研究ブランディングへの取組み

研究ブランディングへの取組み

平成29年度においては、事業名「農医連携研究拠点の創出:食を介した腸内環境制御による健康社会構築」を申請しました。この年度は188件の申請があり、60件(タイプA:33件、タイプB:27件)が選定され、タイプBの中の1件として本学の組織が選定されました。この事業を通じて、将来ビジョンおよびブランドコンセプト「微生物と農医連携で人類の健康に貢献する北里大学」を世界に発信します。
今後も、本学の強みを活かした研究事業をより一層強化するため、「私立大学研究ブランディング事業」に取り組んで参ります。

事業名

農医連携研究拠点の創出:食を介した腸内環境制御による健康社会構築

事業概要

本事業は、腸内環境制御により人類の健康増進を図ろうというものであり、腸内細菌叢の構成異常(dysbiosis)が関与する病態進展のメカニズムを明らかにするとともに、生活習慣の一つである食を介して疾病発症を予防しようとするものであります。本事業は国民の健康に多大に貢献するもので、将来ビジョンおよびブランドコンセプト「微生物と農医連携で人類の健康に貢献する北里大学」を世界に発信していきます。

ブランディング概念図

ブランディング概念図

本事業の計画の詳細につきましては、次の計画書及び進捗状況報告をご覧ください。
■事業計画書 ■進捗状況報告 ■ニュースレター

関連リンク