文字サイズ
拡大
標準
背景色

概要

当外来では、長年にわたり、いろいろな治療をしてきても良い症状コントロールが得られず、比較的重症度の高いアトピー性皮膚炎にお悩みの方を対象に診療を行っております。

対象疾患

アトピー性皮膚炎

おもな症状

かゆみをともなう全身の慢性的な湿疹

診療内容

かゆみのある湿疹を繰り返し、なかなか治らない慢性的な皮膚疾患で、アレルギーを起こしやすい体質の方や皮膚のバリア機能(保護機能)が弱い方に多くみられます。症状の経過や悪化する原因は患者さまごとに大きく異なります。病気を正しく理解し、ご自身に合った治療法や生活スタイルを見つけることが症状の安定化につながります。当外来では、アトピー診療を専門とする担当医が、患者さま一人ひとりに対応したきめ細やかな診察・治療を行い、皆さまが充実した日常生活を送るお手伝いをいたします。

保湿剤やステロイド、免疫抑制剤の外用、抗ヒスタミン剤の内服による治療のほか、入院によるアトピー教育も行っています。重症例では、紫外線療法や免疫抑制剤の内服治療も検討します。
外用療法は、現在の病勢に応じて、TARC検査(血液検査)を用いた対症療法、プロアクティブ療法などをご提案します。
ステロイド外用薬については、部位によるステロイド吸収率の違いから、外用剤の強さと部位を再確認したり、基剤による使い分けなどを確認指導します。病勢にもとづいて、タクロリムス軟膏などの免疫抑制剤を併用します。
今後、慶應義塾大学との連携により、臨床研究が進行中であり、ブリーチバス療法の導入を検討中です。

医師紹介

氏名 役職・専門・出身 資格等

関連する診療科・センター