文字サイズ
拡大
標準
背景色

当院では、患者さまや地域の皆さまに、病気予防や介護サポート、病気への正しい理解を深めるセミナーなどを開催しています。 また、より良い生活を送っていただけるよう、様々なイベントも行っておりますので、ぜひご参加ください。

対象:患者さまおよび一般の方

市民公開講座

がんやIBD(炎症性腸疾患)、骨粗鬆症、変形性関節症などの疾患をテーマに、専門医が予防方法から最先端の治療法まで、正しい医療情報をわかりやすく解説します(テーマは回によって異なります)。


生活習慣病予防教室

患者さま、一般の方々に向けて、高血糖や高血圧など生活習慣病を予防するため、医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・健康運動指導士が講義を行っています。


眼瞼下垂セミナー

眼瞼下垂の診察、手術を希望される方のために、形成・美容外科専門医により眼瞼下垂に関する説明会を定期的に開催しています。


メンタルヘルスセンターワークショップ

親子で取り組むコミュニケーションについてのワークショップを開催しています。


糖尿病フェスティバル

世界糖尿病デー(11月14日)に、糖尿病患者さまや一般の方に向けて「糖尿病フェスティバル」を開催しています。糖尿病に対する関心をもつ貴重な機会として、血糖・血圧測定、糖尿病相談、エアロビクス運動セッションなどを行っています。


介護のための料理教室

嚥下(えんげ)食のクッキング教室です。飲み込み(嚥下)が困難な方に適した形状や、栄養バランスを考慮したレシピなどについて管理栄養士、言語聴覚士が講義しています。一般の方のご参加も可能です。
栄養科では、このほかにも薬膳教室(年2回、一般の方も参加可)も開催しています。


救急の日講習会

毎年9月9日は「救急の日」。当院では救急の日の前後にAED使用方法や心肺蘇生法の講習会を開催しています。
当院救急部の医師・看護師らが分かりやすく丁寧に指導いたします。


看護の日イベント

毎年5月12日は「看護の日」。看護の心、ケアの心、助け合いの心を認知・普及させるため、ナイチンゲールの誕生日にちなんで制定されました。「看護の日」を含む日曜日から土曜日までが「看護週間」です。
当院では、毎年看護週間に「看護の日イベント」を開催し、看護師長や専門・認定看護師による各種相談受付、アロママッサージ、看護の日グッズなどの配布を行っています。

対象:患者さま

リビングウィルセミナー

リビングウィルとは、「あなたが重い病気にかかり、自分の意思を伝えられなくなったときにどうしてほしいのか」を、あなたに代わって、家族や親しい人々、医師などの医療従事者に伝えるための手紙です。
リビングウィルを作成するには、人生の最終段階における医療について理解を深めることが大切です。当院の患者さまを対象に、リビングウィルや延命治療、当院の終末期医療ガイドラインについてご説明しています。


ロコモ教室

当院にご通院・ご入院中の患者さまに向けて、ロコモティブ外来の担当医と管理栄養士、トレーナーがロコモティブ症候群に対する正しい知識と、食事・運動の両面からのアドバイスを行います。ロコモを理解して元気な生活を送りましょう!


がん患者さま向け勉強会

当院の通院・入院患者さまとそのご家族に向けて、がん療養なさるうえで少しでも役立つような知識や情報を共有していただくために、腫瘍センター長による講義と、講義内容に対してご参加の方々と当院職員との意見交換を行っています。