文字サイズ
拡大
標準
背景色

概要

尿路結石を専門に診療する外来です。尿路結石治療に長年取り組んできた担当医が診療し、体外衝撃波結石破砕術、内視鏡を用いた経尿道的結石破砕術や経皮的結石破砕術など、体に負担の少ない低侵襲な手術を行っています。

対象疾患

尿路結石(腎結石、尿管結石)

腎臓、尿管、膀胱、尿道といった尿路に結石が生じる病気です。尿路結石は、尿中のカルシウム、シュウ酸、リン酸、尿酸、マグネシウム等の結晶が固まったもので、30~60歳代の男性と閉経後の女性に多くみられます。腰背部・側腹部・下腹部の激しい痛み(疝痛発作)、血尿が典型的な症状です。
これは腎臓で形成された結石が、尿管という腎臓から膀胱につながる細い管に流れて詰まってしまい、腎盂内圧が急激に上昇するために生じます。疝痛発作は夜間や早朝に起こることが多く、通常3~4時間ほど持続します。細菌感染による腎盂腎炎を併発し、38~40度の高熱が出ることもあります。

おもな症状

突然、背中やわき腹、下腹部にさしこむような鋭い痛みを感じるようになった(疝痛発作)。血尿が出る。

診療内容

レントゲン検査や超音波検査、CTスキャンなどの画像検査によって診断されます。 小さな結石の多くは、尿とともに膀胱から排泄できます。画像診断で自然排石が可能と判断される小さな結石については、水分を多量に摂取して尿量を増加させ、体を動かすことによって結石の下降を図ります。その際に重要になるのは、痛みの管理と、腎臓の働きに問題を起こさないようにすることです。投薬のほか、尿検査や超音波検査などで定期的に経過をみていくことが大切です。
一方、画像診断で自然排石が困難と判断される場合や疼痛発作を繰り返す場合、尿の流出が妨げられ、腎臓に尿が貯留する「水腎症」の状態になるような場合は、砕石治療が必要になります。砕石治療には体外衝撃波結石破砕術(ESWL)や経尿道的結石破砕術(TUL)、経皮的結石破砕術(PNL)などがあり、個々の状態に合った最適な治療方法を選択する必要があります。結石の大きさが8mmを超える場合は、早期でのESWLやレーザー砕石術を考慮していきます。

尿路結石は非常に再発率の高い病気で、60%以上の方に再発するといわれています。再発予防の原則は、飲水量=尿量を増やして尿を薄くしておくことです。「食塩を過剰に摂取しない」「動物性蛋白質を過剰に摂取しない」「ビタミンCを過剰に摂取しない」「就寝直前に食事をしない」といった生活習慣の改善も再発予防に大変有効です。
また、尿路結石にはカルシウム結石や尿酸結石などと異なる成分を有し、内服治療を行うことで再発予防ができる結石もあります。結石の成分分析を確認することで、これらの治療を選択することができます。

医師紹介

当外来では、尿路結石症例が全国的にも非常に多く集まる医療機関で治療に従事してきた専門医が診療を担当します。山下英之医師は、体外衝撃波結石破砕術、内視鏡的レーザー砕石術の経験症例数を多数有しています。

氏名 役職・専門・出身 資格等
山下 英之(やました ひでゆき)
<役職>
泌尿器科副部長

<専門>
泌尿器科悪性腫瘍、尿路結石、尿失禁
<出身>
北里大学医学部(1999年卒業)
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会腹腔鏡技術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
身体障害者福祉法指定医

医学博士
池田 勝臣(いけだ まさおみ)
<役職>
泌尿器科医長

<専門>
泌尿器科悪性腫瘍、泌尿器科一般
<出身>
北里大学医学部(2003年卒業)
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会 腹腔鏡技術認定医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医

医学博士
坂田 裕介(さかた ゆうすけ)
<役職>
泌尿器科後期研修医

<専門>
泌尿器科一般
<出身>
北里大学医学部(2012年卒業)

関連する診療科・センター