文字サイズ
拡大
標準
背景色

特色・方針

分野を限定せず、リハビリテーション全般に関わる診療をしています。症状のコントロールをしつつ、適応のある方には外来・入院でリハビリテーション治療(理学療法・作業療法・言語療法)を行うほか、その他のリハビリテーション(介護保険でのリハビリテーションなど)の情報提供も行います。「リハビリテーション相談」のような形でもお気軽に受診いただければと思います。

対象疾患

脳血管障害(脳梗塞・脳出血など)・脳腫瘍・頭部外傷後遺症全般、脳性麻痺全般、末梢神経障害後遺症全般、がん治療後などの後遺症全般、慢性心不全や慢性呼吸不全、リウマチ性疾患や運動器疾患の保存期。疾患に関わらず、下記のような症状や不自由さがある方。

おもな症状

  1. 手足の動きが不自由、歩くなどの動作がしにくい(麻痺・失調など)
    様々な理由で動きにくさは生じ、同じ疾患であったとしてもその病態は様々です。「動作がしにくい」理由を評価し、それにあわせた症状のコントロールやリハビリテーション治療を行う必要があります。

  2. 食べにくい、むせる、肺炎を繰り返す(摂食・嚥下機能障害)
    脳の疾患や加齢に伴うことが多く、原因がはっきりしない発熱や体重減少、食欲不振の原因になっていることもあります。頭頸部がんの治療後などでも生じます。

  3. 疲れやすい、転びやすい(筋力低下・体力低下など)
    明らかな「動きにくさ」がなくても、筋力、体力の低下により動作が不安定になる・疲れやすくなることがあります。疲れやすさや不安定さにより、身体活動を減らしてしまうとますます筋力・体力が低下するという悪循環になりやすくなります。

  4. 言葉がでてこない・理解しにくい(失語症)、集中できない・物覚えが悪くなった(高次脳機能障害)
    脳血管障害や頭部外傷後に、言葉がでてこなくなる・理解しにくくなる、もしくはご本人では明らかな自覚がなくても、集中しにくい・物を覚える力が低下するなどの症状により日常生活や仕事がスムーズにできなくなることがあります。

診療内容

リハビリテーション指導や相談

受診された方が、「困っている」状況に対し、「リハビリテーション評価」「症状の治療」「自主リハビリの指導」「外来・入院リハビリーションの実施」「先端リハビリテーション・介護保険サービス・福祉サービスその他サービスの紹介やアドバイス(それらの利用のために必要な文書などの作成)」などを、その方の状況やご希望にあわせ行っています。リハビリテーション病院退院後の外来診療も行っています。

つっぱり(痙縮)の治療

脳や脊髄などの疾患により麻痺が生じている場合、「力の入りにくさ」と「こわばり・つっぱり(痙縮)」が同時に生じ、より動作が困難になっていることがあります。つっぱり(痙縮)に関しては、内服や、ボツリヌスを使ったブロック注射治療で軽減させることができます。ブロック注射に関しては、どの部位をブロックするかなどを、筋電計を用いて詳細評価して治療を行っています。

話しにくさ・飲みこみにくさ(構音障害・嚥下障害)の評価・治療

脳血管障害後や頭頸部がん術後などにより、話しにくさや飲みこみにくさ、もしくは繰り返す誤嚥性肺炎などがある場合に、話すこと・飲みこみの検査や、リハビリテーション治療、食事形態や摂取方法の指導などを行っています。

体力や筋力の評価と運動指導

有酸素運動や筋力訓練といった運動療法は、生活習慣病だけではなく、がんの治療中・治療後や慢性疼痛などでも広く行われています。リハビリテーション科では、内科・整形外科の先生と協力し、運動指導を行っています。心臓や呼吸器リハビリテーションの対象の方への外来リハビリテーションも積極的に行っています(開始にあたっては、主治医の先生からのご紹介状や、当院の担当科の受診をお願いすることがあります)。

ことばの理解や表出の障害(失語症など)、注意・記憶などの障害(高次脳機能障害)の評価・治療

脳血管障害後などで失語症や高次脳機能障害が後遺されている場合、外来での再評価や生活上のアドバイス、必要性が高い方には外来リハビリテーション治療(言語療法)を行います。高次脳機能障害に対しても、複数の神経心理検査などを行って障害像を把握し、生活・仕事上のアドバイスおよび必要性が高い方には外来リハビリテーション治療を行うと同時に、就労・復職支援センターなどの情報提供・紹介を行っていきます。

行っている検査

筋力・体力評価、嚥下造影検査、各種神経心理検査(失語症検査・高次脳機能検査)、その他各種リハビリテーション評価、神経伝導検査・筋電図検査など

行っている治療法

各種リハビリテーション治療、ブロック療法(ボツリヌス治療)など

リハビリテーション入院加療について

現在他院にご入院中の方など外来受診が困難な方で、リハビリテーション治療を中心とした入院加療を必要とされる方は、ご入院中の病院の主治医・かかりつけ医から地域連携室にご連絡ください。主に地域包括ケア病棟でリハビリテーション入院加療を行っています。

医師紹介

氏名 役職・専門・出身 資格等
村岡 香織(むらおか かおり)
<役職>
リハビリテーション科部長
<専門>
リハビリテーション医学全般
<出身>
慶應義塾大学医学部(1998年3月卒業)
日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
日本臨床神経生理学会認定医(筋電図・神経伝導分野)
リハビリテーション医学博士
公衆衛生学修士(専門職)
日本リハビリテーション医学会代議員