感染制御の教育・研究

学びの4本柱
感染制御の教育・研究

感染症の制圧をめざす!

感染症の脅威が世界的な規模で再燃するなか、私たちは、感染制御の基礎研究と教育から、ワクチン・抗感染症薬の「トランスレーションリサーチ(開発研究・臨床試験などの実学研究)」までを一貫して進める体制を確立しました。大学院感染制御科学府と北里生命科学研究所を中核とし、大学院各研究科を結合した「北里大学感染制御研究機構」のもとに、感染症の治療と予防にかかわる教育・研究を推進しています。

研究所1

研究所2

北里大学感染制御研究機構

2007年(平成19年)に、21世紀COEプログラム「天然素材による抗感染症薬の創製と基盤研究」の成果と研究組織を基に、大学院感染制御科学府と北里生命科学研究所を中核とし、これに大学院各研究科を連携させた感染症制圧のための全学横断型研究教育拠点「北里大学感染制御研究機構」を設置し、感染制御に関する教育研究を一元的に展開することができる新たな学内組織が誕生しました。

アカデミアと実学を掲げる機構は、国内関連学会をはじめ、ローベルト・コッホ研究所(独)、スクリプス研究所(米)やWHOなどの海外研究機関・大学・国際機関とのネットワークとも連携し、感染症制圧のための国際的な研究・教育拠点として社会に貢献します。