3つのキャンパス

学びの環境
3つのキャンパス

それぞれの学びに特化した環境で、生命科学を探究
最初の1年間は全学部の学生すべてが相模原キャンパスで学びます。他学部の学生との交流も活発。この経験は学びへの刺激となるとともに、チーム医療への意識と知識を育む貴重な成長の機会となるのでしょう。

医学部、海洋生命科学部、看護学部、医療衛生学部および理学部の学生は卒業まで相模原キャンパスで学びますが、薬学部は2年次から北里研究所ゆかりの地であり大学発祥の地・白金キャンパスに、獣医学部は2年次から付帯設備も充実し大自然の中でいのちの輝きを実感できる十和田キャンパスにそれぞれ分かれて専門分野を学びます。

併設校の保健衛生専門学院は豊かな自然とアクセスの良さが共存した新潟キャンパスで、看護専門学校は臨地実習の場である北里研究所メディカルセンター病院が隣接している北本キャンパス(埼玉県)で学びます。

それぞれの学びに特化した環境で、より深く生命の真理を探究していきます。

相模原キャンパスS号館

白金キャンパス薬学部1号館

十和田キャンパス

新潟キャンパス北里ガーデン

北本キャンパス看護専門学校

相模原キャンパス薬用植物園

十和田キャンパス小動物診療センター

相模原キャンパスアクアリウムラボ