文字サイズ
拡大
標準
背景色

特色・方針

婦人科部長
杉本 到

患者さまに優しい医療を心がけており、子宮筋腫や卵巣嚢腫の手術症例に対しては積極的に子宮温存治療や卵巣温存治療を行っています。また低侵襲の腹腔鏡手術(腹腔鏡手術や子宮鏡手術)を積極的に行い、早期退院をめざしています。超低侵襲手術としての単孔式手術(1つの孔で腹腔鏡手術を行うため、手術跡が最小限、もしくはほとんど残らない手術)なども積極的に行っています。
不妊検査や人工授精までの不妊治療の専門外来も開設しています。

対象疾患

子宮筋腫、子宮内膜症(子宮腺筋症、子宮内膜症性卵巣のう胞/チョコレートのう腫)、月経困難症、卵巣のう腫、卵巣腫瘍、卵巣がん、子宮がん(子宮頸がん、子宮体がん)、子宮内膜ポリープ、骨盤臓器脱(子宮脱、膀胱脱、直腸脱)、不妊症、更年期障害、月経前症候群、膣炎など

おもな症状

月経異常(月経期間が長い、月経量が多い、月経痛が強い、月経が頻回など)、不正出血、腹痛、腹部膨満感、腹部違和感、帯下、かゆみ、発汗、ほてりなど

診療内容

子宮筋腫や卵巣のう腫、子宮内膜症などの婦人科良性疾患については、薬物治療や手術治療(子宮卵巣温存手術、腹腔鏡手術、子宮鏡手術等も含めた)をそれぞれの患者さまの状態に合わせて選択します。子宮内膜症については、専門外来も開設しています。

子宮頸がんや子宮体がん、卵巣がんなどの婦人科悪性腫瘍については必要であれば根治的な手術治療を行いますが、可能なら子宮頚部上皮内がんや異形上皮に対する子宮頚部レーザー円錐切除術や蒸散術などの子宮を温存した縮小手術も積極的に行っています。また、必要に応じて抗がん剤治療や放射線治療を単独あるいは並行して行うこともあります。

骨盤臓器脱(子宮脱、膀胱脱、直腸脱など)についても、保存的治療や手術治療(膣式子宮全摘術や膣壁形成術、膣閉鎖術など)をそれぞれの患者さまの状態に合わせて行っています。

子宮内膜症外来のほか、次のような専門外来を開設しています。

更年期外来
更年期障害に対するホルモン補充療法も積極的に行っています。患者さまの状態によっては漢方治療を併用ないしは単独で行うこともあります。

不妊症外来
不妊症については子宮卵管造影・精液検査・ホルモン検査などの不妊一般検査や子宮鏡検査などの特殊検査を必要に応じて行ったうえで、適応があれば人工授精まで行っています。

専門外来

行っている検査

子宮がん検査(細胞診、コルポスコープ検査、ねらい組織診等)、経腟・経腹超音波検査、腫瘍マーカー検査、HPV(ヒトパピローマウィルス)検査、一般不妊検査(子宮卵管造影、精液検査、ホルモン検査など)、AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査、(外来)子宮鏡検査等

行っている治療法、手術

腹腔鏡手術、子宮鏡手術、子宮温存手術、卵巣温存手術、子宮頚部レーザー円錐切除術、子宮頚部蒸散術、ホルモン補充療法、漢方薬治療、ピル治療など

医師紹介

氏名 役職・専門・出身 資格等
杉本 到(すぎもと いたる)
<役職>
婦人科部長

<専門>
腹腔鏡手術、子宮内膜症、不妊症
<出身>
慶應義塾大学医学部(1991年卒業)
⽇本で4番⽬の体外受精児出⽣例を持つ東京杉並区の荻窪病院で、約7年にわたり体外受精に従事。

日本産科婦人科学会産婦人科専門医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医(腹腔鏡)
母体保護法指定医
日本内視鏡外科学会産科婦人科技術認定医

慶應義塾大学医学部産婦人科学教室非常勤講師
櫻井 友義(さくらい ともよし)
<役職>
婦人科医長

<専門>
腹腔鏡下手術、生殖・遺伝
<出身>
東海大学医学部(2000年卒業)
慶應義塾⼤学病院時代から⻑年にわたり不妊治療、体外受精に従事。内視鏡⼿術も得意です。

日本産科婦人科学会産婦人科専門医
臨床遺伝専門医
石谷 健(いしたに けん)
<役職>
婦人科医長

<専門>
婦人科腫瘍、更年期医学
<出身>
慶應義塾大学医学部(1994年卒業)
慶應義塾大学大学院医学研究科(2004年修了)
婦⼈科がんの専⾨医。治療中にがんが⾒つかっても安⼼して治療を任せられます。

日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本乳がん検診精度管理中央機構マンモグラフィ読影認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
母体保護法指定医

東京女子医科大学非常勤講師
医学博士