文字サイズ
拡大
標準
背景色

名称

学校法人北里研究所 北里大学北里研究所病院 眼科後期研修(レジデント)プログラム

プログラムの目的

2年間の初期研修を終了した者に対して、一般眼科の知識、技能、判断力を養うと共に、眼科領域における診断学及び手術、処置技能、術後管理能力の修練を行うプログラムである。

眼科的救急疾患に対する診断と処置、白内障、緑内障、網膜剥離などの一般的眼科疾患に対する診断と治療、基本的な眼科的処置の熟練を絶対条件とし、更に高度な基本知識、技能を身につける。

日本眼科学会専門医の修得を目的にして、そのカリキュラムに沿った後期研修を実施する。

当科の特徴

当院は日本眼科学会の専門医認定医療機関であり、急性、慢性を問わず眼科的疾患全般に対応した後期研修が可能である。 都市型地域医療のニーズに適切かつ迅速に対応できるように、総合診療としての眼科全般の診療、処置を行えることを根底におき、その上にサブスペシャリティーとしての専門分野を有している。

コンタクトレンズ、ドライアイ、ぶどう膜炎、黄斑疾患などの専門外来を持ち、さらに検診、人間ドックによる予防医学にも力を入れている。

基本的事項

  1. 研修内容

    1)臨床に携わる眼科医の養成を目的とする。

    2)眼科専門医の資格の修得のため必要な研修ができる施設である。

    3)初期臨床研修カリキュラムでのプライマリーケアより、さらに眼科専門医として自立できるよう日本眼科学会専門医制度「眼科研修医ガイドライン」に則った十分な研修が実施されることを目標とする。

    4)経験必須症例および経験技術などの到達目標を明確にする。

  2. 研修期間

    当科におけるレジデントプログラム終了年限は、1年間ないし3年間を基本とする。 当施設は、日本眼科学会の認める専門医認定研修施設であり、到達目標に達成すれば日本眼科学会専門医の受験資格を得ることができる。

プログラムの一般目標(眼科専門医資格修得のために定められた内容に準じる)

  1. 専門医として、適切な眼科的な臨床的判断能力と問題解決能力を修得する。
  2. 手術や検査、処置を適切に実施できる能力を修得する。
  3. 医の倫理に配慮し、眼科診療を行う上での適切な態度と習慣を身に付ける。
  4. 眼科学の進歩に合わせた生涯学習を行うための基本を修得する。
  5. 眼科総合カリキュラムとして学習する。
  6. 眼科的疾患における診断、処置、手術などの基本的問題解決に必要な基礎的知識、技能および態度を修得する。

    ※ 基礎的知識とは、眼科に必要な局所解剖、病理・腫瘍学、病態生理、輸液・輸血、血液凝固と線溶現象、栄養・代謝学、感染症、免疫学、創傷治癒、周術期管理、麻酔学、救急外傷医学、予防医学などすべてを包括する。

  7. 実地臨床症例を大切にし、体験から自己学習を促進する。