教育システム

自由な発想と、社会の変化に即応するカタチ。
知的好奇心は環境で刺激される。

新しい医学医療のための自由に学べる「学群」教育システム。

従来型の医学系大学院は講座制から構成され、学生・教員の交流、学際性、最新情報を大学院教育に反映させることなどの点で問題がありました。医療系研究科における「学群」とは、大学院の教育研究対象となる一科学領域です。複数の科目で構成され、学生がこれまで以上に自主的、有機的、効果的に学ぶための新しいユニットと言えるでしょう。科目間・学群間の共同プロジェクト研究はもちろん、学位論文の発表なども学群単位で行われ、活発な交流の中で、学生の知的好奇心を刺激する環境が育まれています。また、文系・理工系出身者のみならず、社会人の生涯教育にも配慮しており、学問のワクにとらわれない自由な発想のもと、新しい医学・医療を担う教育と研究を提案するシステムでもあるのです。

教育システム(理念・目的)

「人間と医療」について、多角的に捉える「医療人間科学」を専攻専門分野に。

医学・医療の細分化がますます進む現在。だからこそ医療従事者は専門性に埋没せず、医療の全体像を見つめ直し、人間について深く考察することが求められます。医療系研究科では、修士課程・博士課程とも専攻する分野に関わらず、「医療人間科学分野」を共通教育単位(選択必修科目)として設定しました。人間とは何かを体系的に考察し、医療系の諸分野の全体像を理解し、広い視野を持つ研究者・教育者・高度専門技術者を育成しています。

研究も、キャリアアップも、キャリアチェンジも。
広く社会に門戸を開いた、新しい発想の医療系大学院。

北里大学大学院医療系研究科は、医学・医療の総合的発展のために、基礎的研究と臨床的研究の調和と充実を図り、これを推進する研究者、教育者、高度専門技術者の育成を主な目的として設立されました。

基礎医科学・臨床医科学・医療科学・医療人間科学分野が立体的に学べるよう、共通教育科目を設定。

こころの通う医療・福祉を実践し、多様化する患者のニーズに応え、患者のQOLに配慮した患者中心の医療を支えるためには、専門知識に偏らず、幅広い知識と視野を持った専門家を育成することが大切です。そのため本大学院では修士課程・博士課程とも、学生が専攻する分野に関わらず、基礎医科学分野、臨床医科学分野、医療科学分野・医療人間科学分野が立体的に学べるよう、共通教育科目を設定しました。

基礎・臨床というタテ型の壁を取り払い、共同参加型のプロジェクト研究が可能に。

学群制の導入により、フレキシブルな発想の教育が可能となった本大学院。学生独自のプロジェクト研究を実施しています。このプロジェクト研究では、学生自身が研究計画の立案、申請、研究内容のプレゼンテーション(公開制)を行います。毎年10件程度の研究が採択され、1件あたり40万円を上限とした研究費が支給されています。これにより学生および教員間の交流が活発になり、基礎・臨床といった専門分野のワクを越えた研究が行われているのです。さらに、実際に行った研究の成果も公開発表され、教員や他の学生はもちろん、大学の学部生や外部の人にも評価されるシステムとなっています。研究計画の立案から成果発表までのプロセスそのものが、自主性と問題解決能力を備え、自立した研究者となるためのトレーニングであり、第三者評価を受けるトレーニングになると言えるでしょう。

社会的なニーズをふまえた上で、基礎医科学と臨床医科学が密接に連携。

医学・医療を支える人材に対する社会的なニーズは、高度化・多様化しています。いかに生命科学研究が進もうと、その成果を複合的に高度先進医療に取り入れ、活用できなければ意味がありません。北里大学大学院医療系研究科は「生命科学の教育研究」を基盤に、基礎的研究と臨床研究の双方に重点を置き、その調和と充実を図り、これを推進する研究者、教育者、高度専門技術者を養成しています。