文字サイズ
拡大
標準
背景色

概要

妊活中の方、不妊でお悩みの方を対象に検査・治療を専門に行っています。不妊検査やAMH検査、タイミング指導や人工授精などの一般不妊治療及び体外受精(IVF)や顕微受精などの高度生殖補助医療(ART)を実施しています。

対象疾患

病気のない健康な男女が妊娠を希望し、避妊をせずに夫婦生活を一定期間(1年間)営んでも妊娠しない場合に不妊症と診断されます。日本では結婚年齢が高くなっているため、年齢が高い場合にはより早期に検査と治療を開始したほうがよいという考え方が一般的になってきています。

おもな症状

子どもが欲しいのにできない(1年間が目安)

診療内容

検査

不妊症には女性側に原因がある場合と男性側に原因がある場合、また双方に原因がある場合があります。当院では、それぞれに対応できるよう女性側の検査としては卵管造影検査、ホルモン採血、超音波検査等を、男性側の検査としては精液検査等を行っています。また卵巣予備能(卵巣年齢)の目安となるAMH(抗ミュラー管ホルモン)検査も可能です。
まずは、きちんと患者さまの検査を行って状態を把握したうえで、患者さまに必要な治療を見極めていくことを心がけています。可能であれば基礎体温を1~2カ月つけた後、基礎体温表を持って来院してください。

治療

不妊治療については排卵障害に対する薬物治療や手術(腹腔鏡)治療のほか、外来におけるタイミング指導や人工授精までの一般不妊治療及び体外受精(IVF)や顕微授精などの高度生殖補助医療(ART)を行っています。(ARTについてはこちらをご覧ください。) また、男性側に不妊の原因があることが分かった場合は、投薬治療を行ったり、ご希望があれば近隣の専門施設へ紹介することもできます。

※当院では、健康保険適用のある検査・治療は保険診療で行っています。

医師紹介

担当医は日本産科婦人科学会産婦人科専門医のほか、臨床遺伝専門医の資格も有しており、一般的な遺伝性疾患についてのご相談も可能です。

氏名 役職・専門・出身 資格等
櫻井 友義(さくらい ともよし)
<役職>
婦人科医長

<専門>
腹腔鏡下手術、生殖・遺伝
<出身>
東海大学医学部(2000年卒業)
慶應義塾⼤学病院時代から⻑年にわたり不妊治療、体外受精に従事。内視鏡⼿術も得意です。

日本産科婦人科学会産婦人科専門医
臨床遺伝専門医

関連する診療科・センター