教育理念・目的・方針

教育理念

本研究科は、医学・医療の基礎的研究と臨床的研究の個別・相互間の調和と充実をはかり、これを推進する研究者、教育者、医療現場の指導者としての高度な専門技術者を養成し、医学・医療の総合的な発展に寄与することを目的としています。

目的

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

本研究科では、基礎医科学と臨床医学との密接な連携を可能にするプロジェクト教育体制を布くとともに、人間性についての洞察力を持つ研究者や全人的医療を志向する専門職を養成するため、医療人間科学分野の科目を原則として必修としています。さらに、専門職の受験資格を取得できるコースも設置しています。これらの取り組みを通じて、時代のニーズにかなった科学的洞察力を持つ高度専門職・教育者・研究者を養成することを教育の目的としています。

方針

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

医療系研究科では、1)専門領域に関する全般的な知識と研究動向の把握、2)必要な研究手法の習得、3)医学・医科学研究や医療技術の専門家・リーダーとして高い倫理観とコミュニケーション能力を持つこと、4)チームの中で研究や臨床を進める能力を持つこと、5)適正な研究手法により得られたデータに基づいて研究論文を論理的に作成する能力を持つことを、学位授与の条件としています。

教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

医療系研究科では、1)医学・医科学の特定の専門領域の知識や研究動向を十分に学び、2)専門領域の研究手法を身につけ、3)チームの中で研究を進める力を高め、4)医学に関して高い見識を持ち、5)医学・医科学研究や医療の専門家としての倫理観やコミュニケーション能力を身につけ、6)社会人としての教養・常識を具えることを目的として、専門科目に加えて、医療人間科学を含む共通教育科目と多様な内容の特別講義を提供しています。
  • 医科学専攻(修士課程)
  • 医学専攻(博士課程)

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

医療系研究科医科学専攻(修士課程)においては、先進的な医科学の知識と技術を備えた教育・研究者及びチーム医療に貢献できる高度専門職業人を養成するため、1)臨床医科学のみならず基礎医科学の視点からも問題を解決できる能力、2)多様な臨床課題を分析し、チーム医療の下で解決に導くことができる能力、3)医療倫理に関する高い見識に基づいた医療を実践できる能力の涵養を教育の目的としています。

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

医科学専攻では、1)専門領域の基本的な知識を持ち、その領域の研究動向を把握していること、2)必要な研究手法を身につけていること、3)医科学研究や医療技術の専門家としての倫理観やコミュニケーション能力を身につけていること、4)研究チームの一員として自分の研究課題について研究を立案・遂行する能力があること、5)データに基づいて論理的な学術論文を作成したこと、という5つの条件を満たした者に、修士の学位を授与します。

教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

専門科目の講義と演習は、1)専門領域の全体像と研究動向を理解し、2)研究手法を確実に学び、3)チームの中で研究を遂行し、科学論文を論理的に構成する力を磨くことを目的としています。さらに、4)社会や医学の中での研究の位置づけを知り、5)医科学研究や医療の専門家としての倫理観やコミュニケーション能力を身につけ、6)社会人としての教養・常識を具えることを目的として、臨床医科学と医療人間科学を共通教育科目として履修します。

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

医療系研究科医学専攻(博士課程)においては、倫理に裏付けされた学識と独創的な研究能力を持つ教育・研究者及び先進医療を担う高度専門医療人を養成するため、1)基礎医学及び臨床医学の先端的研究に基づいた医療の発展に寄与できる能力、2)チームの中心となって多様な臨床課題を解決し先進医療を担うことができる能力、3)人間性に対する深い洞察力により全人的医療を実践できる能力の涵養を教育の目的としています。

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

医学専攻では、1)専門領域の全般的な知識と最新の国際的研究動向を把握していること、2)先端の研究手法を身につけていること、3)医学研究や医療分野のリーダーとして求められる高い見識と倫理観とコミュニケーション能力を身につけていること、4)研究チームのリーダーとして医学研究を立案遂行できること、5)国際的なレベルの学術論文を作成し出版したこと、という5つの条件を満たした者に、博士の学位を授与します。

教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

専門科目の講義と演習は、1)専門領域の先端的な知識や研究動向を熟知し、2)先端の研究手法を身につけ、3)チーム・リーダーとして研究を遂行し、国際的に通用する科学論文を作成する力を磨くことを目的としています。さらに、4)研究の意義を多面的に考える力を育て、5)医学研究や医療のリーダーとしての倫理観やコミュニケーション能力を身につけ、6)社会人としての教養・常識を具えることを目的として、医療人間科学や特別講義を履修します。