4病院連携による臨床教育・研究

学びの4本柱
4病院連携による臨床教育・研究

実習先はキャンパス内
4つの附属病院は、最先端医療実践の場でもある
医学部
医学部では、入学直後に行う「病院体験当直」をはじめとしたベッドサイド教育が充実。5年次の臨床実習では全診療科をローテーションでまわり、「患者さん中心の医療」を理解します。
看護学部
看護学部では、1年次から医療の最前線を体験する機会を設けています。3年次後期から4年次前期まで行われる領域別の病院実習では、各病棟をローテートし個別看護も実体験。学習した看護学の理論を実践します。
薬学部
薬学部では、1年次から医療現場体験や医師・薬剤師から指導を受ける演習が充実。4年次の「事前実習」では病院内のモデルファーマシーで実践形式の実習、5年次には4つの附属病院を中心に「病院実習」を行います。
医療衛生学部
3、4年次の臨床実習で専門職としての知識と技術を磨き、チーム医療への理解を深めます。また早期から医療関連技術者としての自覚を促すために、病院や関連部門の見学によって臨床現場に親しんだ教育も行っています。
医療系学部の病院実習は、学部と実習病院が同一キャンパスにあるというメリットを最大限に生かし、4つの大学付属病院を中心に実施。最先端の医療を学ぶことができます。

臨床教育1

臨床教育2