学位授与方針

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

学位授与方針は、各学部・大学院研究科において定める教育目標および教育課程に沿って必要な学習成果を修め、その証として、学士課程にあっては所定の単位を修得し卒業した者、大学院課程にあっては所定の単位を修得し学位論文(または特定の課題についての研究の成果)の審査および最終試験に合格し、当該課程を修了した者に対して、学位を授与することを方針とする。
  • 学部
  • 大学院

ディプロマ・ポリシー
薬学部

薬学部では、基礎と臨床を融合させた教育により、豊かな人間性とコミュニケーション能力を有し、問題発見・解決能力を身につけて、最先端の研究分野から医療現場まで幅広い領域で活躍できる人材を養成することを目的としており、そのための学位授与の方針は、①基礎または臨床薬学における高度な知識・技能を修得し、②豊かな人間性とコミュニケーション能力を身につけ、③高い問題発見・解決能力を持つこととします。
〔薬学科〕
薬学科では、豊かな人間性を有し、薬の専門家として医療の現場で活躍できる薬剤師の養成を目的としており、そのための学位授与の方針は、①薬学に関する高度な専門知識と洗練された技能を修得し、②医療人としての高い倫理観を有し、③チーム医療に資するためのコミュニケーション能力を身につけ、④医療現場における問題発見・解決能力を持つこととします。

〔生命創薬科学科〕
生命創薬科学科では、生命科学・創薬科学等の分野における研究者を始めとして、薬学の知識をもって社会の様々な分野で貢献できる人材の育成を目的としており、そのための学位授与の方針は、①最先端の研究を遂行するための基礎的な知識・技能を修得し、②問題発見・解決能力を身につけ、③科学的なコミュニケーション能力を有し、④科学的探究心を身につけることとします。

ディプロマ・ポリシー
獣医学部

獣医学部の学位授与方針は、獣医学、動物生命科学、生命環境科学分野における高度な専門的知識・技術を有し、それらを社会において応用できる力を持ちながら、豊かな人間性を基盤として高い見識と人格を有し、国際性に富み、問題解決能力を備えた科学者や技術者となる能力を持つこととします。
〔獣医学科〕
豊かな人間性を有し、獣医学・獣医療の専門職業人として高度の知識・技能と社会の要請に対応可能な問題解決能力を身に付けていることを重視します。そのための学位授与の方針は、生命科学を理解し、高い教養と倫理観を身に付け、動物の病気の診断・治療・予防、食品の安全性の確保と供給、医薬品の開発、野生動物の保全、人獣共通感染症の制圧など獣医学に対する社会の多様な要請に応えられる能力と意欲を持つこととします。

〔動物資源科学科〕
豊かな人間性を有し、人間社会のために資源動物を利用するための高度の知識・技能と社会の要請に対応可能な問題解決能力を身に付けていることを重視します。そのための学位授与の方針は、生命科学を理解し、高い教養と倫理観を身に付け、資源動物の活用、動物福祉への配慮、人と動物の関係や周辺環境の向上、動物性食品の安全性確保や機能性向上に関わる社会の多様な要請に応えられる能力と意欲を持つこととします。

〔生物環境科学科〕
豊かな人間性を有し、持続型社会を形成するための高度の知識・技能と社会の要請に対応可能な問題解決能力を身に付けていることを重視します。そのための学位授与の方針は、環境科学を理解し、高い教養と倫理観を身に付け、環境資源の維持と修復、生態系機能の解明と理解、及び環境保全に関わる社会の多様な要請に応えられる能力と意識を持つこととします。

ディプロマ・ポリシー
医学部

北里大学医学部では4つ基本理念(人間性豊かで優れた医師の養成、学際領域を含む医学研究の推進、国際貢献の推進と地域医療への協力、予防医学の推進)の通り、専門的知識や技術とともに豊かな人間性を持ち、地域や国際社会の様々な分野に貢献できる医師を養成します。そのために必要な以下の9領域からなるアウトカムを設定し、これを修得した者に対して学位【学士(医学)】を授与します。
【医学科】
  1. プロフェッショナリズムと倫理
    • 命に対する畏敬の念を持ち、それを尊重した行動をすることができる。
    • 法令を遵守し、高い規範意識をもって誠実に行動できる。
    • 正しい社会規範に基づいて行動できる。
    • 利益相反を十分に理解し、適切に行動できる。
    • 自己の知識、技能、行動を評価・管理し、責任を持つことができる。
    • 患者と家族に対し真心、誠意をもって接することができる。
    • チームメンバーへ思いやりある態度をもって接することができる。
    • 寛容な心を持ち、利他的精神をもって接することができる。
    • いかなる場面においても平常心を保つことができる。
    • 医療者として高い倫理観をもって行動できる。
    • 歴史・社会・文化についての正しい知識を持ち、良識ある社会人として行動することができる。
    • 何らかの失敗をすることがあっても、挫折することなく、その失敗を糧としてその後の医療者としての人生を切り開いていくことができる。
  2. コミュニケーション能力
    • 社会常識や良識に基づいてコミュニケーションできる。
    • 患者・家族やチームメンバーの言葉に誠実に耳を傾け、信頼関係を構築できる。
    • 自分の考えや状況を論理的にわかりやすく相手に伝えることができる。
    • 適切な手段で情報を発信できる。
    • 自身のコミュニケーションを振り返り、改善できる。
    • 人間関係を円滑にするための知識・技能を持ち、自分自身が果たすべき役割を理解した上で、集団の中で適切に行動することができる。
  3. 医学的知識と技術
    • 人体の構造・機能を理解し、説明できる。
    • 疾患の病態生理を理解し、説明できる。
    • 臨床推論に基づいて鑑別診断を行うことができる。
    • 疾患の発症機序を理解し、診療に応用できる。
    • 基本的な医療面接・身体診察ができる。
    • 社会医学の知識を持ち、診療に役立てることができる。
    • 診断に必要な診療及び検査を計画し、治療方針を考えることができる。
    • 診療録を正しく記載することができる。
    • 知識と技術を統合的に活用して診療することができる。
    • 科学的根拠に基づいた医療(Evidence Based Medicine)の重要性を説明できる。
    • 個々の患者に合わせた医療の重要性を説明できる。
    • 患者の語りに基づく医療(Narrative Based Medicine) の重要性を説明できる。
  4. 知的探究と自律的学習
    • 医学・医療の現状を理解し、問題点を抽出できる。
    • 社会に還元・貢献することを念頭に置いた研究ができる。
    • 高い研究倫理を持ち、法律やルールを遵守して研究に取り組むことができる。
    • 学術論文を正しく理解し、要点をまとめることができる。
    • 必要に応じた適切な研究方法を選択できる。
    • 真理を追究する姿勢をもち、本質を捉えて考察できる。
    • 自己学習・自己研鑽に努めることができる。
    • 生涯にわたり学習する必要性を理解し、方法を身につける。
    • 自己を省察し、学習を進めることができる。
    • 与えられた課題だけでなく、自ら課題を発見することができ、さらにそうした課題を解決するために努力することができる
    • 自然科学・健康科学についての正しい知識を持ち、物事を合理的に判断して行動することができる。
    • 言語的・数理的・情報技術的リテラシーについての正しい知識を持ち、様々な情報を正確に読み取り、それに基づいて適切に行動することができる。
  5. チーム医療
    • チーム医療を理解し、チームの一員として積極的に参加できる。
    • 患者・家族、関係する多職種、施設外のスタッフと情報を共有できる。
    • 他職種の職務内容を理解し、専門性を尊重してコミュニケーションできる。
    • リーダーシップ、フォロワーシップを理解して適切に行動できる。
  6. 医療の質と安全
    • 医療安全の基本的な概念を理解し、実践できる。
    • 安全で安心な医療を提供するように努めることができる。
    • 他者の意見と自分の意見の調和を図り、コンセンサスを形成できる。
    • 医療事故につながる危険を予見し、防止に努めることができる。
    • 適切な自己管理が医療の質と安全に寄与することを理解し、実践できる。
    • 個人情報を含む医療情報を適切に扱うことができる。
    • インフォームドコンセントの重要性を説明できる。
  7. 予防医学
    • 現代社会の疾病構造を説明できる。
    • 感染症を含む予防医学の重要性を理解し、実践できる。
    • 予防の視点から個々の疾病への対策を説明できる。
    • 予防医学の知見を活用し、患者や地域住民の生活習慣の改善に努めることができる。
    • 予防医学に関する最新の知識を修得し、社会へ情報提供することの重要性を説明できる。
  8. 地域医療
    • 我が国の社会情勢を踏まえて医療の現状を説明できる。
    • 地域の特性に基づいたプライマリケアを説明できる。
    • 関連する行政機関や様々な職種の役割を説明できる。
    • 地域住民の健康増進を目指し、積極的に活動できる。
    • かかりつけ医と専門医の役割を理解し、連携の意義を説明できる。
  9. 国際貢献
    • 異なる文化を理解し、尊重できる。
    • 英語などの他国語でコミュニケーションできる。
    • 医学・医療の問題を国際的視野で考察できる。
    • 国際的な医療協力に積極的に参加できる。
    • 異文化社会についての正しい知識を持ち、自分自身のそれとは異なる文化的背景を持つ他者に対しても敬意を持って接することができる。

ディプロマ・ポリシー
海洋生命科学部

【海洋生命科学科】
学部の学習・教育目標に基づき、以下の知識、技術、能力の獲得をもって学位を授与します。①多面的思考能力②自然科学の基礎知識・倫理③海洋生命科学分野の知識・技術④問題解決能力⑤実務能力⑥コミュニケーション能力⑦技術者倫理⑧継続的学習能力

ディプロマ・ポリシー
看護学部

【看護学科】
看護学部では、以下の能力を修得した者に学位を授与します。①豊かな人間性と幅広い教養に支えられたヒューマンケアを実践できる能力。②十分なコミュニケーション力に基づいた相互理解による援助的関係を築ける能力。③科学的思考を活用し、フィジカルアセスメントや科学的根拠に基づく看護実践ができる能力。④多様なケア環境における他職種との連携の中で看護専門職として看護の機能を発揮できる能力。⑤医療の進歩や社会の動向を踏まえ、看護実践能力向上のため研鑽し続けられる能力。

ディプロマ・ポリシー
理学部

多様な自然現象や生命現象を解明するための物理学、化学、生物科学の基礎知識と実験技術を修得し、現象に対する的確な判断力を身に付けていることを重視します。そのための学位授与の方針は、①自然科学の基本原理を理解し、これを基盤とした測定・解析技術を身に付け、②基礎知識と実験技術に基づき、自然現象・生命現象に対し正確な判断力を有し、③科学的な知識、思考、判断により社会が直面する問題に取り組む意欲、能力を持つこととします。

〔物理学科〕
多彩な自然現象や物質の性質を解明するための基礎力を持ち、これを活用できる能力を身に付けていることを重視します。そのための学位授与の方針は、①物理的な原理を理解し、これを基盤とした測定・解析・情報処理技術を身に付けていること、②近年、広がりを見せている物理的な方法論へのニーズに応え、物理的知識、測定・解析・情報処理技術を物理領域のみならず、様々な境界領域において活用し、フロンティアを切り拓いていく能力・意欲を持つこととします。

〔化学科〕
自然界の多様な物質の性質とその変化に関する基礎知識と、それを活用する能力を修得していることを重視します。そのための学位授与の方針は、①基本原理に基づく測定・解析能力を修得し、物質の構造、反応機構を究明できること、②基礎知識を用いた物質の設計、合成と機能評価ができる実践力を身に付けていること、③物質に対する広汎な知識、的確な判断力を基に、生命科学をはじめとする様々な分野で意欲的な立案、実行能力を持つこととします。

〔生物科学科〕
生物科学の様々な事象を解明するための基礎知識と研究技能、より高次の現象を解析する応用力を身に付けていることを重視します。そのための学位授与の方針は、①生物科学の基礎となる分子生物学・細胞生物学の知識・研究技法を学び、研究を遂行できること、②発生学や免疫学を学び、生命科学の広い分野に研究を展開できること、③社会が直面する問題の解明や技術革新に貢献しうる科学的思考能力と意欲を身につけていることとします。

ディプロマ・ポリシー
医療衛生学部

以下の能力を身に付けた者に学位を授与します。
①国家試験に合格できる十分な学力と、チーム医療の一員として患者の治療に貢献できる能力。
②予防医学と健康科学によって健康を支えるスタッフとしての能力。
③大学、企業、公共機関等においても研究開発、技術的知識の活用、後進の人材養成に指導的な役割を担える能力。

〔健康科学科〕
以下の能力を身に付けた者に学位を授与します。
①健康な人を対象に予防医学と健康科学を主体とした人の健康を支えるスタッフとしての能力。
②環境・食・労働・こころと健康の関係についての知識を深め、医療現場に捉われず、企業・行政等において、総合的なマネジメントができる能力。
〔医療検査学科〕
以下の知識と技術を修得した者に学位を授与します。
①幅広い教養と豊かな人間性及び確固たる倫理観を持った医療の担い手として社会の変化に対応できる基本的能力を持つ者。
②日々進歩を続けている医療検査に対応できるだけの広く深く体系的な知識と高度な技術を身に付けた者。
③チーム医療の一員として活躍できるように、他職種の役割を理解し、円滑なコミュニケーションやプレゼンテーションができる能力を持つ者。
④国家試験に余裕を持って合格できるだけの検査技術の知識と技術水準を持つ者。

〔医療工学科・臨床工学専攻〕
以下の能力を身に付けた者に学位を授与します。
①臨床工学技士国家試験合格に十分な学力と、チーム医療の一員として患者の治療等に貢献できる能力。
②大学、企業、公共機関等においても、研究開発、技術的知識の活用、後進の人材養成に指導的役割を担える能力。

〔医療工学科・診療放射線技術科学専攻〕
以下の能力を身に付けた者に学位を授与します。
①診療放射線技師に必要な高度で専門的な画像検査・放射線治療の知識と技術、発達し続ける医療に即応できる能力。
②チーム医療の一員として患者を中心とした良質の医療に貢献できる能力。
③大学・企業・公共機関において研究開発・技術的知識が活用できる能力。
④後進の人材養成に指導的役割を担える能力。

〔リハビリテーション学科・理学療法学専攻〕
以下の能力を身に付けた者に学位を授与します。
①医療と福祉の分野において、リハビリテーションの専門スタッフとして協力し、理学療法の知識と技術を科学的根拠に基づいて提供する能力。
②医療と福祉の現場のみならず、地域住民の健康増進ならびに疾病予防に貢献し、後進の人材養成に指導的役割を担える能力。

〔リハビリテーション学科・作業療法学専攻〕
以下の知識・技能・態度を有した者に学位を授与します。
①保健・医療・福祉分野における作業療法士の役割を理解し、作業療法に関する知識と技能を有する者。
②客観的に評価された結果を統合して解釈し、論理的な判断ができる者。
③社会の変化や科学の進歩に関心を持ち、自らを高める意欲を有する者。
④社会人としての礼節をわきまえ、対象者の人権を尊重することができる者。
⑤作業療法士としての責任感を有し、チーム医療の一員として多職種と有益なコミュニケーションをとることができる者。

〔リハビリテーション学科・言語聴覚療法学専攻〕
以下の態度・知識・技能を修得した者に学位を授与します。
①思いやりに富んだ幅広い人間理解ができる者。
②言語、聴覚、コミュニケーション、摂食・嚥下などに障害をもつ人たちが豊かで質の高い生活を送れるようにするため、障害について深い知識を持っている者。
③言語、聴覚、コミュニケーション、摂食・嚥下に関する訓練・指導を行うための専門性の高い技術を身に付けている者。
④医療のみならず保健福祉・教育においてもチームの一員として主体的に活動できる者。
⑤言語聴覚療法学に関する研究的視点を備えている者。

〔リハビリテーション学科・視覚機能療法学専攻〕
以下の知識と技術・能力を修得した者に学位を授与します。
①加齢に伴う視機能の低下や、さまざまな疾患が原因で生じる視力・視野障害などの視機能障害を適切に評価するための知識と技術。
②チーム医療の一員である視能訓練士として患者の治療に貢献できる能力。
③医療の現場に限らず、教育の現場で指導的役割を担える能力。
④予防医学・健康科学を主体とした人の健康を支えるスタッフとなり得る知識と技術。

ディプロマ・ポリシー
薬学研究科

薬学研究科は、医療科学・生命科学分野を担う人材を必要とする社会的要請に応えるため、高度な専門的知識・技能を備えた生命科学・創薬科学分野における研究者・技術者の育成、薬剤師の資格を持って臨床薬学教育・研究が遂行できる人材、ならびに専門薬剤師の育成を目的とします。そのための学位授与の方針は、①薬学関連分野の幅広い知識を修得すること、②専門領域における最先端の知識・技能を修得することとします。

〔薬学専攻〕≪博士課程≫
薬学専攻は、医療薬学分野における最新の専門的知識・技能・態度を備えた薬剤師で、医療現場から求められる問題の解決や医薬品の適正使用を中心に、先端的で高度な研究を企画・遂行できる研究者、さらに、高度な先端医療を担い教育指導できる人材の育成を目的としており、そのための学位授与の方針は、①薬学関連分野の幅広い知識を修得し、②問題発見能力と問題解決能力を身につけ、③国際的な視野を有して、④医療人としての強い責任感と高い倫理性から研究を見つめる能力を修得することとします。

〔薬科学専攻〕
≪修士課程≫
薬科学専攻修士課程では、専門的知識・技能を備えた生命科学・創薬科学分野における技術者および臨床データ解析ならびに医薬品開発に従事する専門家の育成を目的としており、そのための学位授与の方針は、①薬学関連分野の幅広い知識を修得し、②論理的な思考力と表現力を修得することとします。
≪博士後期課程≫
薬科学専攻博士後期課程では、高度な専門的知識・技能を備えた生命科学・創薬科学分野における研究者および教育者や臨床データの解析および臨床試験計画の立案を行う研究者、ならびに戦略的かつ国際的な医薬品開発に従事する高度な専門家の育成を目的としており、そのための学位授与の方針は、①専門領域における最先端の知識・技能を修得し、②国際的な視野を身につけ、③柔軟で論理的な思考力と表現力を修得することとします。

ディプロマ・ポリシー
獣医学系研究科

獣医学系研究科の学位授与方針は、獣医学とその周辺領域の高度な教育・研究を通じて、高度な専門知識と技術を修得し、豊かな人間性を身に付け、国際的に通用する研究者、高度専門職業人、高度な技術者、提言や技術提供できる指導者となる能力を持つこととします。

〔獣医学専攻〕≪博士課程≫
獣医学専攻の学位授与方針は、基礎獣医学、応用獣医学、あるいは臨床獣医学の研究課題を博士論文にまとめ、高度な知識と技術、深い学識と豊かな人間性を身に付け、問題に即応した課題解決を自ら具現化できる独創的で国際的に通用する研究者、高度専門職業人、あるいは指導者となる能力を持つこととします。

〔動物資源科学専攻〕
動物資源科学専攻の学位授与方針は、高度な専門知識と技術を修得し、豊かな人間性を備えていることとします。
≪修士課程≫
修士課程では、所定単位を修得し修士論文の審査・試験に合格し、専門知識・技術の修得状況や科学技術の担い手として貢献しうる能力を備えていることとします。
≪博士後期課程≫
博士後期課程においては、さらに深い学識・技術、問題解決提起能力、独創性、倫理観等を備えていることとします。

〔生物環境科学専攻〕≪修士課程≫
生物環境科学専攻の学位授与方針は、自然環境と動植物を含めた環境の保全・創造に関する高度な専門知識と技術を修得し、豊かな人間性と環境倫理の素養を備えていることとします。さらに所定単位を修得し修士論文の審査・試験に合格し、問題解決能力とデザイン能力、社会に貢献できる高度な技術者あるいは研究者となる能力を持つこととします。

ディプロマ・ポリシー
海洋生命科学研究科

【海洋生命科学専攻】
課程修了に値する以下の能力を修得したものに学位を授与します。
≪修士課程≫
国際的視野の下に海洋生物の生息環境を保全して生物資源を管理し、その持続的な利用を図るという社会の要求に対応できる専門技術者に必要な能力の獲得をもって学位を授与します。
≪博士後期課程≫
国際的視野の下に海洋生物の生息環境を保全して生物資源を管理し、その持続的な利用を図るという社会の要求に高度に対応できる独立した研究者に必要な能力の獲得をもって学位を授与します。

ディプロマ・ポリシー
看護学研究科

【看護学専攻】
課程修了に値する以下の能力を有している者に学位を授与します。
≪修士課程≫
  • 専門看護師を目指す者は、卓越した臨床看護実践能力、臨床のさまざまな課題を倫理的・理論的かつ研究的に解決する能力及び多職種と連携するために必要なチームにおける調整能力やコンサルテーション能力。
  • 教育・研究者を目指す者は、看護学の知識の体系化、ケアの開発やエビデンスの検証に関する研究を行なう基礎的能力。
≪博士後期課程≫
看護学の発展に寄与する研究活動を自立して行なえる能力。

ディプロマ・ポリシー
理学研究科

≪修士課程≫
修士課程では、多彩な自然現象、多様な物質の挙動、様々な生命現象を解明するための物理学、化学、生物科学の基礎知識と実験技術を修得し、活用する応用力を身に付けていることを重視します。そのため、以下の能力の修得を学位授与の方針とします。①自然科学の基本原理の理解、それを基盤とした測定・解析技術、②基礎知識と実験技術を駆使した、自然現象の正確な判断、新たな本質的原理を抽出する緻密な思考力、さらに展開する応用力、③研究成果を社会に向けて発表できる能力。
≪博士後期課程≫
博士後期課程では、多彩な自然現象、多様な物質の挙動、様々な生命現象を解明するための物理学、化学、生物科学の高度な知識と実験技術を修得し、活用、展開する応用力を身に付けていることを重視します。そのため、以下の能力の修得を学位授与の方針とします。①知識と実験技術を駆使した、自然現象の正確な判断、新たな本質的原理を抽出する緻密な思考力、さらに展開する応用力、②自立した研究計画の立案とその研究遂行能力、③国際的なコミュニケーション能力を有し、研究成果を英文論文として世界に発信できる能力。

〔分子科学専攻〕
≪修士課程≫
修士課程では、分子及び分子集合体の構造や性質を解析できる能力を持ち、様々な現象に物理的視点、化学的視点から取り組んでいくことができる力を身に付けていることを重視します。そのため、以下の能力の修得を学位授与の方針とします。①物理的、化学的原理に基づく計測技術力や解析力、②物質の機能評価と新規化合物の合成ができる基本的実験技術力、③研究成果を学会、研究会等を通じて社会に向けて発表できる能力。
≪博士後期課程≫
博士後期課程では、分子及び分子集合体の構造や性質を解析し、その設計に結び付けることのできる能力を持ち、自然現象、生命現象を物理的視点、化学的視点から解明していく力を身に付けていることを重視します。そのため、以下の能力の修得を学位授与の方針とします。①様々な自然現象、生命現象を解明していくために必要な計測技術と解析方法を開発・改良し、これを用いて本質的原理を導き出す事のできる力、②機能性化合物の設計、合成法の開発・改良ができる能力、③国際的なコミュニケーション能力を持ち、研究成果を英文論文として国内外の学会に発表できる能力。

〔生物科学専攻〕
≪修士課程≫
修士課程では、生命科学における様々な事象を解析して、その基盤の分子メカニズムを解明し、成果を社会に向けて発信できる能力を身に付けていることを重視します。そのため、以下の能力の修得を学位授与の方針とします。①幅広い生命科学現象を解析する研究に必要な基本的実験技術、②ひとつの事象から本質的原理を抽出できる能力、③研究成果を学会、研究会等を通じて社会に向けて発表できる能力。
≪博士後期課程≫
博士後期課程では、生命科学における様々な事象を解析して、その基盤の分子メカニズムを解明し、さらに大きな研究へと発展させていくとともに、その成果を国際的に発表できる能力を身に付けていることを重視します。そのため、以下の能力の修得を学位授与の方針とします。①幅広い生命現象を解析する高度な研究技能、②ひとつの事象から本質的原理を抽出できる能力、③研究計画の立案、自立した研究遂行能力、④国際的なコミュニケーション能力を有し、研究成果を英文論文として世界に発信できる能力。

ディプロマ・ポリシー
医療系研究科

医療系研究科では、①専門領域に関する全般的な知識と研究動向の把握、②必要な研究手法の習得、③医学・医科学研究や医療技術の専門家・リーダーとして高い倫理観とコミュニケーション能力を持つこと、④チームの中で研究や臨床を進める能力を持つこと、⑤適正な研究手法により得られたデータに基づいて研究論文を論理的に作成する能力を持つことを、学位授与の条件としています。

〔医科学専攻〕≪修士課程≫
医科学専攻では、①専門領域の基本的な知識を持ち、その領域の研究動向を把握していること、②必要な研究手法を身につけていること、③医科学研究や医療技術の専門家としての倫理観やコミュニケーション能力を身につけていること、④研究チームの一員として自分の研究課題について研究を立案・遂行する能力があること、⑤データに基づいて論理的な学術論文を作成したこと、という5つの条件を満たした者に、修士の学位を授与します。

〔医学専攻〕≪博士課程≫
医学専攻では、①専門領域の全般的な知識と最新の国際的研究動向を把握していること、②先端の研究手法を身につけていること、③医学研究や医療分野のリーダーとして求められる高い見識と倫理観とコミュニケーション能力を身につけていること、④研究チームのリーダーとして医学研究を立案遂行できること、⑤国際的なレベルの学術論文を作成し出版したこと、という5つの条件を満たした者に、博士の学位を授与します。

ディプロマ・ポリシー
感染制御科学府

【感染制御科学専攻】
感染症と関連重要疾病の制御及び創薬に関する教育研究、特に予防と治療法に焦点をあてた学術研究を推進し、生命科学分野における社会の要請に資する専門家の育成を組織的に行っています。そのため①学術研究に励み、独創的で実践的な研究に成果を挙げ、②社会の変化にも対応できる高度専門知識と卓越した技能・技術及び応用力を身につけ、③他の専門領域の研究者とも研究交流できる豊かな人間性を有した者に、学位を授与する方針とします。
≪修士課程≫
豊かな人間性を有し、感染症と関連重要疾病の制御及び創薬に関する学術研究を理解すると共に、幅広い専門知識と技能及び応用力を身につけていることを重視します。
そのための学位授与方針は、国際的視野で物事を考え、社会の要請に対応できる能力を持つこととします。
≪博士後期課程≫
豊かな人間性を有し、感染症と関連重要疾病の制御及び創薬に関する学術研究を推進すると共に、幅広い高度専門知識と卓越した技能及び応用力を身につけていることを重視します。
そのための学位授与方針は、独創的な研究展開を行うと共に、他の領域の研究者とも交流し、国際的視野で物事を考え、国際社会の要請に対応できる能力を持つこととします。