分子病態学群

分子病態学群

専門分野指導教授研究内容
分子遺伝学宮下 俊之
  1. 細胞死(アポトーシス)の分子機序の解明
  2. 高発癌性遺伝病の遺伝子解析と発症機序の解明
  3. 遺伝子編集に関する基礎的研究
生体制御生化学市川 尊文
  1. 実験的消化管粘膜傷害に伴う粘液変動に関する検討
  2. 消化管粘膜内の神経細胞におけるプロテインキナーゼの役割の解明
  3. 炎症性腸疾患における免疫学的背景の解明
石井 直仁
  1. 糖尿病性腎症の早期診断法と治療薬の開発
  2. インスリン抵抗性の進展に関わる糖・タンパク質・脂質代謝制御メカニズムの解明
  3. ミトコンドリアの酸化ストレス防御システム(マイトファジー、アポトーシス)の解析
  4. 腎臓の低酸素適応システムの解析
分子薬理学馬嶋 正隆
  1. 高血圧発症機序の分子生物学的検討(ノックアウトマウス、ミュータントラットを用いた検討)
  2. 病態時の血管新生におけるサイトカイン、成長因子の役割の解析研究(病態時におけるアラキドン酸代謝物、神経ペプチドの役割の解明)
分子病態診断学狩野 有作
  1. 遺伝子・分子病態診断法の臨床応用
  2. 急性相反応物質・サイトカインによる免疫・炎症制御機構の解析
  3. 腫瘍における浸潤・転移に関与する分子異常の解析
  4. 腫瘍診断に有用なタンパク質,ペプチドの網羅的解析
分子血液学堀江 良一
  1. 造血器腫瘍病態解析
  2. 血小板減少症病態解析
臨床遺伝医学高田 史男
  1. 遺伝カウンセリング周辺の倫理的、法的、社会的諸問題(ELSI)の解析研究
  2. 遺伝性疾患解明へ向けての遺伝医学的アプローチ
  3. 体質とヒトゲノムとの相関についての遺伝学的研究
  4. 遺伝カウンセラー資格制度整備に関わる諸問題の検討
分子病態生物学堺  隆一
  1. 転移・浸潤を制御するリン酸化タンパク質に関する研究
  2. 受容体チロシンキナーゼの結合タンパク質群の役割の研究
  3. 神経芽腫の進展に関わるシグナルの解析
分子細胞治療学宮﨑 浩二
  1. 血小板の機能解析
  2. 複数臍帯血移植の臨床応用
  3. 造血細胞の機能解析
分子細胞神経生物学萬代 研二
  1. 神経回路形成の分子機構の研究
  2. シナプス形成の分子機構の研究
  3. シナプス可塑性の分子機構の研究
  4. ストレスに対する適応の分子機構の研究
脳神経内科学西山 和利
  1. 脳血管障害の病態と治療に関する研究
  2. 神経変性疾患における発病機序の研究