新着情報
  • トップ
  • 新着一覧
  • 【相模原キャンパス】麻しん(はしか)感染拡大に伴う注意喚起

麻しん(はしか)感染拡大に伴う注意喚起

2018年4月27日
平成30年3月23日に沖縄県内で麻しん患者が発生し、その後二次感染例を中心に沖縄県の広い範囲と愛知県で麻しんの患者の発生が続いています。今後、沖縄県内及び県外での感染拡大が懸念されます。報道でも取り上げられているように、麻しんの感染を予防するため、また罹患した場合に重症化を防ぐためには、2回の予防接種が必要です。今後、感染が拡大した場合に備え、学生皆さんの予防接種歴と罹患歴を大学だけでなく自分自身でも確認する必要があります。
北里大学では、麻しんの予防接種歴・罹患歴を確認するための調査票記入をお願いしています。ご自身の予防接種歴と罹患歴を確認して下さい。
また、旅行等する場合は、旅行先の状況をしっかりと下調べをしてください。旅行中・旅行後の体調確認をしっかりと行い、不調が見られるような場合は医療機関に連絡の上受診をしてください。

麻しんについて

潜伏期間: 8~12日
症状:   38℃程度の発熱及びかぜ症状が2〜4日続き、その後39℃以上の高熱とともに発しんが出現します。主な症状は、発熱・発しんの他、咳、鼻水、目の充血などです。
感染経路: 空気感染 感染力は極めて強い。
北里大学健康管理センター