アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

選抜者基本方針

医療系研究科は、学祖北里柴三郎博士の実学を重んじる精神を受け継ぎ、生命科学分野の教育・研究を進めています。医学研究の後継者、高度医療人養成、これらを可能とするため基礎医科学と臨床医科学との密接な連携を図り、これら諸科目を協働的に各専攻内に配置するプロジェクト教育体制を布き、社会が要求している高度医療に即応できるよう、医科学専攻修士課程では高度専門職業人、医学専攻博士課程では高度専門医療人の育成を実践しています。このため、医科学・医学に強い関心と学習意欲を有し、自ら課題を解決できる能力や応用力を有する入学者の選抜を行うことを基本方針としています。

理念・目的等

医科学専攻修士課程は、医療技術系、薬学系、看護系、理工系などを修学した者で、医学・医療への貫献をめざす人材を主な対象として創設されました。より広い視野に立って医学・医療の深い学識を身につけ、医療科学分野での研究能力と専門技術を育むことを目的としています。また、学際的な研究が可能という最大の特徴を生かし、さまざまな領域で活躍する社会人が医学・医療の学識を身につけ、自分の専門分野にフィードバックしていく生涯学習の場となることも想定し、医学・医療関係者のみならず、多様な学問的背景を持った人材が幅広く集まり、さまざまな視点から研究テーマに取り組める高度専門職業人の養成を行う大学院です。

医学物理士養成コース

医科学専攻修士課程医学物理士養成コースは、放射線技術系、理工系などの専門領域を修学した者で、放射線治療を専門とする医学物理士を目指す人材を主な対象として創設されています。より広い視野でがん治療に関する学識を身につけ、がん医療に従事する専門医療人として必須の専門技術を育み、新しい放射線治療技術の開発研究に携わる能力を身に着けることを目的としています。また、協調性をもちチーム医療に貢献できる、真に放射線治療を牽引する高度専門医療従事者の養成を行うコースです。

臨床心理学コース

医科学専攻修士課程臨床心理学コースは、臨床心理士および公認心理師の資格取得を目指し、医療・福祉・教育・産業・司法の分野で臨床心理学の専門家として、社会貫献ができる人材を主な対象として創設されました。本コースは、臨床心理士資格認定協会の第1種指定大学院として認められています。医療系の大学院の中に設置されているという特色を生かして、医学・医療の学識も身につけた高度専門的な臨床心理士と公認心理師の養成を行うとともに、医療科学や臨床心理学分野での研究能力と幅広く臨床心理学を実践する専門技術を育むことを目的としています。

求める学生像

  • 医科学研究の後継者を目指す人。
  • 臨床医科学のみならず基礎医科学の視点からも問題解決できる人。
  • 医療人間科学分野において人間性に対する深い洞察力を涵養できる人。
  • チーム医療に貢献し、集約・集学医療職種と協働できる人。
  • 国際人かつ国際的研究を志す人。
  • 社会人として活躍しながら研究を志す人。

医学物理士養成コース

  • 診療放射線技師養成大学・学校・理工系大学において本コースに必要な専門領域を修学した者で放射線治療分野の医学物理士を目指す人。
  • 放射線治療の技術的問題点や課題を解決できる人。
  • 医療現場で人間性に対する深い洞察力と愛情とを涵養できる人。
  • チーム医療に貢献し、集約・集学医療職種と協働できる人。
  • 国際人かつ国際的な臨床技術開発の研究を志す人。
  • 社会人として活躍しながら研究を志す人。

臨床心理学コース

  • 臨床心理士および公認心理師の資格取得を目指す人。
  • 医科学研究や医学教育に対して貢献することを目指す人。
  • 医療人間科学分野において人間性に対する深い洞察力を涵養できる人。
  • チーム医療や地域におけるメンタルヘルスの向上に貢献し、医療、教育、福祉、産業、司法など様々な領域で他職種と協働できる人。
  • 国際人かつ国際的研究を志す人。
  • 社会人として活躍しながら研究を志す人。

入学者選抜方針

【推薦入学試験】
本大学在学中の成績が優秀で、研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。

【一般入学試験< I 期・ II 期>】
資料分析について十分な能力、英語長文の理解力を有し、かつ研究意欲のある者。さらに、研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。

【特別選抜入学試験< I 期・ II 期>】
大学学部卒業相当もしくは本大学院が定める職歴・研究歴を有し、資料分析について十分な能力があり、かつ研究意欲のある者。さらに、研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。

医学物理士養成コース

【推薦入学試験】
本大学在学中の成績が優秀で、放射線治療に関する専門的研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。

【一般入学試験< I 期・ II 期>】
様々な物理学的・技術的事象の分析について十分な能力、英語長文の理解力を有し、かつ研究意欲のある者。さらに、放射線治療に関わる基礎的・臨床的研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。

【特別選抜入学試験< I 期・ II 期>】
大学学部卒業相当もしくは本大学院が定める職歴・研究歴を有し、物理・技術的事象の分析について十分な能力があり、かつ研究意欲のある者。さらに、研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。

臨床心理学コース

【推薦入学試験】
本大学在学中の成績が優秀で、資料分析について十分な能力があり、心理学の基礎的知識を持つ者。さらに、臨床心理の実践および研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。

【一般入学試験< I 期・ II 期>】
資料分析について十分な能力、英語長文の理解力を有し、心理学の基礎的知識を持つ者。さらに、心理臨床の実践および研究に対する動機・意欲があり、研究方針が明確で、協調性・将来性を有する者を希望します。