文字サイズ
拡大
標準
背景色

概要

尋常性乾癬、類乾癬(尋常性乾癬に似た疾患)に対して紫外線治療を行っています。

対象疾患

尋常性乾癬、類乾癬、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、尋常性白斑など

おもな症状

全身の慢性的な湿疹

診療内容

ステロイド、ビタミンD製剤、免疫抑制剤の外用と併用して光線治療を行っています。
当院で扱っている紫外線療法は、PUVA(プバ)療法と、ナローバンドUVB療法の2種類があります。PUVA療法には紫外線の中のA波長と呼ばれる、波長の長い方の成分を、ナローバンドUVB療法では、同じ紫外線の中でもB波長と呼ばれる波長の短い方の成分を取り出して治療に用います。
紫外線には、日焼けを起こしたり、殺菌効果もあることからわかるように、生物の細胞を破壊する作用があります。一見、危険そうですが、その波長や、エネルギー量を調節して利用することにより、皮膚病を引き起こしている免疫細胞の量を減らしたり、作用を弱めたりすることによってその皮膚病の勢いを弱めることができます。紫外線療法は、病気の勢いを弱めて日常生活に差障りのない状態にしておくための治療手段のひとつになります。

治療に用いる紫外線はエネルギー量を調節してあり、治療に有効な紫外線の波長だけを取り出して利用するなど、昔の紫外線治療にくらべてもさらに安全性を増しています。古くから行われている治療法でもあり、医師の管理下に行えば大丈夫です。また、紫外線による皮膚がん発症の危険性が上がらないように、ほんの数分間、治療が必要な部位のみに紫外線を照射します。
使用する光線が作用するのは皮膚表面だけなので、内臓臓器に直接影響することもありません。
治療頻度は、患者さまの症状によって週1回~月1回が基本ですが、重症例では入院による光線治療が必要になります。
乾癬の場合は治療の経過によって、分子標的薬による治療も検討し、ご提案します。

医師紹介

日本皮膚科学会専門医の担当医が診療いたします。

氏名 役職・専門・出身 資格等
佐藤 友隆(さとう ともたか)
<役職>
皮膚科部長

<専門>
皮膚科一般、皮膚真菌症
<出身>
鹿児島大学医学部(1996年卒業)
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本医真菌学会専門医
難病指定医

慶應義塾大学医学部皮膚科学教室非常勤講師
医学博士

関連する診療科・センター