予防接種・感染症について

予防接種・感染症について

  • 予防接種について
  • 感染症について

相模原キャンパスでの予防接種について

北里大学では学生生活の中で感染症の拡大を防ぐために、健康診断の際、新入生全員に麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎の4種感染症の抗体検査を実施しています。抗体検査の結果、抗体価が低く(免疫が不十分であり)当該感染症にかかるおそれのある学生にはワクチン接種を推奨しております。また、病院実習のある学部に対してはB型肝炎ワクチンやインフルエンザワクチン接種を実施しています。
※相模原キャンパスから各キャンパスで移動した後の予防接種については、各キャンパスの保健室に確認してください。

予防接種対象学部

予防接種

学部学年4種感染症
(麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ))
B型肝炎
医療衛生学部(HSのみ)・薬学部・理学部・獣医学部・海洋生命科学部・大学院 1年 
医学部 1年
2年
3年
4年~6年
看護学部 1年
2年~4年
医療衛生学部
(HSを除く)
1年 
2年
3・4年
○:4月の抗体検査で基準に満たない学生
△:前年度ワクチン接種をしたが抗体を獲得できなかった学生(在学中2回まで接種)

予防接種対象となる抗体価

項目麻疹風疹流行性耳下腺炎
(ムンプス)
水痘B型肝炎
検査方法 EIA法 EIA法 EIA法 EIA法 CLIA法
医療系(医学部・看護学部・医療衛生学部(HSを除く)・医療系大学院)<16.0<8.0<4.0<4.0<10.0
上記以外(医療衛生学部(HSのみ)・理学部・薬学部・獣医学部・海洋生命科学部・医療系以外の大学院)<8.0<4.0<4.0<4.0
*薬学部は相模原キャンパスでは病院実習が無いため、医療系学部には含まれません。

予防接種年間スケジュール

2018年度 相模原キャンパス健康管理センター年間スケジュール(133KB)

*上記予定の中で、学部・学科・専攻で日付が指定されます。また、カリキュラム上日程変更がある場合もあります。各自掲示板でご確認ください。体調不調などの場合は事前にご相談下さい。(事後報告は対応出来ません。)

ワクチンについて

ワクチン

生ワクチン
生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたものを接種することによって、その病気にかかった場合と同じように抵抗力[免疫]をつけようとするものです。生ワクチン接種後に次のワクチン接種を受ける必要がある場合は、最低4週間あける必要があります。

麻しんワクチン・風しんワクチン・流行性耳下腺炎(おたふくかぜまたはムンプス)ワクチン・水痘ワクチンなど
不活化ワクチン
細菌やウイルスを殺して毒性をなくし、抵抗力[免疫]をつけるのに必要な成分を取り出してワクチン化したものです。不活化ワクチン接種後に次のワクチン接種を受ける必要がある場合は、最低1週間あける必要があります。

B型肝炎ワクチン・インフルエンザワクチン・破傷風ワクチン・子宮頸がんワクチンなど

B型肝炎ワクチンについて

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス保有者の血液や体液を介して感染して起きる肝臓の病気です。通常、成人が感染した場合、約30~50%の方は急性肝炎を発症し、そのうち1%弱が劇症肝炎になるといわれています。また、急性肝炎の1%程度は慢性肝炎に移行するとされています。不特定多数の血液や体液に接する機会が多い医療従事者などが感染を受けやすい病気であるため、ワクチン接種を受けて抗体を獲得しておくことが推奨されています。

B型肝炎の予防接種は、3回の接種(1回目、1ヶ月後、6ヶ月後)が必要です。
抗体獲得のためには、接種間隔が大変重要です。体調不良で予防接種が受けられない場合を除いては、上記の間隔で予防接種を行ってください。体調不良で予防接種が受けられない場合は、事前に保健室にご相談ください。体調が回復したら速やかに接種できるよう調整してください。

B型肝炎ワクチンを3回接種した後、翌年の健康診断で抗体検査を行い、抗体が獲得できなかった場合には、再度B型肝炎ワクチンを3回接種します。

B型肝炎ワクチンの接種間隔

インフルエンザワクチンについて

相模原キャンパス健康管理センターでは、病院内の感染予防を目的とし、病院実習中の学生のみにインフルエンザの予防接種を行っています。
対象者には各学部から通知がありますので、掲示等を確認し、受けるようにしてください。
 
上記以外の学生でインフルエンザの予防接種をご希望の方は、かかりつけ医での接種をお勧めします。医療機関が分からないときは、大学近隣の医療機関の情報を提供しますので、保健室にご相談ください。なお、北里大学病院では当学学生のインフルエンザ予防接種は実施しておりませんのでご注意ください。

感染症が疑われる症状がある時について

感染症が疑われる症状がある場合は、医療機関の受診を推奨します。罹患した感染症によっては、登校停止となることもあります。また、病院や保育園の実習などにおいては、医師や校医の判断あるいは実習先の施設の就業制限規則に準じて、実習停止や活動制限を指示する場合があります。 (下表「登校停止が必要な主な感染症とその期間」参照)
みなさんが心身ともに健康的な学生生活を送ることができるよう、また、傷病によって教育的不利益が生じないよう、以下の案内に沿った行動をお願いします。

1.大学へ連絡の上、医療機関を受診しましょう

  • 互いの感染予防のため咳エチケット・手指の消毒などを行ってください。
  • 受診したらよいのか分からない時や受診方法が分からない時、療養中の留意点などは、保健室へご相談ください。
  • 出欠席の手続き(診断書が必要な場合もあります)、出席できない授業や実習・試験などに関する事については、各学部事務室へご連絡・お問い合わせください。

2.受診の結果をご報告ください

  • インフルエンザと診断された場合は、各学部事務室へ報告の上、案内を受けてください。
  • インフルエンザ以外の診断を受けた場合は、保健室までご報告ください。

3.登校停止となった場合は、病状などの記録をお願いします

保健室と登校再開の相談するために以下の内容を回答できるようお控えください。
発症日、受診・診断日、治療・症状の経過、再診の内容など。(特に症状の改善・治癒を確認した日時は、登校再開の目安になります。)

4.欠席中・登校停止中の療養生活について

医療機関の指示に従って治療を受けてください。自宅療養では、不要不急の外出は控え、安静にして十分に休養しましょう。しっかり水分補給をし、消化の良い食事をとりましょう。

5.登校再開の確認方法

保健室への報告日が閉室中にあたる場合は、繰り上げてご連絡ください。
  • インフルエンザのため登校停止となった場合
    発症した後5日目に保健室へご連絡ください。
    (下表「インフルエンザにおける登校停止期間と登校再開の目安」参照)
  • 感染性胃腸炎のため登校停止となった場合
    症状がなくなって48時間後に保健室へご連絡ください。
  • その他の感染症のため登校停止となった場合
    事前の指示に従って保健室へご連絡ください。
  • 登校停止ではない欠席の場合
    保健室への報告は不要ですが、体調など不安なことがあればご相談ください。

6.登校再開後は、速やかに諸手続きをお願いします

  • 登校停止の場合
    事前の指示に従って保健室ならびに各学部事務室にて手続きをお願いします。
    (相模原キャンパスおよび白金キャンパスの学生がインフルエンザならびに感染性胃腸炎のため登校停止となっていた場合は、登校したらまず保健室にて治癒証明書をお受け取りください。その後、各学部事務室での手続きをお願いします。)
  • 登校停止ではない欠席の場合
    欠席した授業などについては、各学部事務室にて手続きをお願いします。
    体調など不安なことがあれば保健室へご相談ください。

登校停止が必要な主な感染症とその期間

疾患名感染経路登校停止期間の基準診断書等取扱い
インフルエンザ飛沫発症した後(発熱の翌日を1日目として)5日間かつ、解熱後2日間を経過するまで⋆(⋆発熱が続く場合は、更に延長する)相模原および白金キャンパスは保健室で治癒証明書を交付
※37.5℃以上の発熱・関節痛等のインフルエンザ様症状がある場合は、感染拡大防止のため大学に登校しないで所属するキャンパスの保健室へ連絡を行い、必ず近隣の医療機関を受診すること(学内でインフルエンザ様症状が出た場合も同様)。自宅療養の指示を受けた場合は、教育的不利益が生じないように配慮しますが、事前に連絡がない場合は配慮できない場合がありますので注意してください。学内掲示を参考にしてください。
ノロウィルス腸炎
(疑いを含む)
接触・飛沫・空気症状消失後48時間後まで相模原および白金キャンパスは保健室で治癒証明書を交付(体調不良時、保健室に要連絡)
感染性胃腸炎
(疑いを含む)
接触症状消失後48時間後まで
麻疹(はしか)空気・飛沫解熱後3日を経過するまで講義・実習等の欠席届の申請書は所属学部事務室にて行う。
診断書提出の有無は所属学部事務室に確認する。
水痘(帯状疱疹は下記参照*2)空気・飛沫・接触全ての発疹が痂疲(かさぶた)化するまで
風疹飛沫・接触発疹が消失するまで
流行性耳下腺炎
(おたふく)
飛沫・接触耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が出現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
流行性角結膜炎接触眼瞼結膜の発赤消失まで
(眼科医を受診し了解を得たうえで登校可能とする)
帯状疱疹 *2)接触発疹が消失するまで感染力あり。病変部を適切に被覆すれば登校は可能となる場合もあるが、医師の指示を確認する。但し、病院・保育園実習等の場合は実習不可の場合もあり。
百日咳飛沫・接触特有の咳が消失するまで、または、5日間の適正な抗菌薬療法が終了するまで
髄膜炎菌性髄膜炎飛沫・接触症状により医師等において感染の恐れがないと認めるまで
結核空気・飛沫症状により医師等において感染の恐れがないと認めるまで
上記に記載のない感染症については、保健室までお問い合わせください。

インフルエンザにおける登校停止期間と登校再開の目安ついて

インフルエンザ発熱期間と出席開始日の目安2016