文字サイズ
拡大
標準
背景色

概要

睡眠時に息が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群を専門に診療しています。重症度に合わせた療法を選択し、手術治療も行っています。日本耳鼻咽喉科学会専門医と日本睡眠学会認定医の両資格をもつ専門医が診断、治療を行います。

対象疾患

睡眠時無呼吸症候群

睡眠中に10秒以上息が止まることを無呼吸といいます。睡眠時無呼吸症候群とは、1時間に5回以上、無呼吸や低呼吸(呼吸が弱くなること)がある状態を指し、熟眠できないため、昼間の眠気・夜間の頻尿・起床時の頭重感などの症状を引き起こします。呼吸をしようとしてものどが閉塞して無呼吸となる「閉塞性」、脳にある呼吸中枢(呼吸をコントロールする機能)から呼吸の指令がなくなって無呼吸になる「中枢性」に分けられます。ほとんどの無呼吸は閉塞性です。
肥満で首回りが太い方はのどが圧迫されて閉塞し、睡眠時無呼吸になりやすい傾向があります。ただし、東洋人は骨格的な問題で、肥満が原因ではない睡眠時無呼吸が多いといわれており、あごが小さい方・扁桃腺が大きい方などは注意が必要です。また、女性の場合、閉経後に無呼吸が生じやすくなるともいわれています。
睡眠時無呼吸と心疾患(心筋梗塞や突然死)・脳梗塞には関連があることがわかっています。自覚症状がなくても治療が必要なことがありますので、周囲が指摘してあげることも大切です。

おもな症状

いびき、睡眠時の無呼吸、起床時の頭痛、日中の眠気、夜間の頻尿、高血圧

診療内容

検査

自宅で行う簡易検査と、1泊入院の精密検査(睡眠ポリグラフィー検査:PSG検査)などで診断を行います。
簡易検査は、外来で貸し出す検査機器を使ってご自宅で測定する方法で、睡眠時のおおよその状態を調べることができます。簡易検査で無呼吸が疑われた方は精密検査となります。精密検査は、1泊の入院検査で脳波・心電図・筋電図などを測定し、睡眠と呼吸の状態を詳細に調べます。夕方に入院して、翌朝は目が覚めたら退院です(6:00頃に退院し、そのまま出勤することも可能です)。

img-sas-room2.jpg
1泊入院検査のお部屋(個室)

治療

重症度によってCPAP療法(シーパップ:持続陽圧呼吸療法)や必要に応じてASV療法、マウスピースなどの口腔内装置、体位療法などを行います。当院は睡眠時無呼吸症候群の治療施設では数少ない耳鼻咽喉科医主体となっています。担当医は耳鼻咽喉科学会の専門医と睡眠学会の認定医の両資格をもっており、外科的治療(手術)によって根治できる可能性のある患者さまにはUPPP(口蓋垂軟口蓋咽頭形成術)、LAUP(レーザーによる口蓋垂形成術)などの手術をご提案しています。
すでにCPAP療法を開始されている方で鼻閉(鼻づまり)により鼻マスクを介しての気道への陽圧がうまく機能しない場合、鼻中隔矯正術、下甲介切除術などの鼻閉改善の手術を行うことで効果が得られることもあります。お困りの方は一度ご相談ください。
マウスピースによる加療となった場合は、連携している歯科をご紹介します。


また当科では、肥満が原因の睡眠時無呼吸症候群の方の根治療法であるダイエットのサポートを行っております。院内の総合スポーツ医学センターと連携し、ロコモティブ診療の専門医に運動メニューを処方してもらい、効率的なダイエットをご提案します。

当外来の診療日は火曜日午後、木曜日午後ですが、初診時は耳鼻咽喉科の通常外来でも対応可能です。

医師紹介

日本耳鼻咽喉科学会専門医と日本睡眠学会認定医の資格を有する専門医が診療を担当いたします。

氏名 役職・専門・出身 資格等
若林 健一郎(わかばやし けんいちろう)
<役職>
耳鼻咽喉科部長

<専門>
耳鼻咽喉科疾患一般
<出身>
慶應義塾大学医学部(2000年卒業)
慶應義塾大学大学院(2009年修了)
日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
日本睡眠学会睡眠医療認定医
難病指定医
身体障害者福祉法指定医

医学博士

関連する診療科・センター