文字サイズ
拡大
標準
背景色

特色・方針

皮膚疾患全般の診察を行っていますが、特にアトピー性皮膚炎、皮膚腫瘍の手術などに力を入れています。患者さまが納得して頂けるよう、分かりやすい説明、的確な診断・治療を心がけております。
必要に応じて他科や関連施設と連携をとり、治療を進めていきます。
生物学的製剤使用承認施設であり、重症のアトピー性皮膚炎、慢性じんましん、乾癬、掌蹠膿疱症の患者さまには、生物学的製剤での治療も行っています。

対象疾患

アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎(かぶれ)などの湿疹・皮膚炎、じんましん、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、蜂窩織炎、丹毒、伝染性膿痂疹(とびひ)、帯状疱疹、単純ヘルペス、疣贅(いぼ)、水痘(水ぼうそう)、粉瘤、母斑(ほくろ)、脂肪腫、基底細胞癌、ボーエン病、有棘細胞癌、原発性局所多汗症、陥入爪などの爪の疾患、しみ、天疱瘡、類天疱瘡 など

おもな症状

皮膚のかゆみ・赤み・痛み・しこり・できもの・しみ、脱毛、爪の変色・変形・痛み、皮膚の腫れ・痛みなど

診療内容

一般的な疾患から、入院加療を必要とする疾患の治療、手術を行っています。

  • アトピー性皮膚炎:外用療法を基本とし、それだけでは十分に症状が良くならない場合は免疫抑制剤(シクロスポリン)の内服、生物学的製剤(デュピクセント®、一般名:デュピルマブ)の注射などを組み合わせて治療を行います。1~2週間のアトピー教育入院も随時行っており、個人の症状や生活に合わせた治療方法をご提案します。デュピクセント®の治療を希望される方は、月・木・金午前の外来を受診してください。初診時は診察のみとなります。
  • 尋常性乾癬:外用療法に加え、症状に合わせて内服療法(抗PDE-4阻害薬(オテズラ®)、免疫抑制剤(シクロスポリン)、エトレチナート)、紫外線療法(ナローバンドUVB療法)、生物学的製剤などを組み合わせて治療を行います。
  • 原発性局所多汗症:塩化アルミニウム製剤の外用や、重度の症状に対してボトックス注射を行っています(保険適応)。ボトックス注射をご希望の方は、月・木・金午前の外来を受診してください。初診時は診察のみとなります。
  • 陥入爪:矯正クリップでの治療を行っています。(自費診療)
  • 男性型脱毛症:内服治療(プロペシア®、ザガーロ®)を行っています。(自費診療)
  • 円形脱毛症:ステロイド外用・局所注射、局所免疫療法(SADBE)などを行っています。
  • しみ(日光黒子,老人性色素斑,後天性真皮メラノサイトーシス,太田母斑など):
    種類により治療方法が異なりますが、Qスイッチルビーレーザーによるレーザー治療や、ハイドロキノンの外用療法を行っています。(ハイドロキノン,保険適応疾患以外のレーザー治療は自費診療です。) レーザー治療を希望される方は,月・木・金午前の外来を受診してください。初診時は診察のみとなります。
    注)Qスイッチルビーレーザー治療の保険適応疾患:太田母斑,異所性蒙古斑,外傷性異物沈着症,扁平母斑

専門外来

(午前の外来を初めに受診して頂いた後に予約となります。)

行っている検査

皮膚生検、細菌・真菌検査、パッチテスト、画像検査(MRI,CT,エコー)、ダーモスコピー

注)薬疹・アレルギー検査の内服チャレンジテスト、プリックテスト、スクラッチテスト、皮内テストは行っておりません。

行っている治療法、手術

  • 手術(皮膚腫瘍摘出術、皮膚悪性腫瘍摘出術、局所皮弁術、植皮術)
  • 光線療法(ナローバンドUVB療法)
  • 液体窒素凍結療法(スプレー法、綿球法)
  • Qスイッチルビーレーザーによるレーザー治療

など。(【診察内容】の欄もあわせてご参照ください。)

医師紹介

氏名 役職・専門・出身 資格等
笠井 弘子(かさい ひろこ)
<役職>
皮膚科部長

<専門>
アトピー性皮膚炎、皮膚外科、皮膚科一般
<出身>
慶應義塾大学(2006年卒業)
日本皮膚科学会専門医・指導医
難病指定医
野村 尚志(のむら ひさし)
<役職>
医員

<専門>
皮膚科
<出身>
慶應義塾大学(2009年卒業)
日本皮膚科学会皮膚科専門医・指導医
稲本 伸子(いなもと のぶこ)
<役職>
非常勤
日本皮膚科学会専門医
難病指定医
豊原 淳子(とよはら あつこ)
<役職>
非常勤
日本皮膚科学会専門医
朝倉 涼平(あさくら りょうへい)
<役職>
非常勤