文字サイズ
拡大
標準
背景色

特色・方針

1980年代より国内で先駆けてスポーツ外来を始め、これまで数多くのスポーツ選手の診断・治療・予防に携わってきました。対象は関節や骨・筋肉などの整形外科分野が多いですが、内科やメンタル(心療内科)を専門とする医師とも連携して診療を行う総合センターです。

診療内容

競技スポーツ選手向け

チームドクターとしてプロ・社会人・大学・高校の試合や練習現場に参加し、シーズンオフにはメディカルチェックを行っています。関与するチームは、プロ野球の東京ヤクルトスワローズ、アメリカンフットボールXリーグの東京ガスクリエイターズ・明治安田ペンタオーシャンパイレーツ、電通キャタピラーズ、慶應義塾大学をはじめ大学体育会のアメフト部や水泳部などを中心に数チームあります。競技に関する安全対策講習会、ドーピングの相談などをチームスタッフ、選手、父母会などに対して行っています。

  • アスリート向けメディカルチェック
    契約する東京ヤクルトスワローズ・社会人・大学のアスリートに対してメディカルチェック(単純X線、MRI、血液検査、心電図、その他各種体力・筋力検査)を実施しています。
    ※コンタクトスポーツの選手には、頭頸部の単純X線とMRIも行います。

  • 手術治療

    より侵襲の少ない関節鏡視下手術を膝関節と肩関節を中心に行っています。
    麻酔科と連携して、より痛みの少ない手術が可能な環境です。

  • アスリートの障害・外傷治療後のアフターフォロー
    元の競技レベルにスムーズに復帰できるよう、筋力・持久力維持を図るため、リハビリテーション技術科、メディカルトレーナー科、栄養科とも連携し、スポーツ選手の障害・外傷に対する手術を含めた治療後のアスレチックトレーニングと栄養指導も行っています。

一般の方の健康増進維持について

スポーツ医学、運動器科学を中心とした考え方とトレーニングで、一般人の健康増進、健康維持を図ります。具体的には、ロコモティブ症候群(運動器不安定症)や糖尿病、メタボリック症候群の予防、コントロールを目的としたものです。治療や検査は、ロコモティブ外来や糖尿病外来など該当する外来で行っています。そこで、運動を奨励された人や指導を受けた人がメディカルフィットネスセンターでトレーニングを行えるよう、コーディネートしています。
少しでも健康でいたい方、現在の自分自身の体の状況を知りたい方、安全にスポーツをしたい方、きっかけは何でもよいので、お気軽にご相談ください。皆様の元気、健康のために、お役にたてれば幸いです。

  • ロコモ教室の開催
    ロコモティブ外来と連携し、ロコモ教室を定期的に開催しています。詳細・開催スケジュールはこちらをご覧ください。

  • 糖尿病や生活習慣病(メタボリックシンドローム、ロコモティブシンドローム)対策

  • 生涯スポーツの指導

医師紹介

氏名 役職・専門・出身 資格等
金子 博徳(かねこ ひろのり)
<役職>
副院長、整形外科部長、総合スポーツ医学センター長

<専門>
整形外科一般
<出身>
慶應義塾大学医学部(1994年卒業)
慶應義塾大学大学院(2000年修了)
日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本抗加齢医学会専門医
難病指定医
身体障害者福祉法指定医
東京ヤクルトスワローズチームドクター

医学博士
小松 秀郎(こまつ しゅうろう)
<役職>
総合スポーツ医学センター副センター長(嘱託)

<専門>
肩関節外科・膝関節外科、スポーツ医学
<出身>
北里大学医学部(2004年卒業)
日本整形外科学会整形外科専門医

ヤクルト球団診療所管理者(東京ヤクルトスワローズチームドクター)
慶應義塾体育会水泳部競泳部門チームドクター
岩間 友(いわま ゆう)
<役職>
医員

<専門>
下肢、スポーツ、外傷一般
<出身>
琉球大学(2010年卒業)
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本整形外科学会認定リウマチ医
東京ヤクルトスワローズチームドクター
丸岩 侑史(まるいわ ゆうし)
<役職>
後期研修医

<専門>
膝・股関節 スポーツ整形 運動器超音波
<出身>
東海大学医学部(2014年卒業)
日本バスケットボール協会スポーツ医学委員
法政大学男子バスケットボール部チームドクター
国体バスケットボール山口県選抜選手(2004,5,6年)
山本 宏明(やまもと ひろあき)
<役職>
非常勤

<専門>
精神科一般 スポーツ精神医学
<出身>
北里大学医学部(2002年卒業)
北里大学大学院医療系研究科博士課程(2011年修了)
日本精神神経学会専門医
精神保健指定医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
日本陸上競技連盟医事委員、科学委員

北里大学メディカルセンター副部長
木下 訓光(きのした のりみつ)
<役職>
非常勤(法政大学スポーツ健康学部スポーツ健康学科教授)

<専門>
スポーツ心臓病学(スポーツ心臓、アスリートの突然死予防、スポーツ参加の可否判断、心肺運動負荷試験)
<出身>
慶應義塾大学医学部(1991年卒業)
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
日本医師会認定健康スポーツ医
日本臨床スポーツ医学会代議員
日本体力医学会評議員
石田 浩之(いしだ ひろゆき)
<役職>
非常勤(慶應義塾大学スポーツ医学研究センター教授)

<専門>
スポーツ医学、内科(脂質代謝、動脈硬化)
<出身>
慶應義塾大学医学部(1987年卒業)
日本臨床スポーツ医学会代議員
日本オリンピック委員会医事委員
日本アイスホッケー連盟医科学委員会委員長
国際アイスホッケー連盟医事委員

医学博士