文字サイズ
拡大
標準
背景色

特色・方針

神経内科部長
飯ヶ谷 美峰

神経内科では、神経あるいは筋肉の異常をきたす病気や状態で、脳神経外科的に手術治療(すなわち手術)を必要としない状態にある方を対象とします。一般的によく知られている、片頭痛などの頭痛や、脳血管障害はもとより、原因の未だわかっていない神経難病、遺伝性の病気など、対象は広範囲にわたっています。
最初は症状が出ても原因がわからないため、次に示すような症状の方を対象としています。また、診断後も当科で治療を受けていただけますが、必要に応じて治療に適した科へのご案内をしています。

対象疾患

脳血管障害(脳梗塞、脳出血)、頭痛(急性頭痛、慢性頭痛)、脳炎・髄膜炎、パーキンソン病、認知症をきたす疾患(アルツハイマー症など)、多系統萎縮症や小脳性運動失調などの神経変性疾患、末梢神経障害(ギラン・バレー症候群、慢性炎症性多発性ニューロパチーなど)、多発性硬化症、脊髄炎、重症筋無力症、筋萎縮性側索硬化症、顔面けいれん、てんかん、全身疾患にともなう神経症状、筋疾患(筋炎など)

おもな症状

筋肉に力がはいりにくい、めまい、半身のしびれ(感覚がおかしい、脱力など)、ものが見えにくい、ものが二重に見える、歩きにくい・転びやすい、動きがゆっくりとなった、体がこわばる、しゃべり方がおかしい、飲み込みにくい、勝手に体が震えたり動いたりする、顔などの体の一部分の感覚がおかしい(にぶい、しびれ、痛いなど)、もの忘れ(記憶の障害)、けいれん、意識消失など

診療内容

  • 頭痛
    頭痛外来(頭痛センター)を設けており、頭痛を専門に診る外来としては国内有数の規模で診療にあたっています。たくさんの患者さまを診るだけではなく、可能な限りデータベース化して臨床的に有益となるような情報を得ながら一人ひとりに最適な治療を選択しています。

  • 脳血管障害(脳梗塞、脳出血)
    早期の診断治療の開始が何よりも大切ですが、当院では再発の予防が重要と考え、その後の適切なリハビリテーションなど、術後のケアやサポートのシステムを構築中です。

  • 認知症
    もの忘れ外来にて鑑別診断を行っています。肺炎などの合併症が生じて入院された場合には、高齢者医療支援チームによるせん妄(意識障害)、廃用(寝たままの状態が続くことで起きる身体機能の低下)予防および認知症の進行予防を試みて、機能を落とさず、退院できることを目標に治療を行います。

  • パーキンソン病
    慢性の神経変性疾患であり、神経難病の1つでありながら患者さまの数が多い病気です。類似する多数の病気との鑑別から治療まで行っています。経過が長い病気なのでじっくり付き合い、できるだけ良い状態を保てるように工夫しています。

原因によっては、整形外科や眼科、耳鼻咽喉科、他領域を専門とする内科で治療を行います。脳神経外科の受診が必要な場合は、専門の医療機関を紹介いたします。
また、地域のクリニックからのご紹介で受診された患者さまの場合は、症状によってはご紹介いただいた先生の元で治療を行っていただくことも検討いたします。

専門外来

行っている検査

  • CTスキャン
    X線で脳の断面を撮影します。脳の場所によっては見えにくい場所もありますが、出血の有無を見るのに適しており、検査時間が短いことも長所です。また、金属が体内にありMRI検査を行えない方にも適しています。

  • MRI検査
    必要に応じて、頭部、頸椎、胸椎、腰椎などを撮影します。磁気で画像を得るので放射線被爆の心配はありませんが、体内に金属のある方には行えません。20分から30分ほど時間がかかるという短所はありますが、骨による影響がなく鮮明な画像が撮れます。

  • 頸動脈超音波検査
    苦痛を与えずに頸動脈の血流を観察できます。脳血管障害(脳梗塞)の患者さまに必須の検査です。

  • 脳血流シンチグラム(SPECT)
    ある種のアイソトープを注射して、脳内を撮影することで脳血流の分布を観察できます。脳血管障害、認知症の患者さまに特に有用な検査です。

  • 脳波
    脳の活動の記録を頭皮に貼り付けた電極で記録します。苦痛はありませんが、30分から50分ほど時間がかかります。てんかんの診断には必須ですが、その他の疾患でも脳の活動性を見るために行います。

  • その他
    疾患の種類により心血管系の検査(心電図、ホルター心電図、心エコー)なども行います。

医師紹介

氏名 役職・専門・出身 資格等
飯ケ谷 美峰(いいがや みほ)
<役職>
総合内科部長、神経内科部長、頭痛センター長

<専門>
内科一般、神経内科、頭痛
<出身>
北里大学医学部(1993年卒業)
日本内科学会認定内科医
日本神経学会神経内科専門医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医
日本医師会認定産業医
身体障害者福祉法指定医
難病指定医

北里大学医学部神経内科学講師
内野 彰子(うちの あきこ)
<役職>
神経内科医員

<専門>
神経内科一般
<出身>
北里大学医学部(2006年卒業)
日本内科学会認定内科医
日本神経学会神経内科専門医
難病指定医