人材の養成・教育研究上の目的

人材の養成・教育研究上の目的

本研究科では、基礎医科学と臨床医学との密接な連携を可能にするプロジェクト教育体制を布くとともに、人間性についての洞察力を持つ研究者や全人的医療を志向する専門職を養成するため、医療人間科学分野の科目を必修としています。さらに、専門職の受験資格を取得できるコースも設置しています。これらの取り組みを通じて、時代のニーズにかなった科学的洞察力を持つ高度専門職・教育者・研究者を養成することを教育の目的としています。
医療系研究科医学専攻(博士課程)においては、倫理に裏付けされた学識と独創的な研究能力を持つ教育・研究者及び先進医療を担う高度専門医療人を養成するため、(1)基礎医学及び臨床医学の先端的研究に基づいた医療の発展に寄与できる能力、(2)チームの中心となって多様な臨床課題を解決し先進医療を担うことができる能力、(3)人間性に対する深い洞察力により全人的医療を実践できる能力の涵養を教育の目的としています。