奨学金・特待生・教育ローン

奨学金・特待生・教育ローン

北里大学は奨学金制度でみなさんをサポートします。
TOPICS
  • 北里大学給付奨学金制度(給付総額3000万円/年)
  • 北里大学貸与奨学金制度(貸与総額5000万円/年)
  • 北里大学PPA給付奨学金制度(給付総額600万円/年)
  • 北里大学PPA貸与奨学金制度(貸与総額480万円/年)
  • 東日本大震災及び長野県北部地震により被災された在学生・入学予定者/福島原子力発電所事故により避難を余儀なくされている在学生の皆さんへの経済的支援を行っています。

奨学金制度

1.北里大学学生表彰による奨学金(北島賞)
学祖北里柴三郎博士の高弟、北島多一博士の偉業にちなみ制定されたもので、前年度の学業成績並びに人物が優秀な者(原則として各学年、各学科2名程度)に奨学金10万円を給付します。
2.北里大学給付奨学金〔対象:学部生・大学院生・併設校在籍者〕
対      象2年次生以上
人      数 25名程度
給付金額原則として一人当たり年額学費1/2相当額
※ただし、医学部生は原則として一人当たり年額学費1/3相当額
給付方法採用決定の翌月に一括振込
出願資格
  1. 主たる家計支持者の失職、死亡、災害等による家計状況の急変、またはその他経済的理由により学費支弁等に支障を生じた者
  2. 強い勉学意欲をもち、人物優秀で成業の見込みのある者
  3. 原則として学業成績が各学科及び各専攻単位の上位3分の1以内の者
  4. 原則として日本学生支援機構奨学金の貸与を受けている者
  5. 当該年度の北里大学の他の給付奨学生(北里大学学生表彰に定めるものを除く)、学費全額免除の特別待遇奨学生(特待生)は出願不可
募集期間原則として年1回(4月)
給付期間原則として採用年度1ヵ年以内 ※次年度以降も申請可
3.北里大学貸与奨学金〔対象:学部生・大学院生・併設校在籍者〕
  • 第一種
  • 第二種
  • 第三種
対      象学年を問いません
人      数年間10名程度
貸与金額月額5万円、年額60万円以内
貸与方法採用決定の翌月から毎月1回振込 ※次年度以降も申請可
出願資格
  1. 主たる家計支持者の失職、死亡または災害による家計急変その他経済的理由により学費の支弁等に支障を生じた者
  2. 家計の収入が、日本学生支援機構が実施する第二種奨学金の対象となる家計基準(※)を超えないこと。
    ※目安は、4人世帯の場合、年収1,214万円程度(給与所得)もしくは782万円程度(給与所得以外)とする。
    【「日本学生支援機構」平成28年度家計基準(第二種・私立大・自宅外)による】
  3. 当該年度の北里大学の学費全額免除の特別待遇奨学生(特待生)は出願不可
募集期間原則として年2回(4月・9月)
貸与期間採用年度1ヵ年以内
返還方法卒業1年後から月賦または年賦により最長15年以内に返還(無利息)
対      象2年次生以上
人      数年間20名程度
貸与金額学費1/2相当額
貸与方法採用決定の翌月に一括振込
出願資格
  1. 主たる家計支持者の失職、死亡または災害による家計急変その他経済的理由により学費の支弁等に支障を生じた者
  2. 家計の収入が、日本学生支援機構が実施する第二種奨学金の対象となる家計基準(※)を超えないこと。
    ※目安は、4人世帯の場合、年収1,214万円程度(給与所得)もしくは782万円程度(給与所得以外)とする。
    【「日本学生支援機構」平成28年度家計基準(第二種・私立大・自宅外)による】
  3. 当該年度の北里大学の学費全額免除の特別待遇奨学生(特待生)は出願不可
募集期間原則として年2回(4月・9月)
貸与期間採用年度1ヵ年以内
返還方法卒業1年後から月賦または年賦により最長15年以内に返還(無利息)
対      象4年制学科は3・4年次生
6年制学科は5・6年次生
人      数年間若干名
貸与金額学費相当額
貸与方法採用決定の翌月に一括振込
出願資格
  1. 主たる家計支持者の失職、死亡または災害による家計急変その他経済的理由により学費の支弁等に支障を生じた者
  2. 家計の収入が、日本学生支援機構が実施する第二種奨学金の対象となる家計基準(※)を超えないこと。
    ※目安は、4人世帯の場合、年収1,214万円程度(給与所得)もしくは782万円程度(給与所得以外)とする。
    【「日本学生支援機構」平成28年度家計基準(第二種・私立大・自宅外)による】
  3. 当該年度の北里大学の学費全額免除の特別待遇奨学生(特待生)は出願不可
募集期間原則として年2回(4月・9月)
貸与期間採用年度1ヵ年以内
返還方法卒業1年後から月賦または年賦により最長15年以内に返還(無利息)
4.北里大学PPA給付奨学金制度 〔対象:学部生〕
対      象2年次生以上
人      数年間6名程度
給付金額原則として一人当たり年額学費1/2相当額
※ただし、医学部生は原則として一人当たり年額学費1/3相当額
給付方法採用決定の翌月に一括振込
出願資格
  1. 主たる家計支持者の失職、死亡、災害等による家計状況の急変、またはその他経済的理由により学費支弁等に支障を生じた者
  2. 強い勉学意欲をもち、人物優秀で成業の見込みのある者
  3. 原則として学業成績が各学科及び各専攻単位の上位3分の1以内の者
  4. 原則として日本学生支援機構奨学金の貸与を受けている者
  5. 当該年度の北里大学の他の給付奨学生(北里大学学生表彰規程に定めるものを除く)、学費全額免除の特別待遇奨学生(特待生)は出願不可
募集期間原則として年1回(4月)
給付期間原則として採用年度1ヵ年以内
5.北里大学PPA貸与奨学金制度〔対象:学部生〕
対      象学年を問いません
人      数年間8名以内
貸与金額年額60万円
貸与方法採用決定の翌月に一括振込
出願資格
  1. 学費の支弁が困難と認められる者
  2. 勉学の意欲を持ち、人物が優秀で将来成業の見込みのある者
  3. 原則として北里大学奨学金との重複貸与不可
  4. 家計の収入が、日本学生支援機構が実施する第二種奨学金の対象となる家計基準(※)を超えないこと
    ※目安は、4人世帯の場合、年収1,214万円程度(給与所得)もしくは782万円程度(給与所得以外)とする
    【「日本学生支援機構」平成28年度家計基準(第二種・私立大・自宅外)による】
募集期間原則として年2回(4月・9月)
貸与期間採用年度1ヵ年以内
返還方法卒業1年後から年賦により最長10年以内に返還(無利息)
6.相模原市地域医療医師修学資金貸付制度〔医学部一般入試(相模原市修学資金枠)〕
対      象医学部1年次生(一般入試受験者)*出願時に選択
人      数2名
貸与金額入学金、授業料、施設設備費、教育充実費(1年次~6年次の合計:3,890万円)
出願資格在学期間中、貸付制度を継続して活用し、将来、相模原市の総合診療医または総合内科医として医師の業務に従事しようとする意思があり、また同種修学資金や奨学金等の貸付を受けていない者
募集期間一般入試の出願時「相模原市修学資金枠」を選択してください(別途、相模原市への出願書類の提出が必要)。
相模原市への応募期間:2019年12月17日(火)~ 2020年1月20日(月)必着
相模原市への出願種類についてはこちら
貸与期間6年(留年・休学した場合は貸与休止、退学した場合には貸与額全額に利息を付けて返還)
返還免除要件次の条件を全て満たせば、返還が免除されます
  1. 大学卒業年度に実施される医師国家試験に合格すること(不合格の場合は大学卒業後2年以内に医師国家試験に合格すること)
  2. 医師国家試験合格後、直ちに相模原市長が指定する医療機関にて臨床研修を開始すること
  3. 臨床研修終了後、引き続き、相模原市長が指定する医療機関にて、総合診療医又は総合内科医として7年間(臨床研修の2年間を合わせ計9年間)従事すること
選考方法医学部一般入試の相模原市修学資金枠に合格すること
※必要提出書類など、詳細は相模原市地域医療課医療政策担当(TEL:042-769-9230)にお問い合わせください。
7.山梨県医師修学資金制度〔医学部山梨県地域枠入試〕
対      象医学部1年次生(地域枠指定校推薦入試入学者、地域枠一般入試入学者※)
人      数2名
貸与金額月額13万円
出願資格地域枠一般入試の場合は、次のいずれかに該当する者
  1. 山梨県内の高等学校(中等教育学校、特別支援学校の後期課程を含む。)を卒業、あるいは卒業見込みの者
  2. 保護者が山梨県内に居住している者で、山梨県外の高等学校(中等教育学校、特別支援学校の後期課程を含む。)を卒業、あるいは卒業見込みの者(該当者は住民票の提出が必要)
地域枠指定校推薦入試の場合は、対象校にお知らせします。
募集期間山梨県地域枠入試に出願してください。
貸与期間6年(留年した場合は貸与休止、退学した場合は貸与額全額を返還)
返還免除要件医師免許取得後、15年間の間に9年間知事が指定する山梨県内の特定公立病院等に勤務すること
選考方法山梨県地域枠入試に合格すること
その他山梨県が作成したキャリア形成プログラムに基づき診療に従事する意思を有する者のうちから選抜する。
※地域枠指定校推薦入試で定員2名を充足した場合、地域枠一般入試は行いません。
※詳細は、山梨県福祉保健部医務課医療企画担当(TEL:055-223-1480)にお問い合わせください。
8.神奈川県地域医療医師修学資金制度〔医学部神奈川県地域枠入試〕
対      象医学部1年次生(地域枠指定校推薦入試入学者、地域枠一般入試入学者※)
人      数5名
貸与金額月額10万円
出願資格地域枠一般入試の場合は、次のいずれかに該当する者
  1. 大学に入学する時点において、神奈川県内に1年以上居住したことのある者
  2. 神奈川県内の高等学校又は中等教育学校を卒業あるいは卒業見込みの者
地域枠指定校推薦入試の場合は、対象校にお知らせします。
募集期間神奈川県地域枠入試に出願してください。
貸与期間6年
返還免除要件大学卒業後、神奈川県内の臨床研修病院で初期臨床研修を受け、特定期間(初期臨床研修を含む9年間)以上、指定医療機関(県内の医療機関のうち、神奈川県知事が指定する病院又は診療所)の指定診療科(地域医療関連診療科※のうち、初期臨床研修修了までに神奈川県知事が指定する診療科)の業務に継続して従事すること。
※地域医療関連診療科…産科(産婦人科)、小児科、麻酔科、外科、内科、救急科及び総合診療科
*返還免除に該当しなくなった場合は、原則1 か月以内に貸付けを受けた修学資金に利息(年10%)を付した額を返還すること。
選考方法神奈川県地域枠入試に合格すること
その他神奈川県地域医療医師修学資金貸付条例に基づき地域医療に従事する明確な意思を持った者を選抜する。
この制度により入学する場合、自身が選択する「キャリア形成プログラム」に従って、初期臨床研修を含む神奈川県内での9年間の従事義務があります。
神奈川県のキャリア形成プログラム及び神奈川県地域医療医師修学資金制度の詳細は、「神奈川県公式ホームページ」を参照してください。
※地域枠指定校推薦入試で定員5名を充足した場合、地域枠一般入試は行いません。
※詳細は、神奈川県健康医療局保健医療部医療課人材確保グループ(TEL:045-210-4877)にお問い合わせください。
9.茨城県地域医療医師修学資金貸与制度〔医学部茨城県地域枠入試〕
対      象医学部1年次生(地域枠指定校推薦入試入学者、地域枠一般入試入学者※)
人      数2名
貸与金額月額25万円
出願資格地域枠一般入試の場合は、次のいずれかに該当する者
  1. 茨城県内の高等学校等を卒業あるいは卒業見込みの者
  2. 茨城県内に居住する者の子(1年以上居住している者とする。基準日は茨城県地域枠入試の出願受付期間の最終日とする。)
地域枠指定校推薦入試の場合は、対象校にお知らせします。
募集期間茨城県地域枠入試に出願してください。
貸与期間6年(休学及び停学となった場合は貸与停止、退学した場合は貸与額全額を返還)
返還免除要件大学卒業後、1年6ヶ月以内に医師免許を取得した後、直ちに茨城県知事の指定する医療機関で9年間(臨床研修期間を含む)を医師として業務に従事したとき
選考方法茨城県地域枠入試に合格すること
その他
  • 本学に出願する前に、茨城県に修学資金貸与制度の出願書類を提出し、茨城県が行う面接を受けること。
    ※地域枠指定校推薦入試…出願期間:2019年9月2日(月)~9月30日(月)必着
    ※地域枠一般入試につきましては、決まり次第お知らせします。
  • 茨城県が作成したキャリア形成プログラムに基づき診療に従事する意思を有する者のうちから選抜する。
※地域枠指定校推薦入試で定員2名を充足した場合、地域枠一般入試は行いません。
※詳細は、茨城県地域医療支援センターのホームページをご確認ください。(https://ibaraki-dl.jp/
茨城県保健福祉部医療人材課医師確保グループ(TEL:029-301-3191)
10.獣医師職員養成修学資金制度
対      象獣医学部獣医学科1年次生(地域枠特別選抜入学試験合格者)
人      数各県1名
貸与金額
(1)高等学校3年次:131万5千円(大学の入学手続時に納入する前期分の費用)
(2)獣医学生時:県により異なる
出願資格
募集期間
本学出願受付前に、各県での選考があります。詳細については、各県のホームページをご参照ください。
貸与期間6年間
返還免除要件各県の返還免除要件をご参照ください。
選考方法各県の課す選考試験に合格し、獣医学部地域枠特別選抜入学試験(書類審査及び面接)に合格すること。
〔青森県〕
https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/nourin/chikusan/vetsyuugakusikinn.html
問い合わせ先:青森県農林水産部畜産課 衛生・安全グループ(TEL: 017-734-9498)
〔岩手県〕
https://www.pref.iwate.jp/sangyoukoyou/nougyou/chikusangijutsu/1007752/1007754.html
問い合わせ先:岩手県農林水産部 畜産課 振興・衛生担当(TEL: 019-629-5721)
〔秋田県〕
https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/33970
問い合わせ先:秋田県農林水産部 畜産振興課 家畜衛生班(TEL: 018-860-1808)
〔山形県〕
https://www.pref.yamagata.jp/ou/norinsuisan/140028/juuishikakuho/syugakukokoR1.pdf
問い合わせ先:山形県農林水産部 畜産振興課 衛生担当(TEL: 023-630-3350)
〔高知県〕
https://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/160901/2019070200171.html
問い合わせ先:高知県農業振興部 畜産振興課
〔島根県〕
https://www.pref.shimane.lg.jp/industry/norin/seisan/dobutu/juuishi/vet_shuugaku.html
問い合わせ先:島根県農林水産部 畜産課家畜衛生グループ(TEL: 0852-22-5137)
〔長崎県〕
https://www.pref.nagasaki.jp/tikusan/funds/index.html
問い合わせ先:長崎県農林部畜産課(TEL: 095-824-1111)
〔大分県〕
https://www.pref.oita.jp/soshiki/15450/oita-jyuishi.html
問い合わせ先:大分県農林水産部畜産振興課
11.北里大学薬友会給付奨学金〔薬学部〕

薬友会給付奨学金〔薬学部〕の概要

薬学部に在籍する学生が、家計状況の急変又は経済的理由等により学費の支弁に支障を来たし、学業の継続が困難と認められるときに、学費の一部に充てるために給付します。
対      象薬学部2年次生以上
人      数原則10名以内
給付金額年額10万円
給付方法採用決定後一括振込
出願資格次の1~4のすべてを満たす学生
  1. 家計状況の急変又は経済的理由等により学費の支弁が困難と認められる者
  2. 勉学に強い意志を持ち、人物が優秀で成業の見込みのある者
  3. 原則として、学業成績が各学科の上位3分の2以内の者
  4. 原則として、日本学生支援機構奨学金の貸与を月額5万円以上受けている者
選考方法
  1. 家計急変事由の発生より1ヵ月以内の家計急変者を優先する
  2. 日本学生支援機構奨学金が実施する奨学金制度に準拠して選考する
募集期間原則として年1回
給付期間原則として出願年度1ヵ年以内 ※次年度以降も申請可
12.北里大学医療衛生学部こまくさ給付奨学金

医療衛生学部こまくさ給付奨学金の概要

医療衛生学部に在籍する学生が、家計状況の急変又は経済的理由等により学費の支弁に支障を来たし、学業の継続が困難と認められるときに、学費の一部に充てるために給付します。給付期間は原則として出願年度1カ年以内、給付回数は原則として1回限りです。
対      象医療衛生学部3年次生、4年次生
人      数原則として年間4名以内
給付金額年額60万円以内
給付方法採用決定の翌月に一括振込
出願資格家計状況の急変または経済的理由などにより学費の支弁が困難と認められ、勉学に強い意欲を持ち、人物が優秀で将来成業の見込みのある者
募集期間年1回(7月)
給付期間採用年度1ヵ年以内
13.特別待遇奨学生制度(特待生制度)
薬学部・医学部・理学部では、入学試験の成績上位者を対象とした特待生制度をおこなっています。合格発表と同時に本人宛に通知します。

(1)理学部特待生
理学部では、一般入学試験合格者の中から成績上位者(物理学科1名、 化学科2名、生物科学科2名) を特待生として選考し、学費の全額を免除します。

(2)薬学部特待生
薬学部では、一般入学試験合格者の中から成績上位者を特待生として選考し、学費の全額または半額を免除します。

全額免除

学科免除金額選考人数
薬学科6年間で 12,600,000円1位~4位
生命創薬科学科4年間で   7,080,000円1位

半額免除(全額免除を除く上位者)

学科免除金額選考人数
薬学科6年間で 6,300,000円5位~12位
生命創薬科学科4年間で 3,540,000円2位~4位
(3)医学部特待生
[入学時特待生]
医学部では、一般入学試験合格者の中から次の2区分による特待生を選考し、学費の一部または全額を免除します。
  • 第1種
  • 第2種
特待生区分免除金額選考人数
入学金、授業料、施設設備費及び教育充実費の納入免除学費全額
(38,900,000円)
若干名
(選考面接あり)
特待生区分免除金額選考人数
入学金及び授業料の一部の納入免除6年間で
19,450,000円 
若干名
(選考面接あり)
[在学時特待生]※平成28年度入学者より適用
在学時の第1学年から第5学年における成績上位者各10名程度に対し、翌年度の授業料のうち2,000,000円の納入を免除します。
14.日本学生支援機構・地方公共団体・民間育英団体の奨学金
日本学生支援機構、地方公共団体(都道府県・市区町村)、企業・財団等による奨学生の推薦を行っています。
中村積善会・吉田育英会・佐藤奨学会・河内奨学会など。


(1)日本学生支援機構
  • 第一種
    (無利子)
  • 第二種
    (有利子・上限年利3.0%)
対      象学業・人物ともに優秀で、かつ経済的理由で修学困難な学生
貸与月額 2018年度以降入学者
・20,000円、30,000円、40,000円もしくは
・自宅通学月額:54,000円(*)
・自宅外通学月額:50,000円・64,000円(*)より選択
*申込時における家計支持者の年収が一定額以上の者は各区分の最高月額(自宅通学月額54,000円/自宅外通学月額64,000円)以外の月額から選択
貸与方法 7月(予定)から毎月1回振込
募集期間原則として年1回(4月) *その他突発の事由により年度途中で貸与が必要となった場合
貸与期間卒業予定年月まで
予約採用制度高等学校在学中に奨学金の予約ができます。
入学前に奨学金の採用を確定できますのでおすすめします。(進学先が未定でも申し込みできます。)
詳細は在学している高等学校にお問い合わせください。
対      象学業・人物ともに優秀で、かつ経済的理由で修学困難な学生
人      数平成26年度採用実績 176名
(新入生 126名)<採用率100%>
貸与月額 20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円、70,000円、80,000円、90,000円、100,000円、110,000円、120,000円(*)より選択
*増額貸与については、12万円の貸与月額を選択した場合のみ、希望により薬学部生・獣医学科生は2万円、医学部生は4万円の増額が受けられます。
貸与方法 7月(予定)から毎月1回振込
募集期間原則として年1回(4月) *その他突発の事由により年度途中で貸与が必要となった場合
貸与期間卒業予定年月まで
予約採用制度高等学校在学中に奨学金の予約ができます。
入学前に奨学金の採用を確定できますのでおすすめします。(進学先が未定でも申し込みできます。)
詳細は在学している高等学校にお問い合わせください。
(2)神奈川県看護師等修学資金制度
看護学部を卒業後、神奈川県内の医療施設に看護職員として従事しようとする者に対して、奨学金を貸与する制度です。
採用実績 2018年度採用者数12名 (新入生12名)
奨学金貸与額月額20,000円
奨学金の
返済債務免除
卒業後、神奈川県内の医療施設等に必要な期間(5年間もしくは3年間)、継続して看護職員として従事したとき。
お問い合わせ先看護学部事務室 TEL:042-778-9281
(3)相模原市看護師等修学資金制度
看護学部を卒業後、相模原市内の医療施設等に引き続き3年以上、看護職員として従事しようとする者に対して、奨学金を貸与する制度です。
採用実績 2018年度採用者数 14名 (新入生13名)
奨学金貸与額月額20,000円
奨学金の
返済債務免除
卒業後、相模原市内の医療施設等に引き続き3年間看護職員として従事したとき。
お問い合わせ先看護学部事務室 TEL:042-778-9281

学費サポートプランについて

本学に入学時・在学中の学費を対象とした経済的支援制度です。奨学金や一般的な教育ローンと異なり、本学へ直接入金されます。
(北里大学と(株)オリエントコーポレーションの提携教育ローンです。)
申込要件年収基準や学力の条件はありません。
利用金額 10万円以上500万円以下(獣医学科・薬学科・医学科は1,000万円以下)
実質年率 3.0%(2019年4月1日現在)
資金用途入学金、授業料など大学へ支払う費用(教科書代や定期代、生活費などには利用できません)
ご返済方法月額指定払方式
通常返済、ステップアップ返済、親子リレー返済が選べます。
問合せ先https://orico-web.jp/gakuhi/group.html?gid=16277188
TEL: 0120-517-325(受付 9:30~17:30)

国の教育ローン制度について

「国の教育ローン」(日本政策金融公庫 国民生活事業)
本学に入学時・在学中にかかる費用を対象とした公的な融資制度です。
※受験前に手続することができます。
ご融資額学生・生徒1人あたり350万円以内
利率年1.71%
母子/父子家庭、世帯年収 200万円(所得 122万円)以内または子ども3人以上(注)の一部世帯の方は年1.31%)
(2019年5月7日現在)
ご返済期間 15年以内
交通遺児家庭、母子/父子家庭、世帯年収 200万円(所得 122万円)以内または子ども3人以上(注)の一部世帯の方は18年以内)
お使いみち入学金、授業料、教科書代、アパート・マンションの敷金・家賃など
ご返済方法毎月元利均等返済(ボーナス月増額返済も可能です。)
(注)お申込みいただく方の世帯で扶養しているお子さまの人数をいいます。年齢、就学の有無を問いません。
ご利用いただける方等詳しくは、「国の教育ローン」コールセンターまでお問い合せください。
ナビダイヤル:0570-008656  TEL:03-5321-8656