KV

医療のミライを創りたいなら、
データサイエンスをチャージせよ。

2023.12.01

パソコンやスマートフォンなど情報機器の普及により、毎日たくさんのデータが生まれています。そんな世の中にあふれるデータから、新しい価値を生み出す学問がデータサイエンスです。データサイエンスはあらゆる分野における、未来の問題解決に役立つ“ドリームツール”。理系・文系を問わず必要不可欠な道具であり、あなたの夢を叶える大きな力になるはずです。

データサイエンスを使えば、人が見逃してしまう画像からも
瞬時にがんを見つけられるかもしれない。

image

医療現場のミライに。

病院にはレントゲンやCT画像など、大量の医療画像データが蓄積されています。医療分野では今、それらのビッグデータをAIに学習させる研究が進んでいます。近い将来、人の目では見つけられなかった「がん」などの病を、一瞬でAIが見つけられるようになるかもしれません。データサイエンスは、医療を次のステージへと飛躍させる夢の道具になりつつあります。

データサイエンスを使えば、
不治の病にも効く薬を創れるかもしれない。

image

創薬のミライに。

新しい薬を開発するには、多くの時間とお金が必要です。さらにその成功確率は約25,000分の1とも言われています。しかし、現在研究が進んでいるAI創薬では、成功確率を約2,500分の1にまで高めることに成功しました。さらに研究が進めば、今は治せない病にも効く薬が将来的に創れるようになるかもしれません。データサイエンスは、私たちを病気から守り、豊かな未来を実現する力を持っています。

データサイエンスを使えば、
どんな病気になりやすいか分かるようになるかもしれない。

image

ゲノム解析のミライに。

自分の「病気のかかりやすさ」や「薬の効きやすさ」がわかったらすごいことですよね。一人ひとりのゲノムが読める今、多くの人のゲノムデータを解読・解析することで、それは夢物語ではなくなります。特定の病気になりやすいと分かれば、定期的に検査を受けて病気を防ぐこともできますし、たとえ病気になっても、あなたの身体に合った薬や副作用の少ない薬での治療が可能になります。ゲノム解析が人間へ安心を届けてくれる未来はそう遠くないかもしれません。

データサイエンスを使えば、
感染症の流行を抑えられるかもしれない。

image

感染症のミライに。

世界に広がった新型コロナウイルス感染症。それをきっかけに、スマートフォンから得た位置情報のビッグデータなどを活用して、人の流れを可視化する研究が注目されるようになりました。さらに感染症の流行予測についても、AIを使うことで高い精度のシミュレーションが可能になりつつあります。将来新しい予測モデルが生まれ、感染拡大を防げるかもしれません。データサイエンスは多くの人命を救う夢の道具になることでしょう。

※内容は取材時のものです。

記事一覧に戻る