文字サイズ
拡大
標準
背景色

あいさつ

下の絵は田村能里子画伯による「萌ゆるとき」というタイトルの壁画です。
この壁画をみるたびに私たち看護師はこの女性たちのようなしなやかさをもって人の心を癒すことができたら、という想いにかられます。 同時に壁画にも描かれています、当院とゆかりの深い294本の"つくし"のように、荒れた大地にもしっかり根を張り、踏まれてもまっすぐに 伸びる強さを持ちたいものだと思います。
当院では、患者さまやご家族の求める看護にどれだけ応えることができるか、できたかを常に考え、病院、看護部理念である「こころある医療(看護)」 の実践にスタッフと共に努めています。
知識や技術を身につけることはもちろん、優しさと思いやりのこころを持ち、宝物(看護の魅力)を一緒に探しませんか?

北里大学北里研究所病院 1階待合いホール壁画
北里大学北里研究所病院 1階待合いホール壁画