研究部について

北里大学北里研究所病院研究部は、ヒトを対象とした臨床試験を実施・支援する「臨床試験センター」、基礎研究を実施・支援する「バイオメディカル・ラボ」およびそれらの事務を担当する「研究事務局」の3部門で構成されています。

組織図

組織図

臨床試験センター

試験実施支援室では健康人を対象とした試験Ⅰ係、患者さまを対象とした試験Ⅱ係および被験者支援科を有しています。試験Ⅰ係では早期探索的臨床試験、FIH試験、Phase1治験を実施しており、試験Ⅱ係では第Ⅱ相試験、第Ⅲ相試験、医師主導臨床研究および製造販売後臨床試験等の管理をしています。また、試験データ管理室およびHuman Research Protection室を有し臨床試験における品質管理や試験にご参加頂く被験者の皆さまの支援を行っています。

  • 詳しくはこちらをご覧ください

  • バイオメディカル・ラボ

    バイオメディカル・ラボは、1979年に故片桐鎮夫先生(1981年病院長)によって病院内における研究部門として設置されました。細胞治療を行う細胞培養室(CPU)、細菌実験室、分子生物実験室等の実験施設を有し、がん免疫療法や再生医療などの細胞治療の研究も含め幅広い研究を行っています。


    研究事務局

    主に治験の事務業務を担当する「治験事務局」と倫理委員会への申請手続きを担当する「倫理委員会事務局」があり、研究が円滑に進むよう事務手続きをサポートしています。

    ページのトップへ戻る