DATA SCIENCE 北里大学のデータサイエンス

メディカルインフォマティクス ―データの力で未来の医療に貢献する― Medical Informatics (MI)

当研究室では、医療データの収集、活用、分析に関する研究を行っています。医療データは、日々の患者の診療によって取得され、電子カルテ等で管理されています。このデータは、治療法の効果検証や新しい治療法の開発、医療の質の評価、医療安全管理、病院経営など、医療の様々な分野での活用が期待されています。さらに、医療データ以外の健康情報と組み合わせることで、新たな価値を生み出す可能性もあります。医療データの課題や可能性を考究し、より良い医療の提供や人々の健康増進に貢献していくことを目指しています。

  • 講師 : 荒井 康夫
キーワード :
電子カルテ 医療DX リアルワールドデータ 医療安全

医療の高度化・複雑化に伴い、医療の質を測定・評価するという概念が急速に広まりつつあります。医療の質とは、提供される医療の質、提供組織の質、組織構成員の質など多面的なものです。医療提供の過程で得られるデータを活用し、「医療の質」を可視化するための技術や知識を検討します。様々な医療職種とのコラボレーションを行います。また、医療機関における医療情報の管理体制、医療情報の標準規格、医療情報を分類するコード、医療情報を扱う情報システムに求められる要件や構造も研究対象です。電子カルテや医療機器のメーカーとも連携していきたいと考えています。

研究室NEWS

荒井 康夫

診療情報管理を専門とし、高度機能を有する大学病院で電子カルテの創成期から医療データの活用に長年考究してきました。学術団体に加えて実務者の団体とも連携して、わが国の医療データの進化に努めています。これからも医療現場における情報管理の技術と知識を駆使し、より質の高い医療提供と医療の進化に貢献したいと考えています。

heading

Lorem ipsum dolor sit amet consectetur adipisicing elit. Aliquam repudiandae, dolorem earum, fuga eligendi voluptate exercitationem modi eos maiores, nobis perferendis iure? Id totam blanditiis rem voluptas consectetur accusamus dolore.

coming soon

ページの先頭へ