新着情報
  • トップ
  • 新着一覧
  • 医学系共用試験(OSCE)の無効とやりなおし試験の実施について
平成29年4月10日

医学系共用試験(OSCE)の無効とやりなおし試験の実施について

北里大学
学長   伊藤 智夫
医学部長 宮下 俊之
去る2月25日(土)に実施いたしました医学部第4学年対象の医学系共用試験(OSCE)において、38名の学生による持込禁止物品(電子機器)の所持および試験待機室での使用が判明しました。厳正および公正な実施が求められている共用試験において、本学の試験実施体制の不備のため、このような事態を招いたことを深くお詫び申し上げます。
電子機器の持ち込み禁止につきましては、事前配付した学生用実施要項や職員用実施要項に記載されていましたが、事前説明会や試験開始直前説明において周知が不十分でした。学生への指導不足のみならず、試験管理運営体制の不徹底に原因があったと反省しております。
事態発覚後の聴き取り調査や持込機器の履歴確認を行った結果、試験問題漏洩は確認できませんでしたが、漏洩を完全に否定することはできませんでした。医療系大学間共用試験実施評価機構(以下、評価機構)による現場確認を含む訪問調査においても、試験問題漏洩等を完全に否定することができないことから、厳正な試験が行われなかったと判断され、2月25日実施の共用試験(OSCE)は総括的評価として適切ではないと認定し、すべての受験生について試験は無効とし、やり直し試験の実施を認める、という内容の通知が評価機構からありました。また、共用試験の実施にあたっては、以降3年間にわたって、毎年、改善状況を評価機構にご確認いただく事になりました。
本学では、今回の事態を重大に受けとめ、原因の究明および試験管理運営体制等の見直しを行い、厳正かつ公正な試験の実施に努めて参ります。尚、新しい試験管理運営体制の下、「やり直し試験」を4月22日(土)に実施することを併せてお知らせします。
以  上

問い合わせ先

医学部事務室・岩本孝一
TEL: 042-778-9001