの退院支援」、「在宅で療養中に入院が必要となった患者さんの入院対応」、「通院が大変な方や、ご自宅で過ごしたいというご意向の患者さんへの訪問診療」を通して、北里大学病院や地域医療機関と連携して、皆様にお役に立つよう診療します。

診療方針

  • 北里大学病院の専門的医療に対する医学的適応やご意向がない患者さんの在宅復帰(退院)支援や在宅療養支援を、入院診療や訪問診療を通して行います。
  • 在宅療養中に何らかの理由で入院が必要となり、北里大学病院の専門的医療の医学的適応やご意向がない患者さんの在宅療養支援を、入院診療を通して行います。
  • 患者さんやご家族のご意向をふまえ、北里大学病院の救急医療、専門医療・先進医療の恩恵を適切に享受いただける様、密接な連携を行います。
  • 入院診療、退院支援は院内の多職種チームと連携して行います。
  • 地域医療機関・地域医師会や、地域の多職種と連携します。
  • 本学医療系学部と連携した地域医療の教育・研修を推進します。

診療方針

以下のような患者さんを対象としております。

  • 在宅へ戻られる(退院)ために支援が必要な患者さん
    • 悪性腫瘍全般
    • 慢性心不全・慢性呼吸不全・慢性腎不全などの各種疾患(人工呼吸器・人工透析を新たに使用しない方針の患者さん)
    • 身体が衰えはじめたご高齢の患者さん(認知機能低下を含む)
    • その他(病気の種類で限定を致しません)。
  • 自宅療養中に一時的な入院が必要となった患者さん(一定以上の医療処置の必要があり、介護保険での短期入所が不可能な患者さんの一時入院による検査なども含みます)。
  • 短期に連続した入院リハビリテーションで機能回復を目指す患者さん。

病棟(入院)診療

北里大学病院へ入院中の患者さんがご自宅に退院するにあたっての在宅復帰(退院)のご支援、在宅で療養中に入院が必要となった患者さんの入院の対応をいたします。
まず北里大学病院や地域医療機関の主治医にご相談ください。主治医と連携して診療します。

在宅医療・訪問診療

  • 通院が困難、一定以上の医療処置を有するが自宅で療養をしたいというご意向の患者さん(在宅看取りを希望するケースを含みます)に、「元々の地域における主治医の有無」「当院から患者さんご自宅の距離」などを勘案した上で行います。
  • 内科系疾患に限らず、悪性腫瘍全般、認知症、整形外科領域、小児も含め、可能な限り対応させていただきます。
  • まず北里大学病院や地域医療機関の主治医にご相談ください。
    主治医と連携して診療します。

お問い合わせ

  • 北里大学東病院 総合診療・在宅支援センターの利用をご希望の患者さんは、まず北里大学病院や地域医療機関の主治医にご相談ください。
    主治医と連携して診療します。
  • 各種のお問い合わせは、トータルサポートセンター(042-748-5397)へお願いします。
  • ご利用の前に、総合診療・在宅支援センターの医師他職員が患者さん、ご家族などと面談させていただきます。

診療スタッフ

氏 名 職位・役職 所属学会
木村 琢磨 准教授・センター長・科長 日本プライマリ・ケア連合学会
日本内科学会
日本在宅医学会
日本老年医学会
日本感染症学会
筧 孝太郎 特任助教 日本プライマリ・ケア連合学会
日本内科学会
日本在宅医学会
石川 純也 助教 日本プライマリ・ケア連合学会
日本内科学会
日本老年医学会
日本感染症学会
新森 加奈子 特任助教 日本プライマリ・ケア連合学会
日本内科学会
日本在宅医学会
日本老年医学会
坂 祥平 助教 日本内科学会
日本緩和医療学会
森 紘子 助教 日本プライマリ・ケア連合学会
日本内科学会
久保田 美夏 病棟医 日本内科学会
日本糖尿病学会
山本 理子 病棟医 日本プライマリ・ケア連合学会
日本内科学会