ウェアラブルデバイスでふらつきを測定:日々の体調変化の見える化による医療・ヘルスケア

   

 北里大学医学部の藤岡 正人教授(分子遺伝学、耳鼻咽喉科・頭頸部外科)、慶應義塾大学医学部の山野邉 義晴(耳鼻咽喉科学、大学院医学研究科博士課程)らの研究グループは、加速度センサを内蔵したイヤホン型ウェアラブルデバイスで頭部運動を追跡するシステムを考案し、その基礎研究を行いました。
 メニエール病や更年期障害、起立性低血圧など、変動するふらつきやめまいを引き起こす病気は多岐にわたりますが、その多くは日常生活で生じるものです。本成果では、今まで医療機関でしか検査できなかった平衡機能を病院外や自宅で計測することで、日々のふらつき症状の変化を定量的に評価できる可能性が示されました。この成果を活用することで、平衡機能障害を呈する疾患の診断や経過観察に役立つとともに、日常生活に隠れる"体調"の変動をユーザーが自ら理解する、いわゆる"ヘルスケア"領域において、本システムが幅広く役立つものと期待されます。この研究成果は、2022年10月11日に、Journal of Medical Systemsに掲載されました。
 今後は、遠隔医療・診療やヘルスケア領域での社会実装を目指して臨床応用研究を行うと共に、変動性内耳障害(難聴・めまい)に対する臨床試験・治験でのめまい症状の評価に活用してまいります。

論文情報

【掲載誌】Journal of Medical Systems 46(80),2022
【論文名】Potential Usefulness of Tracking Head Movement via a Wearable Device for Equilibrium Function Testing at Home
(ウェアラブルデバイスによる頭部動揺のトラッキングを用いた自宅平衡機能検査)
【著 者】山野邉 義晴、藤岡 正人、大橋 正尚、小澤 宏之
【DOI】10.1007/s10916-022-01874-4

問合せ先

研究に関すること

北里大学医学部 教授
(慶應義塾大学医学部臨床研究推進センター 医学部客員教授)
藤岡 正人
E-mail:mtfuji"AT"kitasato-u.ac.jp

報道に関すること
学校法人北里研究所 総務部広報課
〒108-8641 東京都港区白金5-9-1
TEL:03-5791-6422
E-mail:kohoh"AT"kitasato-u.ac.jp
※E-mailは上記アドレス"AT"の部分を@に変えてください。