生体構造医科学群

生体構造医科学群

専門分野指導教授研究内容
分子細胞生物学阪上 洋行
  1. シナプス可塑性における低分子量G蛋白質Arfによる小胞輸送経路の機能解明
  2. 大脳皮質発達期の神経細胞移動における低分子量G蛋白質Arfによる小胞輸送経路の機能解明
  3. 先天性知的障害の原因遺伝子IQSEC2/BRAG1のシナプス機能の解明
  4. 記憶学習の臨界期制御に関わる分子の解析
  5. 幼弱期における記憶学習の成立機構の解明
生体構造学小川 元之
  1. 形態データの解析法とその解釈
  2. ゲノムデータの解析法とその解釈
  3. 多変量解析法の概念と上述のデータへの応用
細胞・組織病理学高橋 博之
  1. 放射線化学療法後の進行直腸癌の臨床病理学的研究
  2. 進行大腸癌の臨床病理学的研究
  3. 海藻の生活習慣病予防についての基礎的研究
  4. クルクミンのアミロイド沈着抑制とミクログリアの活性化についての基礎的研究
  5. 肺癌の診断と治療に有用な分子の探索とその有用性に関する研究
  6. 組織化学技術の開発と応用に関する研究
応用腫瘍病理学佐藤 雄一
  1. がんを含めた難治性疾患患者血清、尿中の疾患特異的抗原・自己抗体の網羅的解析
  2. 腫瘍診断に有用なタンパク質・ペプチドの網羅的解析
  3. 癌細胞のiPS化とその診断・治療への応用
古田 玲子
  1. HPV感染と発がん過程の臨床病理学的研究
  2. 液状化検体細胞診用の種々の保存液による細胞への影響
  3. 細胞検体を用いた分子病理学的研究とコンパニオン診断への応用
  4. 人工知能(AI)を用いた画像解析による細胞診断の確立
分子病理学三枝 信
  1. 婦人科腫瘍の分子病理学的研究 
  2. 消化器癌の分子病理学的研究
  3. 脳腫瘍の分子病理学的研究
  4. 造血系悪性腫瘍の分子病理学的研究
  5. 乳癌の分子病理学的研究
生体反応病理学村雲 芳樹
  1. 癌細胞の増殖・浸潤に関する分子生物学的解析
  2. 癌細胞増殖を誘導する新規蛋白の同定
  3. 精子形成に関わる分子メカニズムの解析
  4. 紫外線誘発皮膚癌の発症メカニズムの解析
  5. 扁平上皮癌の新規腫瘍マーカーの探索と分子標的治療への応用
形態形成機構学門谷 裕一
  1. 上皮系組織構築の細胞・発生生物学的研究
  2. 上皮基底膜の構造と機能の研究
  3. 上皮組織形成機構の組織化学的研究
  4. 脊椎動物胚における脊索の形態形成機構
  5. 脊椎動物胚における神経管の形態形成機構