文字サイズ
拡大
標準
背景色

概要

腹部ヘルニアを専門に診療しています。ヘルニアは自然治癒することはなく、悪化すると命にかかわることもあります。経験豊富な担当医が診療を担当し、症状や患者さまの状態、ご希望に合わせた最適な治療を検討させていただきます。
以前に治療した経験があって症状が再燃している方もぜひご相談ください。

対象疾患

腹部ヘルニア、鼠径ヘルニア

胃や腸などおなかの中の臓器を袋のように包んでいる膜を「腹膜」といいます。腹膜は伸び縮みする柔らかい膜で、その周りを筋肉が包んでいます。生まれつきこの筋肉に隙間があったり、加齢などにより筋肉が弱くなってきたり、手術後に筋肉の隙間ができたりなどすることで、立ち上がったり、おなかに力を入れた拍子などに、腹膜と一緒に腸などが筋肉の隙間から皮膚の下に飛び出してきて膨らみ、痛みや違和感をともなうようになります。立った状態では重力が足の付け根(鼠径:そけい)にかかるため、足の付け根が膨らむ方が多く、腹部ヘルニアの中でも特に足の付け根のヘルニアを鼠径ヘルニア(いわゆる「脱腸」)といいます。たいていの場合は、手で押さえたり、寝たりすることで腸が腹膜やおなかの中に戻り、膨らみもなくなり、症状も消失することが多いですが、腸が飛び出したまま戻らなくなる「嵌頓(かんとん)」が起こると腸の血流が悪くなり、最悪の場合は腸が腐って命にかかわることがあります。男性に多い病気ですが、女性にもしばしばみられます。

おもな症状

腹部や足の付け根の柔らかい膨らみ(手で押すと戻る)・違和感・痛み、腹部の傷の膨らみ・違和感・痛みなど

診療内容

通常、腸閉塞は、患者さまからのお話と視診・触診による診察で診断できます。診察だけでは診断が困難な場合や詳細な検査が必要な場合は、超音波エコー検査、CT検査で詳細に調べることが可能です。

腹部ヘルニアは、様子をみたり、お薬を使っても治癒しないので、唯一の治療法は手術になります。手術には、皮膚を切って飛び出している腹膜を切除し、メッシュといわれる人工物を入れて筋肉の替わりとして補強する「前方アプローチ」と、カメラを使っておなかの内側からメッシュを入れる「腹腔鏡手術」があります。鼠径ヘルニアではないヘルニアの場合は、メッシュを入れる必要がないこともあります。当院では、内視鏡手術をより安全で確実に行うため、内視鏡手術のエキスパートを揃えた内視鏡手術センターを開設していますが、どちらの術式も数多く経験しており、患者さまの状態・ご希望、ヘルニアの大きさ・種類などを考慮して最良な方法を患者さまと相談して決めています。入院期間はおよそ3~4日ですが、ご要望があればご相談ください。

医師紹介

氏名 役職・専門・出身 資格等
矢作 雅史(やはぎ まさし)
<役職>
外科医員、消化器外科医員

<専門>
消化器外科、小腸大腸肛門病、ヘルニア、内視鏡外科
<出身>
慶應義塾大学医学部(2009年卒業)
日本外科学会外科専門医

関連する診療科・センター