文字サイズ
拡大
標準
背景色

概要

尿漏れ・頻尿などの排尿障害や、女性特有の骨盤臓器脱を専門に診療しています。いきなり外来を受診するのは恥ずかしい...と診察をためらう方も多いため、看護師による コンチネンス支援室も開設しています。お気軽にご相談ください。

対象疾患

過活動膀胱

「急に我慢できないような尿意が起こる」「トイレが近い」「急にトイレに行きたくなり、我慢ができず尿がもれてしまう(切迫性尿失禁)」などの症状をきたすのが特徴です。尿意や刺激などに反応して膀胱が勝手に収縮してしまう「膀胱の過活動」によって起こります。
一般的には、中高年の方のQOL(生活の質)を低下させる病気と理解されていますが、若い年代で悩む人も少なくありません。最近の調査では、40歳以上の男女の8人に1人が過活動膀胱の症状があることがわかっています。
膀胱が過敏に収縮してしまう原因には様々なものがあり、寒さや高湿度、生理前、性交、冷たい水を触ったときや流れる水の音を聞いたときの刺激などが挙げられます。その他、中枢神経の疾患、脳出血、脳梗塞、脊髄疾患、パーキンソン病の後遺症などが原因になる場合や、膀胱炎や尿管結石によって一時的に膀胱が過敏になることもあります。

腹圧性尿失禁

急に立ち上がったときや重い荷物を持ち上げたとき、咳やくしゃみをしたときなど、お腹に力が入ったときに尿がもれてしまうのが特徴です。風邪をひいたときやスポーツをするときだけに下着が少し濡れるような軽症の方から、歩くだけでも大量にもれてしまうような重症の方までいます。
原因は、骨盤底筋群(筋肉や靭帯)の支持力が低下し、膀胱や尿道が下がってくることです。出産や加齢(閉経)に加え、高度な肥満、慢性的な便秘や咳などは、骨盤底に腹圧負荷を加えることから腹圧性尿失禁のリスクになると考えられています。

骨盤臓器脱

女性特有の疾患で、出産や加齢(閉経)などの影響で骨盤底筋群(筋肉や靭帯)の支持力が低下して骨盤内臓器である膀胱、子宮頸部、直腸、膣壁などが膣口から脱出する状態のことをいい、「骨盤底ヘルニア」の一種です。
出産や加齢(閉経)に加え、高度な肥満、慢性の便秘や咳などは骨盤底に腹圧負荷を加えることから骨盤臓器脱のリスクを高める要因とされます。
一般的に軽度であれば無症状ですが、脱が進行すると膣に何かがはさまったような違和感やお風呂場でピンポン玉のようなものが触れるといった「下垂感」があります。尿もれや押し戻さないと尿が出にくいといった「排尿に関する症状」、便が出にくい感じや残便感、頻便などの「排便に関する症状」がみられることがあります。また、下腹部が引っ張られるような感じ、下腹部痛などの症状のほか、膣壁や子宮が常に脱出して、その部位が下着でこすれて出血するなどの不快な症状をともなうこともあります。
骨盤臓器脱の頻度に関してわが国におけるデータはありませんが、欧米では、経腟分娩を経験した女性の約30%に骨盤臓器脱がみられると報告されています。

おもな症状

急に尿をしたくなり我慢できない、頻尿、尿失禁、膣の中にものが降りてきたような違和感や実際に膣に丸いものに触れる、尿が出にくい、便が出にくい、残便感がある

治療内容

過活動膀胱

排尿状態に関するアンケート式問診票、尿検査、尿流動態測定(特殊なトイレで排尿し、その状態を測定)、残尿測定(超音波計測)などを行い、排尿日誌で水分摂取や尿量のパターンをみて、個々の状態に合った最適な治療方法を選択します。
治療法としては、行動療法と呼ばれる日常生活での工夫や薬物治療などになります。生活の工夫としては、尿意を感じたら慌てず深呼吸し、膀胱の収縮の波がおさまったところでトイレに行くようにして排尿間隔を広げるようにしていきます。症状は寒さや冷えで誘発されるため、下着や靴下の着用、暖房器具やカイロなどを利用して冷え対策を行います。薬物治療に関しては、膀胱の収縮を抑え、緊張をやわらげる薬(抗コリン薬)が効果的です。

腹圧性尿失禁

軽症の場合では骨盤底筋体操や生活指導を行いますが、中等症あるいは重症の場合は手術治療が必要になります。手術治療としては、TVT手術(TVT=Tension-free Vaginal Tape)をはじめとする中部尿道スリング手術です。網目状のポリプロピレン製テープを尿道の背側に通し、腹圧がかかるときにテープが尿道を閉じる役割を果たし、尿もれを防ぎます。この手術は、局所麻酔と鎮静剤だけで行うことができ、傷も小さく手術後の痛みも少ない優れた方法です。
尿失禁で悩んでいる女性はとても多いにもかかわらず、誰にも相談できず、尿もれパッドなどで対応している方が多いようです。尿失禁は適切な治療を受ければ症状を改善することができます。気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

骨盤臓器脱

骨盤臓器脱の治療法として、軽症の場合には骨盤底筋体操や生活指導を行います。中等症あるいは重症の場合は、弱まった骨盤底筋群を補強する目的で手術的治療が必要になります。
手術法には、膣側からメッシュを挿入することで骨盤臓器が落ちてこないよう矯正するTVM法が一般的です。さらに近年では、腹腔鏡手術により、下降した臓器を元の位置まで持ち上げて固定する、腹腔鏡下仙骨固定術が開発され、良好な結果を示しています。当院では、これまでTVM手術を行っていますが、今後婦人科との連携で腹腔鏡下仙骨固定術を導入していく予定です。

コンチネンス支援室

恥ずかしさや、周囲の理解を得られず、診察をためらう方が大勢いらっしゃいます。そのような悩みをおもちの方のために、専門看護師スタッフ一同がチームを組んで症状の改善に取り組んでいます。
「外来にかかるにはちょっと」とためらわれている方は、まずは専門看護師に相談してみてはいかがでしょうか。
コンチネンス支援室では、専門看護師、コンチネンスアドバイザーがご相談承ります。勇気を出してご相談ください。

診療日:水曜日午後

医師紹介

当院が院内に設置しているコンチネンス部会 部会長を務める専門医が診療を担当しています

氏名 役職・専門・出身 資格等
山下 英之(やました ひでゆき)
<役職>
泌尿器科副部長

<専門>
泌尿器科悪性腫瘍、尿路結石、尿失禁
<出身>
北里大学医学部(1999年卒業)
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会腹腔鏡技術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
身体障害者福祉法指定医

医学博士

関連する診療科・センター