学位論文審査基準

学位論文審査基準

医科学専攻(修士課程)

医科学専攻(修士課程)の学位論文審査は、医療系研究科における学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、審査委員会(主査1名、副査2名以上)が、以下の項目を審査の基準とし、論文発表会において論文審査を行い、審査報告書を作成する。学位審査の最終的な合否判定は、審査報告書に基づいて、研究科委員会において決定される。

審査基準項目

  • 論文および口頭発表は論理的に分かりやすく構成されている。
  • 専門領域の基本的な知識を持ち、その領域の研究動向を把握している。
  • 自分の研究課題について研究を立案・遂行する能力を身につけている。
  • 研究データや解析結果を正しく評価し、結論を導いている。
  • 得られた結果と残された課題について考察できている。
  • 研究倫理を遵守している。
  • チームの一員として働くためのコミュニケーション能力を身につけている。

医学専攻(博士課程)

医学専攻(博士課程)の学位論文審査は、医療研究科における学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、審査委員会(主査1名、副査3名)が、以下の項目を審査の基準とし、論文発表会において論文審査を行い、審査報告書を作成する。学位審査の最終的な合否判定は、審査報告書に基づいて、研究科委員会において決定される。
  なお、学位申請条件等の詳細については、医療系研究科学修要項(シラバス)掲載の「北里大学大学院医療系研究科課程博士の学位に関する取扱内規」および「北里大学大学院医療系研究科飛び級による課程博士の学位に関する取扱内規」に記されている。

審査基準項目

  • 論文および口頭発表は論理的で分かりやすく構成されている。
  • 専門領域の先端的な知識を持ち、その領域の最新の研究動向を踏まえた研究計画に基づいている。
  • 先端的な研究方法を用いた研究プロジェクトを立案・遂行する能力を身につけている。
  • 研究の方法と内容に新規性があり、国際的な評価に耐えうる水準に達している。
  • 自分の研究課題の今後の発展についての明確な展望を持っている。
  • 研究倫理について十分に理解して、それを遵守している。
  • チームのリーダーを担うためのコミュニケーション能力を身につけている。