トピックス

平成27年10月7日

北里大学 大村 智 特別栄誉教授 ノーベル生理学・医学賞の受賞決定

このたび、学校法人北里研究所顧問・北里大学特別栄誉教授の大村 智博士が2015年ノーベル生理学・医学賞の受賞が決定しました。

翻って思い起こせば、北里研究所創設者の北里柴三郎博士が、1880年代のドイツ留学中に破傷風菌の純粋培養に成功し、さらにその血清療法を確立したことで、第1回のノーベル賞候補になっていたと聞き及んでいます。その時は、残念ながら受賞を逃しましたが、1世紀を超えて、大村教授がその栄誉あるノーベル賞を受賞されることは、北里柴三郎先生の学統を受け継ぐ者として、感慨深いものがあります。

昨年11月に北里研究所は創立100周年を迎え、今年は新たな50年、100年の第一歩の年となります。昨年5月には新北里大学病院がスタートし、北里大学東病院も本年5月にリニューアルオープンし、新たな道を歩みはじめております。このような時期にこの慶事に巡り会えた事も、偶然だけでは言い表せないものと考えております。

ノーベル財団から受賞が伝えられた10月5日の記者会見で、大村先生は、「常に人のためになる研究を目指していた」と語られ、また、「人の真似をすると人を超えられない」とも話されていました。
長年に渡る大村先生の努力のように、「常に人のためになる病院を目指す」と「他の施設にはない特色をもって地域医療を担う」を重視した病院として皆様に長年に渡り頼りにしていただけるよう、教職員一同、更なる努力をしていきたいと考えております。どうぞよろしくお願い致します。

北里大学東病院長 宮岡 等

ページの先頭へ