文字サイズ
拡大
標準
背景色

5階病棟

5階病棟は、外科系病棟で主に手術をお受けになる患者さまが入院されます。 "手術"と聞いて恐怖や不安を抱き入院された方が、少しでも安心できるよう医師との連携、患者さまやそのご家族への気配りを心がけています。 手術後のケアや放射線、化学療法、ターミナル期看護などに幅広く対応できるよう各自がレベルアップの為の学習を行っています。 PNS(パートナーシップナーシング)を推進し、チーム内の協調を深め、患者さんに統一した心ある看護に提供できるよう努めています。

6階病棟

地域包括ケア病棟は、在宅や施設等への復帰に向けて「準備を整える」ための病棟です。患者様とご家族の意向を確認し、共に考え、寄り添う看護を大切にしています。 プライマリーナースを中心に、リハビリやソーシャルワーカーなど多職種と連携し、チームで退院支援を行います。地域との連携を諮りながら退院後の準備を整えています。退院支援に必要な知識やスキルを向上させるため、勉強会やカンファレンスを定期的に開催しています。その人らしさとは何か、患者様とご家族の選択を支え、安心して自宅や施設で生活を送ることができるよう、「看護の力」を発揮するよう努めています。

7階病棟

7階病棟は、循環器・呼吸器・消化器・神経内科・皮膚科・眼科の患者さまを中心に、急性期から慢性期の疾患に広く対応している病棟です。 多くの疾患に対応できるように、勉強会やシミュレーションを重ねて、日々、知識の共有や技術の研磨を行っています。 重症な病態で入院される患者さまや繰返し入院される患者さまも多いのですが、患者さまやそのご家族から学ぶ姿勢を持ち、患者さまの心の声に耳を傾け、誠実な対応に努めています。

8階病棟

8階病棟は、入院されている方の約8割が手術をお受けになります。そのため、外来、病棟、手術室と連携し、安全で安心な手術の実施をサポートしています。患者さまが一日でも早く元の生活に戻るために必要な"手術後の痛みの除去"および"リハビリテーションの早期実施"のために、医師・看護師・理学療法士・作業療法士が集まり、定期的にカンファレンスを実施しています。また、退院後の生活を見据え、社会資源が必要な方に対してはソーシャルワーカーと連携し、不安なく退院できるように努めています。

10階病棟

10階病棟は、全病室が個室(特別室)であり、全科の患者さまを対象としている特殊な病棟として、Qualityの高い療養環境を備えています。また、スタッフ自身が患者さまの入院生活の環境因子のひとつであることを自覚し、一人ひとりの患者さまと丁寧に接することを心がけています。 私たちは「明るい笑顔」、「優しい心遣い」という目標を掲げ、患者さまやそのご家族が安心して治療に臨めるような看護を提供したいと考えています。そのために看護を担う専門職として、知識を高め、常に成長していけるよう努めています。

中央手術センター

中央手術センターでは、年間2800件の手術を実施しています。手術には内視鏡手術も取り入れており、より高度で低侵襲な手術の導入を進めています。また、医学の進歩により変化する手術方法に対応するため、看護師は様々な研修や学会に参加し、より専門的な知識や技術の習得を目指しております。基本である「患者さまの不安や恐怖を軽減する援助」、「安心な手術」を心がけ、スタッフ一丸となって努めています。

予防医学センター

予防医学センターは、人間ドック・各種健診事業・予防接種事業を行っています。私たち看護師は、健診者の方のニーズに対応し個別性を考慮した看護を行うことを心掛けています。 また、癌や生活習慣病などの早期発見や生活習慣に起因するリスクファクターを発見し、健康維持・病気の予防・健康増進に繋がるよう健康指導を行いセルフケア(自己管理)の手助けをしています。 「生活習慣病予防教室」では、医師・看護師・栄養士・薬剤師による健康管理についての情報提供や、健康運動指導士による運動指導を実施する等、受診者だけだはなく地域の方にも健康指導を行っています。 常に受診者さまに安心で満足して頂けるサービスの提供に努めています。

外来

外来では、来院された方々がスムーズで快適な診療が受けられるように、情報伝達や環境の整備に努めています。 また、看護外来として、糖尿病・失禁ケア・ストマケア(人工肛門・人工膀胱)を開設しており、それらに関係する相談や、患者さまが生活しやすくなる為の情報提供などを行っています。 加えて、患者さまが自宅での療養生活を可能な限り継続できるよう、他部門や近隣の医療機関と調整を図りながら、ご本人やご家族へのサポートに努めています。

内視鏡センター

内視鏡センターでは、胃カメラなどの上部消化管内視鏡11,000件、大腸などの下部消化管内視鏡4,000件、EMR(内視鏡的粘膜切除術)1,000件、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)70件などを実施しています。 内視鏡の検査や治療は、専用のカメラを直接体内に挿入するため、患者さまにとって苦痛や不安が伴います。最近は鎮静下での検査も増えています。 そのため、私たちは、安全に安心して検査や治療をうけて頂くことに一番力を注いでいます。 事前の検査説明の際は患者さま個々の疑問や不安な点をを十分お伺いし、一つ一つ丁寧にお応えしています。 また、当日は看護師が検査の開始から終了まで付添い、お声をかけながら進めることで、不安や苦痛を和らげるように努めています。

放射線科

放射線は、単純にレントゲンを撮影するものから、血管内治療や放射線治療などの特殊なものまで多岐にわたります。 私たちは、治療や検査がスムーズに安全に行えるように、患者さまへ丁寧な説明を行うことと、他職種との十分な情報交換に努めています。 また、放射線治療においては、がん看護専門看護師と協力し、患者さまの不安や疑問にお応えできるように体制を整えています。