文字サイズ
拡大
標準
背景色

心ある医療 心ある看護

写真

北里研究所病院は、学祖 北里柴三郎博士の遺志を継承しつつ、多職種がそれぞれの専門性を発揮し、目の前の困難に挑みながら時代に合わせて進化し続けている病院です。
北里研究所病院の看護職は、看護部の理念である「心ある看護」とはどのような看護なのかを各々の学びや体験から考え、知恵を重ね合わせケアを提供しています。また、医療チームの要として主体的に連携を図りつつ、「看護とは何か」「看護師は何をする人か」を問い続け、一人一人の患者が、その人らしい日常を取り戻すための杖のような存在でありたいと考えています。
私たち看護職は日頃の活動を通し、お互いに関心をもち、声を掛け合うことで仲間の温かさに触れながら働いています。そのうえで自分の意見や気持ちを安心して表現しあえることで、チームの一員として活かされていると感じ、やりがいへと繋がっていきます。そのことは看護職としての成長を助け、質の高い「心ある看護」の提供に直結していくと確信しています。
自ら考え判断・行動していける人、また行った事に責任を持てる人を看護部全体で育てていきたいと思います。

副院長・看護部長 原田恵子

看護部理念

わたくしたちは常に患者さまの立場に立ち心ある看護を行います

看護部目標

  1. 科学的根拠に基づいた創意工夫をし、安全で安楽な看護を行います。
  2. 思いやりとやさしさを基に、その人らしさを尊重した看護を行います。
  3. 医療チームの一員としての役割を自覚し、必要な看護を効果的に行います。
  4. 医療の経済的側面に関心を持ち、経済効率の良い看護を行います。
  5. 専門職として、誇りと責任ある看護実践を通して自己成長できる職場を目指します。

看護のものさし

ナイチンゲールの「看護のものさし」をとり入れ、日々の看護に活かしています

  1. 回復過程を促進する(妨げる)援助は何か
  2. 生命体にとってプラス(マイナス)になる援助は何か
  3. 生命力の消耗を最小限にする(消耗をきたす)援助は何か
  4. 生命力の幅を広げていくような(狭めていくような)援助は何か
  5. 持てる力を活用に高めるような(縮小させてしまうような)援助は何か