新着情報
  • トップ
  • 新着一覧
  • ペプチドナノファイバーの集合構造と熱応答性の制御に成功 ~細胞接着性ヒドロゲルの新たな力学特性・温度応答性制御法の構築~

ペプチドナノファイバーの集合構造と熱応答性の制御に成功 
~細胞接着性ヒドロゲルの新たな力学特性・温度応答性制御法の構築~

 東京農工大学大学院工学府応用化学専攻の石田敦也大学院生(修士2年)、東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院(工学部応用化学科 兼務)の村岡貴博准教授、東京医科歯科大学統合研究機構先端医歯工学創成研究部門脳統合機能研究センターの味岡逸樹准教授、北里大学理学部の渡辺豪助教、神奈川県立産業技術総合研究所の押川未央研究員は、自己集合性ペプチドが形成するナノファイバーの集合構造と温度応答性を制御する新たな分子設計手法を開発しました。従来、集合構造を不安定化(ゲルの強度を低下)させると考えられていたアミノ酸の置換を特定の部位に行うことで、逆に集合構造を安定化(ゲルの強度を向上)させることができたのです。さらに温度によって液体(ゾル)と固体(ゲル)の状態を制御できました。ペプチドナノファイバーは細胞接着性を有し、生体の組織回復を促進するバイオ材料などとしての応用が期待されています。本研究で開発した手法は、ペプチド材料の重要な特性である力学特性や温度応答性などを精密に制御する上で役立つと期待されます。
 本研究成果は、ドイツWiley-VCH社のChemistry–A European Journal誌電子版(7月8日付, DOI: 10.1002/chem.201902083)に掲載されました。
URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/chem.201902083

問い合わせ先

研究に関すること

北里大学理学部物理学科 助教
渡辺 豪(わたなべ ごう)
TEL:042-778-9540
E-mail: go0325@kitasato-u.ac.jp

報道に関すること

学校法人北里研究所 総務部広報課
〒108-8641 東京都港区白金5-9-1
TEL:03-5791-6422
FAX:03-3444-2530
E-maii:kohoh@kitasato-u.ac.jp