海洋生命科学研究科

海洋生命科学研究科

海洋生命科学研究科は、海洋を中心とする水圏生物資源の高度有効利用と、水圏の生態系の保全、その両者の調和を通して、21世紀の我が国と世界の環境・食糧問題の解決に貢献できる研究者、技術者の養成をめざします。専門分野は[増殖生物学][環境生物学][応用生物化学]の3つ。学術論文や学会での発表などに表れる研究活動の活発さは、水産・海洋系私大ではトップクラスです。
  • 修士課程
  • 博士課程
海洋生命科学専攻【修士課程】

授業科目

主科目
○増殖生物学専門分野
水族増殖学特論、海洋分子生物学特論、水族生理学特論、水族病理学特論、水族育種生物学特論

○環境生物学専門分野
水圏生態学特論、沿岸生物学特論、環境微生物学特論、
※深海生物学特論   

○応用生物化学専門分野
食品化学特論、海洋生物化学特論、海洋生物資源化学特論、生体物質機能学特論、水族機能生物学特論
関連科目
○増殖生物学専門分野
海洋資源生物学特論、魚類内分泌学特論、水族機能生理学特論、水族免疫学特論、水族細胞遺伝子学特論

○環境生物学専門分野
水圏生態学特論、沿岸生物学特論、環境微生物学特論
※深海生物学特論、

○応用生物化学専門分野
海洋生物代謝化学特論、有毒有害生物特論、海洋生物資源応用化学特論、生体物質化学特論、水族機能性成分利用学特論
専門分野共通科目
○増殖生物学専門分野
増殖生物学特別講義

○環境生物学専門分野
環境生物学特別講義

○応用生物化学専門分野
応用生物化学特別講義
専攻共通科
海洋生命科学特別講義I、海洋生命科学特別講義II、海洋生命科学特別講義III、海洋生命科学特別講義IV

※は客員講座

募集専門分野

  • 増殖生物学
  • 環境生物学
  • 応用生物化学
専門分野研究内容
千葉 洋明(准教授)
吉永 龍起(准教授)
矢田 崇(客員教授)
  1. 魚類の養殖環境とストレス応答
  2. ウナギの性分化と配偶子形成機構
  3. シオミズツボワムシ個体数変動の調節機構
  4. 回遊魚の環境適応機構
  5. 魚類の免疫-内分泌相互作用
  6. 淡水-汽水域の包括的資源管理
高橋 明義(教授)
水澤 寛太(准教授)
安藤 忠(客員准教授)

魚類神経内分泌系の分子生物学的及び生理学的研究

  1. 光環境と食欲調節ホルモン
  2. 光環境と体色調節ホルモン
  3. 光環境と魚類の行動
  4. 魚類の視物質と進化・生態
天野 勝文(教授)
栗田 豊(客員教授)
  1. 魚類の性成熟に関する内分泌学的研究
  2. 魚類の摂食に関する内分泌学的研究
  3. 魚類におけるストレス系と摂食・生殖系との関連
  4. 魚類の生活史に関する資源生物学的研究
中村 修(准教授)
  1. 魚類体表の防御機構
  2. 魚類の免疫応答における遺伝子発現解析
  3. 胎生魚における母仔間免疫
奥村 誠一(教授)
  1. 魚介類の遺伝・育種学的研究
  2. 育種技術を導入した魚介類完全養殖技術の開発
  3. 水生生物の細胞遺伝学的研究
専門分野研究内容
朝日田 卓
(教授)
林﨑 健一
(准教授)
三宅 裕志
(准教)
  1. 遺伝学的手法による水生生物の系統分類の再検討
  2. 沿岸性魚類等の資源・生物学的研究
  3. 淡水域から沿岸域における生物生産と物質循環
  4. ダム等の人工構築物が水圏環境に与える影響の解明
  5. 水生生物の生態および個体群特性に関する研究
  6. 深海生物の生態及び飼育技術に関する研究
※加戸 隆介
(教 授)
難波 信由
(准教授)
  1. 蔓脚類幼生の形態と系統進化に関する研究
  2. 新規外来フジツボの生態および加入海域の環境に及ぼす影響の解明
  3. 付着動物幼生の回帰及び定着場所選択に関する研究
  4. 海藻類の組織培養
  5. 凍結保存を用いた有用藻類のカルチャーコレクションの作成
  6. 海藻類の群落維持機構の解明
山口 峰生
(教授)
小檜山 篤志
(准教授)
  1. 有毒有害微細藻の消長に関する生理・生態・分子生物学的研究
  2. 渦鞭毛藻の栄養摂取様式と環境応答に関する研究
  3. 有毒微細藻における毒成分の生産・代謝に関する研究
  4. 有害微細藻による魚介類斃死被害防止のための基礎研究
  5. 三陸沿岸における動物プランクトンの生態ならびに低次食物網に関する研究
<客員講座>
丸山 正
(客員教授)
吉田 尊雄
(客員准教授)
ドゥーグル・リンズィー
(客員准教授)
  1. 海洋生物に見られる微生物との共生関係(進化及び生理学的な相互作用)
  2. 海洋哺乳類の感染症と免疫学
  3. 深海生物と微生物の共生の進化と分子機構
  4. 超好熱菌の分子生物学
  5. 深海性浮遊生物、中・深層における種多様性
※平成29年3 月定年退職予定、後任は未定。
指導教員研究内容
菅野 信弘
(教授)
  1. 海洋生物におけるD-アミノ酸の生理機能と代謝機構に関する研究
  2. 海洋生物におけるオピン類の代謝と生理活性に関する研究
  3. 海藻硫酸化多糖の生合成機構と生物活性に関する研究
  4. 海洋生物資源の食品機能性に関する研究
  5. ゲノム情報を利用した魚類筋肉タンパク質の研究
  6. 未利用海洋生物資源の高度利用に関する研究
佐藤 繁
(教授)
鈴木 敏之
(客員教授)
  1. フグ毒テトロドトキシン、麻ひ性貝毒、記憶喪失性貝毒などの海洋生物毒の代謝機構
  2. 海洋生物毒の生成過程と生物学的意味の解明
  3. 海洋生物毒の簡易分析法の開発
神保 充
(准教授)
小林 敬典
(客員教授)
  1. 海洋生物由来の生理活性物質の構造と機能に関する研究
  2. 海洋生物レクチンの構造と生理機能に関する研究
  3. 海洋生物の高分子機能物質の有効利用に関する研究
  4. 海洋生物のゲノム機能に関する研究
  5. 海洋生物の石灰化に関する研究
小瀧 裕一
(准教授)
  1. 記憶喪失性貝毒等海産毒の自然界における動態に関する研究
  2. 海産毒生産微細藻の増殖と毒生産に及ぼす環境因子に関する研究
  3. 微細藻における海産毒生産の生理・生態学的役割に関する研究
  4. 海洋生物の天然ハロゲン化合物濃縮機構に関する研究
森山 俊介
(教授)
魚介類の成長と繁殖を統御するホルモンのメカニズム
  1. 成長ホルモン分子族の機能と分子進化
  2. 糖タンパク質ホルモン分子族の機能と分子進化
  3. インスリン分子族の機能と分子進化
  4. 卵黄形成機構の解明
海洋生命科学専攻【博士後期課程】

授業科目

主科目
○増殖生物学専門分野
水族増殖学特別講義、海洋分子生物学特別講義、水族生理学特別講義、水族病理学特別講義、水族育種生物学特別講義

○環境生物学専門分野
水圏生態学特別講義、沿岸生物学特別講義、環境微生物学特別講義、※深海生物学特別講義

○応用生物化学専門分野
食品化学特別講義、海洋生物化学特別講義、海洋生物資源化学特別講義、生体物質機能学特別講義、水族機能生物学特別講義

※は客員講座

募集専門分野

  • 増殖生物学
  • 環境生物学
  • 応用生物化学
指導教員研究内容
千葉 洋明
(准教授)
吉永 龍起
(准教授)
矢田 崇
(客員教授)
  1. 魚類の養殖環境とストレス応答
  2. ウナギの性分化と配偶子形成機構
  3. シオミズツボワムシ個体数変動の調節機構
  4. 回遊魚の環境適応機構
  5. 魚類の免疫-内分泌相互作用
  6. 淡水-汽水域の包括的資源管理
高橋 明義
(教授)
水澤 寛太
(准教授)
安藤 忠
(客員准教授)
魚類神経内分泌系の分子生物学的及び生理学的研究
  1. 光環境と食欲調節ホルモン
  2. 光環境と体色調節ホルモン
  3. 光環境と魚類の行動
  4. 魚類の視物質と進化・生態
天野 勝文
(教授)
栗田 豊
(客員教授)
  1. 魚類の性成熟に関する内分泌学的研究
  2. 魚類の摂食に関する内分泌学的研究
  3. 魚類におけるストレス系と摂食・生殖系との関連
中村 修
(准教授)
  1. 魚類体表の防御機構
  2. 魚類の免疫応答における遺伝子発現解析
  3. 胎生魚における母仔間免疫
奥村 誠一
(教授)
  1. 魚介類の遺伝・育種学的研究
  2. 育種技術を導入した魚介類完全養殖技術の開発
  3. 水生生物の細胞遺伝学的研究
指導教員研究内容
朝日田 卓
(教授)
林﨑 健一
(准教授)
三宅 裕志
(准教)
  1. 遺伝学的手法による水生生物の系統分類の再検討
  2. 沿岸性魚類等の資源・生物学的研究
  3. 淡水域から沿岸域における生物生産と物質循環
  4. ダム等の人工構築物が水圏環境に与える影響の解明
  5. 水生生物の生態および個体群特性に関する研究
  6. 深海生物の生態及び飼育技術に関する研究
※加戸 隆介
(教 授)
難波 信由
(准教授)
  1. 蔓脚類幼生の形態と系統進化に関する研究
  2. 新規外来フジツボの生態および加入海域の環境に及ぼす影響の解明
  3. 付着動物幼生の回帰及び定着場所選択に関する研究
  4. 海藻類の組織培養
  5. 凍結保存を用いた有用藻類のカルチャーコレクションの作成
  6. 海藻類の群落維持機構の解明
山口 峰生
(教授)
小檜山 篤志
(准教授)
  1. 有毒有害微細藻の消長に関する生理・生態・分子生物学的研究
  2. 渦鞭毛藻の栄養摂取様式と環境応答に関する研究
  3. 有毒微細藻における毒成分の生産・代謝に関する研究
  4. 有害微細藻による魚介類斃死被害防止のための基礎研究
  5. 三陸沿岸における動物プランクトンの生態ならびに低次食物網に関する研究
<客員講座>
丸山 正
(客員教授)
吉田 尊雄
(客員准教授)
ドゥーグル・リンズィー
(客員准教授)
  1. 海洋生物に見られる微生物との共生関係(進化及び生理学的な相互作用)
  2. 海洋哺乳類の感染症と免疫学
  3. 深海生物と微生物の共生の進化と分子機構
  4. 超好熱菌の分子生物学
  5. 深海性浮遊生物、中・深層における種多様性
※平成29年 3 月定年退職予定、後任は未定。
指導教員研究内容
菅野 信弘
(教授)
  1. 海洋生物におけるD-アミノ酸の生理機能と代謝機構に関する研究
  2. 海洋生物におけるオピン類の代謝と生理活性に関する研究
  3. 海藻硫酸化多糖の生合成機構と生物活性に関する研究
  4. 海洋生物資源の食品機能性に関する研究
  5. ゲノム情報を利用した魚類筋肉タンパク質の研究
  6. 未利用海洋生物資源の高度利用に関する研究
佐藤 繁
(教授)
鈴木 敏之
(客員教授)
  1. フグ毒テトロドトキシン、麻ひ性貝毒、記憶喪失性貝毒などの海洋生物毒の代謝機構
  2. 海洋生物毒の生成過程と生物学的意味の解明
  3. 海洋生物毒の簡易分析法の開発
神保 充
(准教授)
小林 敬典
(客員教授)
  1. 海洋生物由来の生理活性物質の構造と機能に関する研究
  2. 海洋生物レクチンの構造と生理機能に関する研究
  3. 海洋生物の高分子機能物質の有効利用に関する研究
  4. 海洋生物のゲノム機能に関する研究
  5. 海洋生物の石灰化に関する研究
森山 俊介
(教授)
魚介類の成長と繁殖を統御するホルモンのメカニズム
  1. 成長ホルモン分子族の機能と分子進化
  2. 糖タンパク質ホルモン分子族の機能と分子進化
  3. インスリン分子族の機能と分子進化
  4. 卵黄形成機構の解明