研究科長挨拶
医療系研究科長
高平 尚伸
医療系研究科科長
北里大学大学院医療系研究科(修士課程・博士課程)は、医学・医療科学の大学院としてすでに開設されていた医学研究科(医学部)と衛生学研究科(医療衛生学部)との2つの研究科を統合・再編し、1998年に設置されました。その当時、学部の枠を超えた研究科の設置はわが国初でした。現在の本医療系研究科の特色ある教育・研究には、学群制度による大学院生の自由な発想の教育と研究活動、研究者としての研究立案から成果発表に至るプロセスのトレーニング、大学院生を対象とした競争的研究費支援に基づく共同参加型プロジェクト研究システムによる研究の奨励、さらに、基礎医学と医療人間科学群の単位必修化による全人的視野に立った医学研究倫理の理解と実践などが挙げられます。

修士課程(医科学専攻)・博士課程(医学専攻)共通に基礎医学(6学群・修士61特論/ 博士55特論)・医療人間科学(1学群6特論)、博士課程(医学専攻)の臨床医科学(1学群35特論)では多数の特論が用意され、さらに今年から共通教育科目の新科目ヘルスケアビジネス論が新たに開設されます。知的財産を活かして研究を単なる業績だけに終わらせずに社会実装化・事業化へ繋げる道筋も選択できるようになりました。また、在学中の海外留学支援制度も充実しており、現在では国際交流協定(現在全11機関)および国際化推進事業支援制度から、希望者には在学中の海外留学、学位取得後の海外協定締結大学院への博士研究員としての留学の道も用意されています。社会的要請から、医学物理士養成コース、臨床心理学コース(公認心理師カリキュラム対応)、がん個別化医療専門医養成コースなどの専門職を目指す専門大学院コースも充実しています。

本研究科には多くのハイレベルな大学院教員(研究指導教員)が揃っております。是非、本医療系研究科に進学されて、時代のニーズにかなう科学的洞察力をもった先端的医学研究者、高度医療専門家、あるいは医育機関における優れた教育者として、医学・医療の総合的な発展に寄与し、日本国内さらには世界へ羽ばたいていかれることを大いに期待しています。