環境医科学群

環境医科学群

専門分野指導教授研究内容
労働衛生学堤 明純
  1. 職場のメンタルヘルス対策に関する研究
  2. 職業性ストレスの健康影響とその予防に関する研究
  3. 労働者の循環器疾患の予防に関する研究
  4. 労働者の健康の社会格差に関する研究
環境毒医科学
堀口 兵剛
  1. 有害物質・有害環境に曝露されたヒトの集団における疫学研究
  2. 有害物質・有害環境の生体影響の発現機序についての実験研究
王  瑞生
(客員教授)
  1. 産業化学物質ばく露による生体影響についての実験研究
  2. 遺伝毒性検出方法に関する研究
  3. 代謝酵素の遺伝子多型が化学物質の毒性発現に及ぼす影響についての実験研究
環境感染学林 俊治
  1. 人体および環境より分離される細菌の調査
  2. 人体および環境の消毒方法の検討
  3. 臨床材料から分離された細菌の薬剤感受性の調査
  4. 臨床材料から分離された細菌の遺伝子型の解析
  5. 具体的な感染事例のひとつをメイン・テーマとし、その制御を実際に行ってもらう
環境微生物学学群長代行
  1. レトロウイルスベクターを用いた抗炎症、抗癌、創傷治癒に関する細胞治療の動物実験
  2. 薬剤耐性菌における耐性機構の解析
法医学佐藤 文子
  1. 突然死の死因究明の解析と実態
  2. 突然死の病因の解析に関する研究
  3. 突然死の死因究明システムの確立
環境分析学清 和成
  1. 開発途上国における病原菌・薬剤耐性菌汚染の実態調査
  2. 水系感染症予防に資する新規水質衛生指標の提案
  3. 薬剤耐性菌と耐性遺伝子の発生源と環境中挙動の解明
  4. 環境DNA/環境RNA解析による衛生動物のモニタリング
  5. パルス電界印加技術や過酢酸・過ギ酸による新規消毒技術の開発
国際寄生虫病制御学辻 尚利
  1. 自然界における感染性病原体存続機構の解明
  2. 病原体・宿主・媒介動物の3者相互関係の解明
  3. 感染症予防・診断・治療法の開発及び顧みられない熱帯病NTDs等の創薬
  4. アフリカ、アジア諸国におけるベクター媒介感染症、NTDs等の調査
食予防医科学内藤 由紀子
  1. 食用植物油摂取の循環器疾患に対する影響の研究
  2. 多価不飽和脂肪酸の機能性と生活習慣病に関する研究
  3. 腸内細菌叢が関与する短鎖脂肪酸の生活習慣病に対する影響解析
  4. 食品の安全性に関する研究