文字サイズ
拡大
標準
背景色

リハビリテーションセンターには理学療法部門、作業療法部門、言語聴覚療法部門の3部門があり、リハビリテーション技術科の専門スタッフが、医師の指示の下、必要と思われる検査を行った後に個々の症状や機能障害に合った治療を行っています。

リハビリテーションセンター

施設基準は下記を取得しており、神経内科、整形外科、循環器科、呼吸器科、外科のほか、多くの診療科に携わっています。

施設基準 対象疾患
脳血管疾患等リハビリテーション料( I ) 脳梗塞、脳出血、パーキンソン病など
運動器リハビリテーション料( I ) 骨折、靭帯損傷など
心大血管リハビリテーション料( I ) 対象疾患:心臓外科術後、心不全など
呼吸器リハビリテーション料( I ) 慢性呼吸器疾患、肺炎など

医師、看護師、医療ソーシャルワーカー(総合相談部)、薬剤師、管理栄養士、メディカルフィットネスセンターなどと連携をはかりながら、総合的なリハビリテーションを行っております。特に、定期的なカンファレンスや各科の回診、栄養サポートチーム(NST)、緩和ケアチーム(PCT)などに積極的に関わり、他スタッフとの連携を密にとりながらリハビリテーションを進めています。

また、基礎系・内部障害系専門理学療法士、心臓リハビリテーション指導士、呼吸療法認定士、がんリハビリテーション認定士などの専門資格を持ったスタッフが在籍し、専門的かつ実践的なリハビリテーションを展開しています。さらに、より良い治療が提供出来るようにスタッフ間での勉強会や各種研修会・学会への参加・発表も積極的に行っています。

理学療法部門

理学療法は、何らかの疾病により、生活の基本となる動作(起き上がる、立つ、歩くなど)あるいはスポーツ動作(野球、サッカーなど)が困難になられた方に対して、発症(受傷)後早期より筋力増強訓練やバランス訓練などを取り入れながら各動作の再獲得を目指しています。手術の予定がある方には、手術前より関節可動域訓練や筋力増強訓練を行い、手術後の早期回復を図っています。また、安静度に制限がある方に対しては、病室にて関節可動域訓練や坐位訓練を行い(ベッドサイドでのリハビリテーション)身体機能の低下を予防しています。そのほか、生活・職業・スポーツ復帰に必要な体力づくりのご支援、ご家族に対して介助の方法や福祉用具の選定、住宅改修時のご提案もしています。

作業療法部門

作業療法は、家庭・職場復帰ができるように援助を行っています。日常生活場面では、食事、更衣、トイレ、入浴、家事動作などの日常生活活動の再獲得を目指し、アプローチをしています。また、書字や箸動作など、巧緻動作の再獲得のために作業活動を用いたリハビリテーションを提供しています。当院の作業療法の対象疾患は、脳血管疾患、神経難病、リウマチ、上肢・頸椎の整形外科疾患、認知症、がん疾患など多岐にわたります。日常生活活動の訓練だけでなく、住環境の調整や福祉用具選びについての提案も行っています。患者さまが作業療法に触れることで、共感や喜びだけでなく、困った事も共に分かち合い、少しでも生活の質(QOL)を高めていただけることを目標にしています。

言語聴覚部門

言語療法は、発音がはっきりしない・声がかすれる・言いたい言葉が出てこない・聞いたり読んだりしたことの意味がわからないなどの言語障害や、食べものをうまく飲み込めない・むせてしまうといった摂食・嚥下障害に対して訓練や対応方法の指導・助言を行っています。入院・外来患者さまのどちらにも対応しており、入院されている患者さまへはベッドサイドでのリハビリも実施しています。摂食・嚥下障害への対応に力を入れており、耳鼻科と連携して嚥下造影検査を入院・外来患者さまに対し実施しています。また、栄養科とも連携し栄養状態に留意しながら安全に食事ができるようにサービスの提供を行っています。