文字サイズ
拡大
標準
背景色

薬剤部では、調剤、薬品管理、製剤、医薬品情報を基礎に、全病棟に配置された薬局
(サテライトファーマシー)を拠点として、病棟薬剤業務を展開しています。
処方されたお薬について安心して服用していただくために、薬剤部の業務内容を具体的にご紹介します。

調剤

調剤室

調剤室では、外来および入院患者さまの調剤を行っています。

調剤の流れ

  1. 医師が処方(お薬の内容)をコンピューターで入力すると、自動的に処方せんが調剤室に出力されます。同時にお薬を入れる袋などにも印刷されます。
  2. 薬剤師が処方せんの記載事項に不備がないか、次の項目について処方内容が適切かどうかを確認し(処方鑑査)、必要に応じて医師に確認します。
    • 剤形 : 錠剤、散剤、液剤など
    • 用法 : 服用時点、服用日数、使用部位など
    • 用量 : 服用量、使用量など
    • 相互作用 : 飲み合わせによりお薬がお互いに及ぼす影響(服用時点をずらすことで望ましくない影響を少なくできる場合もあります)
    • 投与禁忌 : 疾患やお薬の相互作用により服用を避けること
    • 重複投与 : まったく同じお薬、もしくは2剤以上あるお薬のうちどちらかでよいものなど
  3. 錠剤、散剤、水剤、外用剤など、処方せんにもとづいてそれぞれ調剤します。
  4. 別の薬剤師が、調剤されたお薬を再び確認(鑑査)します。
    • 正しいお薬が調剤されていること
    • 薬袋の記載事項が適切であること
    • お薬の数量、秤取量が正しいこと
    • お薬の品質が保たれていること など
  5. 患者さまに「お薬お渡し口」にてお薬をお渡しします。
    外来の患者さまには、お薬の説明書をお渡しすることで、薬のはたらき、副作用、服用(使用)上の注意などの情報提供を行っています。

    窓口には常時薬剤師がおりますので、お薬に関する質問がありましたら、お気軽にお声をおかけください。

注射管理室

注射管理室では入院患者さまに使用する注射薬を1日分ずつ専用カートに取り揃えています(注射薬調剤)。

注射薬調剤の流れ

  1. 医師がオーダーした注射処方せんの内容を確認し、次のような項目についてチェックを行います。
    • 投与量
    • 投与方法
    • 投与速度
    • 混合による化学変化 など
  2. チェックを行った処方せんにもとづいて、患者さま1人分ずつ注射薬を取り揃えていきます。その後、別の薬剤師が監査を行い、病棟へ送ります。
    また、医師や看護師へ注射薬の適正使用に関する情報提供を行っています。

注射薬混合

注射管理室では高カロリー輸液や化学療法外来で使用する抗がん剤を、無菌の環境下で混合を行うことにより、患者さまに安全に治療を受けていただけるよう努めています。

医薬品管理

  1. 在庫数を適正に管理しています。
  2. お薬の品質を管理しています。
  3. 取り扱いに注意を要する薬品を管理しています。

製剤

製剤室では、日本で市販されていない薬や、院内で大量に使用する薬などを一括して調製しています。また、注射薬をはじめ無菌的に調製する必要のある薬を無菌製剤室で調製しています。これらを「院内製剤」といいますが、院内製剤は当院独自の処方や、患者さま一人ひとりの病気に合わせて調製されているものが多く存在します。
当院には、美容医学(形成・美容外科)や環境医学外来(アレルギー科)などの特殊外来を開設しておりますが、これらの治療にも院内製剤が必要とされています。
このように製剤室で効率的かつ安全に調製を行うことは、医療過誤や院内感染の防止にもつながります。

医薬品情報

医薬品はその「情報」があって初めて有効かつ安全に使用することができるものです。
医薬品を適正に使用するために、医薬品情報室では医薬品に関する情報を収集・評価し、その情報を医師、看護師などの医療従事者や患者さまに提供しています。

情報の収集・管理

厚生労働省から発表される「緊急安全性情報」「医薬品・医療機器等安全性情報」などの副作用情報や、製薬会社から伝達される各医薬品に関する新しい情報、その他医薬品を使用するうえで必要となる情報を迅速に収集し、保管・管理しています。
その他にも医薬品に関する書籍や学術雑誌、インターネットを利用して検索できるデータベースなど様々な情報源を整備しています。

また、国内外の論文のみならず製薬メーカーの方からも情報を収集することがあります。

情報の提供

収集した情報は医師、看護師、その他の医療スタッフに速やかに伝達しています。
また、医療従事者や患者さまからの医薬品に関する質問に対する情報提供も行っており、どんな質問にも迅速かつ正確な回答ができるよう、努めています。
医薬品情報室のスタッフは患者さまに直接お目にかかることはほとんどありませんが、医薬品を有効かつ安全に使用していただくためのサポートをしています。

サテライトファーマシー

各病棟には「サテライトファーマシー」(サテライトsatellite=衛星、ファーマシーPharmacy=薬局)があります。

サテライトファーマシーは薬剤師が仕事をしているスペースですが、実際はスタッフセンターの内部にあるため、医師や看護師、その他の医療スタッフとの連携がとりやすい環境にあります。

サテライトファーマシーでは、患者さまに安心してお薬を使っていただけるよう医師や看護師と協力し、適切な薬物療法が行われるように努めています。そのために薬剤部の多くの部署と連携して、次のようなことを行っています。

  • アレルギー歴の有無の確認
  • 服薬歴の確認
    市販されている医薬品、健康食品を含む
  • 使用量の確認
    お薬の量は患者さまによって異なります。そこで、疾患や症状、年齢、体格、腎臓や肝臓のはたらきなどを確認する必要があるのです。
  • 相互作用や、注射剤の配合変化の確認
  • 医師や看護師へお薬に関する情報提供と使い方のアドバイス
  • お薬の使用方法の確認
  • お薬の飲み方や注射剤の投与速度など
  • お薬の効果の確認・副作用症状の確認
    症状を実際に聞く、または臨床検査値をチェックし、その結果を必要に応じて医師や看護師へフィードバックしています。
  • 患者さまのベッドサイドでの服薬指導
    患者さまに使用する薬剤の効果、飲み方(使用方法)、副作用を説明し、また質問にこたえています。

病棟では、お薬の管理に役立つお薬ケースを用いて管理することもあります。
なお、ご自宅で使うお薬箱(ピルケース)は2階売店で取り扱っています。
ご希望の患者さまにはお薬の説明書をおつくりしています。ご遠慮なく病棟薬剤師にお申し付けください。
患者さまの身近にいるからこそできることがたくさんあります。ご不明な点は薬剤師にご相談ください。