新着情報
  • トップ
  • 新着一覧
  • 血管新生関連疾患の標的となるサリューシン-β受容体の発見 ―新規リガンド・受容体解析技術による未知受容体の発見―

血管新生関連疾患の標的となるサリューシン-β受容体の発見
―新規リガンド・受容体解析技術による未知受容体の発見―

北里大学と株式会社プロトセラの研究グループは、(株)プロトセラが特許を保有する新しい膜タンパク質ライブラリ(MPL)技術によって、血圧降下作用、除脈作用、副交感神経刺激活性、動脈硬化促進作用、抗利尿ホルモン分泌刺激作用等の多くの生理活性を示すサリューシン-βの受容体がATP合成酵素β鎖であることを明らかにしました。
ATP合成酵素β鎖誘導体やATP合成酵素β鎖に対する特異的結合物質を有効成分とする製品は、多種類のがんや、心筋梗塞、慢性炎症、網膜血管新生症、糖尿病性網膜症又は閉塞性動脈硬化症などに対して、これまでのリガンド側の作用機序とは異なる受容体側の血管新生に関わる新規開発候補薬として疾患の治療効果や予防効果が期待されます。
この研究成果は、日本時間2018年12月14日に、Scientific Reports誌のオンライン版で発表されました。
※プレスリリースはこちら(665KB)

問い合わせ先

  • 研究に関する問い合わせ
    北里大学医学部
    内分泌代謝内科学
    教授 七里 眞義
    メール:shichiri@kitasato-u.ac.jp
  • リリースに関する問い合わせ
    学校法人北里研究所
    総務部広報課
    電話:03-5791-6422
    メール:kohoh@kitasato-u.ac.jp