文字サイズ
拡大
標準
背景色

特色・方針

皮膚科部長
佐藤 友隆

皮膚科では白癬をはじめとする皮膚感染症を専門としています。また、皮膚腫瘍の診断・治療にも力を入れています。クリニックではできない皮膚感染症の入院管理、皮膚腫瘍の早期診断および手術を含めた加療も行っています。

対象疾患

急性皮膚感染症、皮膚真菌症、爪疾患、爪真菌症、皮膚腫瘍、皮膚悪性腫瘍

おもな症状

皮膚のかゆみ・赤み・痛み・しこり、ブツブツしたできもの、皮膚のしみ・あざ・色調変化、脱毛、爪の変色・変形・疼痛、発熱をともなう下肢の腫脹、皮膚潰瘍など

診療内容

皮膚悪性腫瘍(メラノーマなど)の診断・治療、帯状疱疹、蜂窩織炎(ほうかしきえん)、皮膚潰瘍の入院治療、急性皮膚軟部組織感染症などを診療しています。動物由来の白癬菌など、まれな皮膚真菌症の診断・治療も行っています。
当科を受診する際は、紹介状(診察情報提供書)をできるだけご持参ください。

手術

ほくろ(色素性母斑)や粉瘤(アテローム)をはじめとする各種良性腫瘍から悪性腫瘍まで、年間150症例前後の手術を行っています。皮膚腫瘍摘出後、病理診断いたします。小さな腫瘍(3~4cm程度まで)は、日帰り手術(外来手術)が可能です。外来手術はおもに木曜日午後と金曜日午後に行っており、外来診察後に手術日を予約いたします。

基本スケジュール

  1. 手術 木曜日午後もしくは金曜日午後
  2. 消毒 翌日の午前もしくは午後
  3. 抜糸 手術の翌週木曜日午前もしくは金曜日午前

※顔の手術の場合は、翌週火曜日です。
また、アトピー性皮膚炎、紫外線治療、皮膚真菌症については、専門外来を開設しています。

専門外来

行っている検査

一般細菌、真菌検査、真菌培養、Tzanck test (ヘルペスウイルスの迅速診断)、パッチテスト、皮膚腫瘍のエコー検査、MRI、皮膚生検

行っている治療法、手術

混濁爪の部分切除、皮膚腫瘍切除、植皮術

医師紹介

氏名 役職・専門・出身 資格等
佐藤 友隆(さとう ともたか)
<役職>
皮膚科部長

<専門>
皮膚科一般、皮膚真菌症
<出身>
鹿児島大学医学部(1996年卒業)
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本医真菌学会専門医
難病指定医

慶應義塾大学医学部皮膚科学教室非常勤講師
医学博士
本田 治樹(ほんだ はるき)
<役職>
皮膚科医員

<専門>
皮膚科一般
<出身>
慶應義塾大学医学部(2011年卒業)
稲本 伸子(いなもと のぶこ)
<役職>
非常勤
難病指定医
豊原 淳子(とよはら あつこ)
<役職>
非常勤
小林 研太(こばやし けんた)
<役職>
非常勤