文字サイズ
拡大
標準
背景色

特色・方針

耳鼻咽喉科部長
若林 健一郎

日進月歩の医療レベルを維持・更新できるよう、また受診された患者さまにご満足いただけるような診療を心がけております。花粉症などのアレルギー疾患や睡眠時無呼吸症候群には特に力を入れており、内科的治療から手術などの外科的治療まで一貫した治療を当院で行うことができます。

対象疾患

花粉症、アレルギー性鼻炎、鼻中隔弯曲症、肥厚性鼻炎、慢性副鼻腔炎、鼻ポリープ(鼻茸)、副鼻腔真菌症、中耳炎、外耳炎、急性感音難聴、突発性難聴、メニエール病、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎、習慣性扁桃炎(慢性扁桃炎)、アデノイド増殖症、急性扁桃炎、声帯ポリープ、顔面神経麻痺、睡眠時無呼吸症候群など

おもな症状

  • 鼻の症状
    鼻水がでる、鼻づまりがある、くしゃみがよくでる、臭いがしない
  • 耳の症状
    耳が痛い、耳だれがでる、聞こえにくい、耳鳴り、めまいがする
  • のどの症状
    のどが痛い、のどに違和感がある、声がかすれる、咳がでる
  • その他
    顔が曲がった(顔面神経麻痺)、目を閉じにくい、いびきがある、寝ているときに息が止まる、首にしこりがある

診療内容

外来では一般的な耳鼻咽喉科疾患を幅広く診療しております。必要に応じて血液検査、CT・MRIなどの画像検査を行い、治療方針を決定します。急性扁桃炎・咽頭炎、突発性難聴、顔面神経麻痺などの治療では外来通院点滴も可能です。
他院ですでに治療を開始している場合は、それまでの経過を記載した紹介状をご持参ください。
入院診療も可能で、急性扁桃炎、突発性難聴、顔面神経麻痺、めまいなどの急性疾患で入院が必要な方を可能な限り受け入れています。手術治療は局所麻酔の日帰り手術、全身麻酔手術のいずれも可能です。鼻内手術は鼻中隔矯正術・下甲介切除術も含めて原則として内視鏡下手術としており、より繊細かつ安全に行っています。鼻内の状況にもよりますが、下甲介切除術は内視鏡とシェーバーを使用して低侵襲に日帰りで行うことも可能です。
お子さんで滲出性中耳炎が何カ月も遷延して治癒しない場合は、鼓膜チューブ留置(チュービング)が必要となりますが、当院では全身麻酔のため、お子さんが寝ている間に終了でき、痛みや恐怖を感じることはありません。また、術後は紹介元のかかりつけの先生に診ていただくことにしているため、通院の負担を軽減できます。
悪性疾患については慶応義塾大学病院と連携して診療しています。
嚥下機能検査として嚥下造影検査、嚥下内視鏡検査を予約制で行っておりますので、外来受診時にご相談ください。

補聴器外来

補聴器をご希望の方は補聴器外来で対応しており、試聴も可能です。
月曜日午後(毎週)・木曜日午前(月に1回)

また、睡眠時無呼吸症候群、花粉症・アレルギー性鼻炎については、専門外来を開設しています。

専門外来

行っている検査

睡眠ポリグラフィー検査、簡易睡眠検査、聴力検査(標準純音、語音)、ティンパノメトリー、喉頭ファイバースコープ、嚥下内視鏡検査、嚥下造影検査

行っている治療法、手術

CPAP療法、花粉症・アレルギー性鼻炎に対する免疫療法、鼻レーザー手術、鼻中隔矯正術、下甲介切除術、内視鏡下副鼻腔手術、鼻ポリープ切除、ラリンゴマイクロサージェリー、口蓋扁桃摘出術、UPPP(口蓋垂軟口蓋咽頭形成術)、鼓膜チューブ留置術

医師紹介

氏名 役職・専門・出身 資格等
若林 健一郎(わかばやし けんいちろう)
<役職>
耳鼻咽喉科部長

<専門>
耳鼻咽喉科疾患一般
<出身>
慶應義塾大学医学部(2000年卒業)
慶應義塾大学大学院(2009年修了)
日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
日本睡眠学会睡眠医療認定医
難病指定医
身体障害者福祉法指定医

医学博士
三橋 正継(みつはし まさつぐ)
<役職>
耳鼻咽喉科医員

<専門>
耳鼻咽喉科一般
<出身>
北里大学医学部(2008年卒業)
日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
難病指定医
小川 郁(おがわ かおる)
<役職>
非常勤